質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
86.02%
Magento

Magentoはオープンソースでも業務用のライセンスでも取得することができるZend Frameworkベースで作られたeコマースのプラットフォームです。

SSL

SSL(Secure Sockets Layer)とは、暗号化されたプロトコルで、インターネット上での通信セキュリティを提供しています。

PHP

PHPは、Webサイト構築に特化して開発されたプログラミング言語です。大きな特徴のひとつは、HTMLに直接プログラムを埋め込むことができるという点です。PHPを用いることで、HTMLを動的コンテンツとして出力できます。HTMLがそのままブラウザに表示されるのに対し、PHPプログラムはサーバ側で実行された結果がブラウザに表示されるため、PHPスクリプトは「サーバサイドスクリプト」と呼ばれています。

AWS(Amazon Web Services)

Amazon Web Services (AWS)は、仮想空間を機軸とした、クラスター状のコンピュータ・ネットワーク・データベース・ストーレッジ・サポートツールをAWSというインフラから提供する商用サービスです。

Q&A

解決済

AWS SSL/TLS証明書の更新失敗について

repost
repost

総合スコア11

Magento

Magentoはオープンソースでも業務用のライセンスでも取得することができるZend Frameworkベースで作られたeコマースのプラットフォームです。

SSL

SSL(Secure Sockets Layer)とは、暗号化されたプロトコルで、インターネット上での通信セキュリティを提供しています。

PHP

PHPは、Webサイト構築に特化して開発されたプログラミング言語です。大きな特徴のひとつは、HTMLに直接プログラムを埋め込むことができるという点です。PHPを用いることで、HTMLを動的コンテンツとして出力できます。HTMLがそのままブラウザに表示されるのに対し、PHPプログラムはサーバ側で実行された結果がブラウザに表示されるため、PHPスクリプトは「サーバサイドスクリプト」と呼ばれています。

AWS(Amazon Web Services)

Amazon Web Services (AWS)は、仮想空間を機軸とした、クラスター状のコンピュータ・ネットワーク・データベース・ストーレッジ・サポートツールをAWSというインフラから提供する商用サービスです。

2回答

0グッド

0クリップ

360閲覧

投稿2020/03/04 03:26

前提・実現したいこと

MagentoのECプラットフォームを使っているのですが
以下のエラーメッセージが出て困っております。。

恐らくAWSのSSL/TLS証明書の更新が失敗している感じなのですが
どなたか原因や復旧方法をご教示いただけないでしょうか?

対象サイトを開いたブラウザに表示されているエラーメッセージ

Error log record number: 231160274223

AWSのカスタマーサポートも英語で全然分からず。。
システム構築した会社にも問い合わせましたが
保守に費用もかけられなかったので回答なしと大変困ってます。
似たような事で困っている方も数多くいると思いますので
どなたか救いの手をお願いいたします。

以下のような質問にはグッドを送りましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

グッドが多くついた質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

下記のような質問は推奨されていません。

  • 間違っている
  • 質問になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

適切な質問に修正を依頼しましょう。

2020/03/04 05:49

こちらの質問が他のユーザーから「過去の低評価」という指摘を受けました。

Takumiboo

2020/03/04 03:30

「Error log record number: 231160274223」からどうやって「SSL/TLS証明書の更新が失敗している」と推察したのでしょうか?
repost

2020/03/04 03:32

ご連絡ありがとうございました。エラーメッセージから推測した訳でなく、思い当たるものが「AWSのSSL/TLS証明書の更新」でした。言葉足りず失礼しました。
Takumiboo

2020/03/04 03:35

であれば、まずは表示されている番号のログを確認することが最初にすべきことなのではないでしょうか。
repost

2020/03/04 03:42

同じ番号のログ情報がみつからないのですが、以下と表示されています。 リクエストの処理中にエラーが発生しました 警告:SessionHandler :: read():open(/ var / lib / php / sessions / sess_k97cb6djj7dpih9s3h2vve9gv7、O_RDWR)失敗:デバイス(28)の/ home / ubuntu / public_html / vendor / magento / framework / Session /にスペースが残っていません22行目のSaveHandler / Native.php エラーログレコード番号:231160274223 こちらはあまり関係ないのでしょうか?
Takumiboo

2020/03/04 03:45

これ翻訳通されてますか…?エラー文が不自然ですが…。
repost

2020/03/04 03:47

すみません、翻訳してます。 以下、原文です。 There has been an error processing your request Warning: SessionHandler::read(): open(/var/lib/php/sessions/sess_k97cb6djj7dpih9s3h2vve9gv7, O_RDWR) failed: No space left on device (28) in /home/ubuntu/public_html/vendor/magento/framework/Session/SaveHandler/Native.php on line 22
asahina1979

2020/03/04 03:57

カスタマーサポートに問合せで日本語で送ると日本語が可能な人が対応してくれたはず
repost

2020/03/04 04:00

情報ありがとうございます。日本語で問い合わせしてみます。
Takumiboo

2020/03/04 04:11

いや、問い合わせる前に試せることは試しましょうよ…。 しかもMagentoってオープンソースのソフトウェアで、AWSと直接の関係はないと思いますが、サポートの対象でしょうか…?
repost

2020/03/04 04:23

AWSへの問い合わせは、SSL/TLSの証明書更新についてのみです。 Magento絡みの原因は引き続き試したいと思います。
Takumiboo

2020/03/04 04:26

ちなみに万が一SSL証明書がうまく更新できていないなどであれば、ブラウザ側から警告が出るはずです(Magentoのエラーメッセージが表示される前にエラーになる)。アドレスバーの鍵マークなどから現在の証明書が確認できるので、それで発行日や有効期限などは確認できるので、証明書の切り分けは出来るかと。
repost

2020/03/04 04:35

すみません、状況が伝わりずらく… ・ドメインのSSL証明書の方は問題なく更新はされています。 ・AWS の方で2月内にSSL/TLS証明書の更新を行ってくださいという通知に対しての更新結果は不明(こちらはAWSサーバ自体のデータ更新かと思われますが、恥ずかしながらこちらが何なのか理解できておりません…) 現状は対象サイトを入力するとTOPページは表示されますが、下層ページに移行するとブラウザに先程のエラーメッセージが表示されるようになってます。

回答2

1

自己解決

1)AWSサポートに確認し、RDSインタンスの証明書自体は最新に更新されていたが何らかの原因でDB接続に不具合が出ていた模様。

考えられる原因といたしましては、DBサーバ上で証明書が実際には更新されていない、といった事象であることが想定されます。このため、大変お手数をおかけ致しますが、一旦DBインスタンスの再起動をお試しください。

2)AWSコンソールでRDS DBインスタンスの再起動を実施

  • RDS (RDS for MySQL, MariaDB, PostgreSQL, Oracle, SQL Server) の場合

DB インスタンスの再起動https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonRDS/latest/UserGuide/USER_RebootInstance.html(抜粋)※フェイルオーバーし再起動しますか?は選択せずに実施を行ってください。

3)再起動で解決

※もし再起動で解決されない場合は以下を参考にしてください。

■ RDS DBクライアント側 SSL/TLS 証明書確認および更新方法
再起動を実施しても事象が解消されない場合、クライアント側でSSL/TLS証明書の完全な検証を行っているため、クライアント側にインストールされているRDS SSL/TLS 証明書が古く、RDS/Auroraから送信される証明書を検証できていない可能性があります。この場合、クライアント側の証明書を更新する必要がございます。

SSL/TLS 証明書のエラー確認方法、及び、更新方法は、データベースのクライアント毎に方法が異なりますが、アカウントで RDS MySQL を利用していたため、RDS MySQL についての関連ドキュメントをご紹介いたします。

========
RDS for MySQL
新しい SSL/TLS 証明書を使用して MySQL DB インスタンスに接続するようにアプリケーションを更新
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonRDS/latest/UserGuide/ssl-certificate-rotation-mysql.html

主にJDBCを使用して接続している場合の更新方法
※mysqlコマンドを用いて接続を行っている場合は、下記のリンクもあわせてご参照ください。https://dev.mysql.com/doc/mysql-monitor/8.0/en/mem-ssl-installation.html
https://dev.mysql.com/doc/refman/5.6/ja/using-ssl-connections.html

投稿2020/03/05 14:30

編集2020/03/05 14:36
repost

総合スコア11

papinianus👍を押しています

良いと思った回答にはグッドを送りましょう。
グッドが多くついた回答ほどページの上位に表示されるので、他の人が素晴らしい回答を見つけやすくなります。

下記のような回答は推奨されていません。

  • 間違っている回答
  • 質問の回答になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

このような回答には修正を依頼しましょう。

1

リクエストの処理中にエラーが発生しました 警告:SessionHandler :: read():open(/ var / lib / php / sessions / sess_k97cb6djj7dpih9s3h2vve9gv7、O_RDWR)失敗:デバイス(28)の/ home / ubuntu / public_html / vendor / magento / framework / Session /にスペースが残っていません22行目のSaveHandler / Native.php エラーログレコード番号:231160274223

「スペースが残っていません」のあたりからエスパーすると、ストレージがいっぱいになってしまっているような感じがしますね。

投稿2020/03/04 03:46

Takumiboo

総合スコア2517

tanat👍を押しています

良いと思った回答にはグッドを送りましょう。
グッドが多くついた回答ほどページの上位に表示されるので、他の人が素晴らしい回答を見つけやすくなります。

下記のような回答は推奨されていません。

  • 間違っている回答
  • 質問の回答になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

このような回答には修正を依頼しましょう。

回答へのコメント

repost

2020/03/04 03:54

ご回答ありがとうございました。 ストレージがいっぱいというとAWSの容量ということでしょうか? サイトが完成してから追加したデータはほとんどないのですが、日々蓄積するデータがあるということでしょうか?質問ばかりで申し訳ございません。。
Takumiboo

2020/03/04 03:56

ログデータであったり、データベースであったり、なにも自分で置いたファイル以外でも当然容量は消費されていきます。 いずれにしても可能性の一つとしてまずは空き容量を調べてみたら良いのでは。
repost

2020/03/04 04:12

以下の方法で空き容量を調べてみました。 http://yamada.daiji.ro/blog/?p=211 空き容量は、4000-5000(MB)の間に変化なく横線が描かれてましたので問題ないかと思われます。
Takumiboo

2020/03/04 04:14

それはデータベースの容量であって、ストレージでは無いですよね?
Takumiboo

2020/03/04 04:15

確認すべきはWebサーバが動いているインスタンス(Ubuntu?)の空き容量です。
repost

2020/03/04 04:57

失礼しました… コンソールで確認してますが、ストレージの容量表示が見当たりません… EC2のモニタリングでは表示されず、S3等のストレージ項目を見てもそれらしき情報がありません… 無知で申し訳ございませんがご教示いただけると助かります。
Takumiboo

2020/03/04 05:04

私はEC2を使っていないので固有のアドバイスはできませんが、EC2上でUbuntuが動いているのであれば、 普通にdfコマンドなどを実行すれば見られると思いますが。 http://linuxcom.info/linux-cmd-df.html
repost

2020/03/04 05:39

ご丁寧にご回答ありがとうございます。 Ubuntuが動いているかどうか確認させていただきます。 ちなみにAWS側に連絡したところRDS DBインスタンスは正常に証明書が更新されていると確認が取れました。
Takumiboo

2020/03/04 08:04

いや、エラーにも「/ home / ubuntu / public_html / vendor / magento / framework / Session /」とあるし、動いているでしょう…
repost

2020/03/05 14:30

色々コメントいただきありがとうございました。 最終的にはRDS DBインスタンスのリブートで解決できました。

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
86.02%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Magento

Magentoはオープンソースでも業務用のライセンスでも取得することができるZend Frameworkベースで作られたeコマースのプラットフォームです。

SSL

SSL(Secure Sockets Layer)とは、暗号化されたプロトコルで、インターネット上での通信セキュリティを提供しています。

PHP

PHPは、Webサイト構築に特化して開発されたプログラミング言語です。大きな特徴のひとつは、HTMLに直接プログラムを埋め込むことができるという点です。PHPを用いることで、HTMLを動的コンテンツとして出力できます。HTMLがそのままブラウザに表示されるのに対し、PHPプログラムはサーバ側で実行された結果がブラウザに表示されるため、PHPスクリプトは「サーバサイドスクリプト」と呼ばれています。

AWS(Amazon Web Services)

Amazon Web Services (AWS)は、仮想空間を機軸とした、クラスター状のコンピュータ・ネットワーク・データベース・ストーレッジ・サポートツールをAWSというインフラから提供する商用サービスです。