質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.63%

React + Pusherを使用したリアルタイム通信での問題

解決済

回答 2

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 2
  • VIEW 400

khkhkh

score 13

概要

現在、React + Materil-UI + Laravel +Pusherを使用したチャット機能の開発を行っています。
Material-UIのダイアログの中でチャットを実現したいと思っていまして、リアルタイム通信を実現するためにもPusherを使用しています。
ダイアログでチャットの送信画面を作ることはできました。また、送信後、Pusherのコンソールでにデータが送信されていることも確認済みです。
しかし、肝心のReact側でのリアルタイムの更新がうまくいきません…。
具体的には、messagesステートにデータを追加し、チャットのメッセージ部分を更新していこうと思っていたのですが、どうやらデータが帰ってきていないのか追加されていないようです。(console.logで確認しました。)
自分なりに色々調べてみましたが、解決せず…。
どなたか解決方法のご教授お願いいたします。

該当するコード

import React, { useEffect } from 'react'

import { useDispatch, useSelector } from 'react-redux'

import { useChannel, useEvent } from 'use-pusher'

import styled from 'styled-components'
import Button from '@material-ui/core/Button'
import IconButton from '@material-ui/core/IconButton'
import Dialog from '@material-ui/core/Dialog'
import DialogActions from '@material-ui/core/DialogActions'
import DialogTitle from '@material-ui/core/DialogTitle'
import Divider from '@material-ui/core/Divider'
import TextsmsIcon from '@material-ui/icons/Textsms'
import TelegramIcon from '@material-ui/icons/Telegram'

import Chat from './../../../models/Chat'
import User from './../../../models/User'
import Board from './../../../models/Board'

import Pusher from 'pusher-js'

const ChatDialog = props => {
    const { open, onClose, fullScreen } = props
    const [msg, setMsg] = React.useState('')
    const [messages, setMessages] = React.useState([])
    const userID = useSelector(state => state.UserReducer.userID)
    let isChanged = true

    useEffect(() => {

        // Pusher用のキーを設定
        const pusher = new Pusher(process.env.MIX_PUSHER_APP_KEY, {
            cluster: process.env.MIX_PUSHER_APP_CLUSTER,
            encrypted: true
        })
        // チャンネルの購読
        const channel = pusher.subscribe('chat')
        channel.bind('ChatMessageReceived', data => {
            setMessages([...messages, data])
        })

        const token = JSON.parse(User.get('token')).token
        const boardID = Board.getBoardID()

        if (token) {
            Chat.get(token, boardID)
                .then(res => {
                    setMessages(res.data.messages)
                })
                .catch(e => {
                    console.log(e)
                })
        }
    }, [isChanged])

    const handleOnChangeMsg = e => {
        setMsg(e.target.value)
    }

    const handleSendMsg = () => {
        const token = JSON.parse(User.get('token')).token
        const boardID = Board.getBoardID()

        if (token) {
            Chat.send(token, boardID, msg)
                .then(res => {
                    setMsg('')
                })
                .catch(e => {
                    console.log(e)
                })
        }
    }

    const messageList = (
        Array.from(messages).map((msg, i) => (
            <React.Fragment key={i}>
                {msg.user_id === userID ? <UserMsg>{msg.message}</UserMsg> : <Msg>{msg.message}</Msg>}
            </React.Fragment>
        ))
    )

    const fullDialog = (
        <Dialog
            fullScreen
            open={open}
            scroll="paper"
            aria-labelledby="alert-dialog-title"
            aria-describedby="alert-dialog-description"
        >
            <Flex>
                <StyledDialogTitle><StyledTextsmsIcon /><Span>チャット</Span></StyledDialogTitle>
                <StyledDialogActions>
                    <Button onClick={onClose} color="primary" autoFocus>
                        <Span>閉じる</Span>
                    </Button>
                </StyledDialogActions>
            </Flex>
            <DialogContent>
                <Textarea placeholder="メッセージを入力" onChange={handleOnChangeMsg} value={msg}></Textarea>
                <StyledIconButton onClick={handleSendMsg}><StyledTelegramIcon /></StyledIconButton>
            </DialogContent>
            <MessageArea>
                {messages.length === 0 ? <p>メッセージがありません</p> : messageList}
            </MessageArea>
        </Dialog >
    )
    const nonFullDialog = (
        <Dialog
            open={open}
            scroll="paper"
            fullWidth={true}
            maxWidth="sm"
            aria-labelledby="alert-dialog-title"
            aria-describedby="alert-dialog-description"
        >
            <Flex>
                <StyledDialogTitle><StyledTextsmsIcon /><Span>チャット</Span></StyledDialogTitle>
                <StyledDialogActions>
                    <Button onClick={onClose} color="primary" autoFocus>
                        <Span>閉じる</Span>
                    </Button>
                </StyledDialogActions>
            </Flex>
            <DialogContent>
                <Textarea placeholder="メッセージを入力" onChange={handleOnChangeMsg} value={msg}></Textarea>
                <StyledIconButton onClick={handleSendMsg}><StyledTelegramIcon /></StyledIconButton>
            </DialogContent>
            <MessageArea>
                {messages.length === 0 ? <p>メッセージがありません</p> : messageList}
            </MessageArea>
        </Dialog >
    )

    return (
        <>
            {fullScreen === true ? fullDialog : nonFullDialog}
        </>
    )
}

const Flex = styled.div`
    display: flex;
    justify-content: space-between;
    background-color: #224272;
`
const Textarea = styled.textarea`
    resize: none;
    width: 100%;
    height: 35px;
    border: 1px solid #224272;
`
const Span = styled.span`
    font-size: 0.9em;
    color: white;
`

const StyledDialogTitle = styled(DialogTitle)`
    color: white;
`
const DialogContent = styled.div`
    height: 45px;
    display: flex;
    justify-content: space-between;
    padding: 0;
    padding-left: 5px;
    padding-top: 5px;
`
const MessageArea = styled.div`
    height: 450px;
`
const StyledDialogActions = styled(DialogActions)`

`
const StyledIconButton = styled(IconButton)`
    vertical-align: middle;
    padding: 0 10px;
    height: 35px;
`

const StyledTextsmsIcon = styled(TextsmsIcon)`
    vertical-align: middle;
    margin-right: 3px;
`
const StyledTelegramIcon = styled(TelegramIcon)`
    vertical-align: middle;
    padding: 0;
`

const Msg = styled.p`
    width: 100%
    text-align: left;
`
const UserMsg = styled.p`
    width: 100%
    text-align: right;
`

export default ChatDialog
// イベント ChatMessageReceived

<?php

namespace App\Events;

use Illuminate\Broadcasting\Channel;
use Illuminate\Broadcasting\InteractsWithSockets;
use Illuminate\Broadcasting\PresenceChannel;
use Illuminate\Broadcasting\PrivateChannel;
use Illuminate\Contracts\Broadcasting\ShouldBroadcast;
use Illuminate\Foundation\Events\Dispatchable;
use Illuminate\Queue\SerializesModels;

class ChatMessageReceived implements ShouldBroadcast
{
    use Dispatchable, InteractsWithSockets, SerializesModels;

    public $message;

    /**
     * Create a new event instance.
     *
     * @return void
     */
    public function __construct($message)
    {
        $this->message = $message;
    }

    /**
     * Get the channels the event should broadcast on.
     *
     * @return \Illuminate\Broadcasting\Channel|array
     */
    public function broadcastOn()
    {
        return new Channel('chat', $this->message);
    }
}
// ChatController

<?php

namespace App\Http\Controllers;

use Illuminate\Http\Request;
use App\Events\ChatMessageReceived;
use App\Models\Chat;
use Auth;

class ChatController extends Controller
{
    public function index(Request $req)
    {
        $messages = Chat::where('board_id', $req->board_id)->orderBy('id', 'asc')->get();

        return response()->json([
            'messages' => $messages->toArray()
        ]);
    }

    public function store(Request $req)
    {
        $user_id = Auth::guard('api')->user()->user_id;

        // データベースにメッセージを追加
        $message = Chat::create([
            'board_id' => $req->board_id,
            'user_id' => $user_id,
            'message' => $req->message
        ]);

        event((new ChatMessageReceived($message)));

        return $message;
    }
}

追記

下記の様に副作用(useEffect)のスキップ(isChangedで制御)を外したところ正常に動作いたしました。
しかし、今度はリクエストが永遠に送られつづけ、429 Too many requestsで死にます。
このことより、pusherとのデータのやりとりをする為のコードは間違っていないことがわかりました。
恐らく、useEffectが何度も走るということは、何度もレンダリング?されているからだと思うのですが、その原因がわかりません…。

```
useEffect(() => {

// Pusher用のキーを設定
const pusher = new Pusher(process.env.MIX_PUSHER_APP_KEY, {
cluster: process.env.MIX_PUSHER_APP_CLUSTER,
encrypted: true
})
// チャンネルの購読
const channel = pusher.subscribe('chat')
channel.bind('ChatMessageReceived', data => {
console.log(data)
setMessages([...messages, data])
console.log(messages)
})

const token = JSON.parse(User.get('token')).token
const boardID = Board.getBoardID()

if (token) {
Chat.get(token, boardID)
.then(res => {
setMessages(res.data.messages)
})
.catch(e => {
console.log(e)
})
}
})

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

check解決した方法

0

useEffectの第2引数をmessagesに変更したらいけました。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

0

Vue+Laravel+Pusher
の組み合わせでしかやった事なくてReactよくわからんなんですが
Vue+Pusherでハマったのは

channel.bind('ChatMessageReceived', data => {
            setMessages([...messages, data])
        })

この部分がレンダーループ?に入っていなくて、変数を更新しても反映されないって言う事がありました
いわゆるsetIntervalとかsetTimeout、ajax等の非同期で値個を更新したときと同じ症状です。
Reactはこの辺うまくやってくれるかもしれませんがご参考までに

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2020/02/12 15:43

    ご回答ありがとうございます!
    mikkameさんのご回答をきっかけにして試行錯誤し、その結果を追記いたしましたので、もし解決方法がお分かり頂く様であれば、ご回答いただけると幸いです。

    キャンセル

  • 2020/02/12 16:05

    Reactよくわかんないんですが
    Pusher用のキーを設定、チャンネルの購読
    はUseEffectの外の方がいいのでは?
    それら初期設定はcomponentDidMount的なやつで描いた方がよさそう?

    キャンセル

  • 2020/02/12 18:19

    なるほど。一応、useEffectがHooksと言われるcomponentDidMountに変わる処理になりますね。
    もう一つ試したこととして、useEffectを2つ用意し、片方でpusherの初期設定を行っているんですが、だめですね…。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.63%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる