質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.49%

GitHubでリモートリポジトリにブランチを複数作成する事に意味はあるか

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 960

score 19

気になったこと、知りたい事

最近GitHubを使用したバージョン管理やチームでのソースコード共有について興味を持ち調べ、ある程度流れを理解することができました。
ただその中で気になったのが、リモートリポジトリに複数のブランチを作成するという事、そもそもリモートのブランチから同じリモートのブランチにプッシュできるのか、についてです。

自分の中の流れについての認識

※つい最近GitとGitHubに触れたばかりで細部まで調べつくせてはいないので誤りがあったら申し訳ありません。

1、リモートリポジトリにmasterブランチを作成
2、ローカルにクローンを作成
3、ローカルのmasterから、developmentなどの名前を付けてブランチを作成
4、作業を行う際はローカルのdevelopmentからさらに子ブランチを作成
5、作業が終わったら子ブランチをコミット&プッシュ
6、ローカルのdevelopmentにチェックアウトし、子ブランチをマージ
7、ローカルのdevelopmentをリモートリポジトリのmasterにプッシュ

今現在は上記のような流れで作業を行うものだと認識しています。
ですが、開発の段階や流れを考えたときにリモートリポジトリのmasterブランチは『これ以上ソースコードの追加や修正が必要なく、動作が確約できたリリース版としての状態』にしておきたいな、と思いまして。

なので、仮に開発の段階が3つに分かれているとしたら

[リモートリポジトリ]
master:step3の内容をそのまま反映したい
step3:step2の内容を反映し、ソースコードを追加。この段階が終われば完成。
step2:step1の内容を反映し、ソースコードを追加。
step1:何もない状態。

[ローカルリポジトリ]
development:現時点での作業段階(step)に対して常に最新の状態を維持する。
 step1の作業段階ならリモートのstep1に、2なら2にプッシュする。
step1_1(1_2,1_3...):developから作成されたブランチ。単体の作業を行い完成したらローカルのdevelopementにコミット&プッシュ。step2以降も共通。

という形で行えないか?とふと思いました。

上記の考えに対する個人的な懸念

・そもそもversion管理ツールとしてGitHubをとらえた場合、やり方として正しいのか
・回りくどい方法になっていないか?
・リモートリポジトリのAブランチの内容を同じリモートリポジトリ内のBブランチにコピーできるのか
→step2,step3のブランチに関してはstep1が完成したらそれをもとにstep2ブランチ作成、step2が完成したらそれをもとにstep3ブランチ作成、でコピーなどしなくてもできるのかなと思ってます。
ただmasterに関しては最初に作られるものなのでコピーする必要があるのかなとか思ったり。そもそもmasterもstep3が完成してからブランチ作成すればいいじゃんという意見や、この行為に何のメリットがあるのか?という疑問はあるかもしれませんが、その辺の意見も含めて色々教えていただけたらと思います。

よろしくお願いいたします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

意味はありますか?という質問ですが、
大いにあります。むしろ上げずにどうすんだ?レベルで重要なことです。

これだけだとふーんで終わるので軽く解説します。


Gitはバージョン管理ソフトです。
GitHubはGitで生成したバージョン管理履歴(リポジトリ)を預かるサービスです。
ですが、これはGitHubを全て理解した訳ではありません。

GitHubの本当の姿はGitのリポジトリを預かり、
エンジニアのアカウント同士で議論や共同作業をするための総合SNSサービスと呼ぶべきなのです。
Gitだけでは出来ない機能は沢山ありますが、その中でもSNSだなと評価すべき機能が2つあります。

  • Issue
  • Pull Request

Issueを直訳すれば問題です。
これは利用者や開発者が「相談」するための掲示板です。
掲示板のスレッドを建てて皆で議論や相談します。
なので利用者側の立場の人も問題が発生した時にスレッドを建てて相談すれば回答がもらえる事もあります。

「こんな機能欲しい」「終わったよ」「対応不要」「バグ」「緊急!」といった趣旨のラベルをペタペタ張れます。
そのIssueがソースコードの対応まで必要になると皆が判断した場合、
「要修正」という風なラベルと共に誰かの作業によってソースコードが書き換わることでしょう。

Pull Request(プルリク)はブランチからのブランチへのマージする際の承認依頼です。
本番環境で運用しているソースコードに脆弱性が含まれており、
悪意の第三者に本番環境に侵入されてデータを盗み取られたり、DBの値を全て消去されて復旧できません、マシンでrm -rf /を実行されました
…という会社が潰れるレベルの再起不能なやべー状況に追い込まれる事は結構あります。

これへの対策として、
自分のマシンでソースコードをペチペチ修正したらそのブランチをGitHubに反映させて、
GitHub上のサービスで意思決定者に「こんな機能作ったんだけどどう?」とお伺いをたてます。

これを様々な権限を持った人達があーでもないこーでもないと議論をして、
GitHub上でブランチを精査し、「よし、これで行こう!採用!」と承認することで
根っこのmasterブランチへのマージを行ったりします。

これにはmasterブランチへ取り込まれる履歴や誰がどう見たのか判断したのか全て追えるので、
悪意の第三者がウィルス等を混入させてもすぐに発見出来るし未然に防げる仕組みとなっているのです。


最初の質問に戻りましょう。

GitHubに自分の作ったブランチをアップロード(Push)することはありえますか?

これはプルリクを行う為に必要な手順ですし、推奨される行為です。
プルリクのメリットは極めて大きいので是非覚えましょう。

自分一人で好き勝手に開発している間は、
ローカルマシンでマージしまくれば良いですが、
会社の一エンジニアとしてやっているならば上司や先輩に提案してプルリクによる開発を導入してもらうのがおすすめです。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.49%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る