質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.51%

  • Docker

    1047questions

    Dockerは、Docker社が開発したオープンソースのコンテナー管理ソフトウェアの1つです

docker永続化について

解決済

回答 2

投稿

  • 評価
  • クリップ 2
  • VIEW 4,974

chiku_

score 1334

Dockerですが、下記のように永続化という表現が出てきます。
Docker でデータのポータビリティをあげ永続化しよう

Dockerコンテナの再起動を行っても、コンテナ内のデータが失われるような事はないように思われます。
Dockerコンテナでなにかデータが失われるようなケースがあるのでしょうか?

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

+2

再起動ではなく、コンテナのバージョンアップ時に威力を発揮するかと思います。

例えばMySQL等のデータベースもコンテナ内にデータディレクトリを設定してファイルを保存していく為、
セキュリティホール修正や、バグフィックスでバージョン上げる時に
何も考えずにコンテナを交換すると全情報が飛びます。

こういったコンテナ内にファイルを作って参照するコンテナは上記のように永続化すると良いと思います。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2016/01/01 16:52

    回答ありがとうございます。
    確かに本番運用する際は永続化しておいた方が、後々でよさそうですね。

    キャンセル

checkベストアンサー

+1

docker run した時のimage以降の更新(ログや、データベースの中身)などは、-v オプションでローカルディスク等に永続化しておかないと、基本消えてなくなります。
docker commit して、image化しておけば、commitした時点のimageは残りますが、disk i/o が発生するたびにcommitもしてられません。

ただ、永続化を-vでするということは、ホストに依存する=可搬性が失われるという事で、仮想化のメリットが損なわれます。そこでアンバサダー方式など工夫を凝らした方式が出てきていますが、規模に応じた選択を迫られることになると思います。

SoftWareDesign2015年12月号が、お安く手っ取り早く情報を仕入れられるのではないかと思います。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2016/01/01 16:45

    > docker run した時のimage以降の更新(ログや、データベースの中身)などは、-v オプションでローカルディスク等に永続化しておかないと、基本消えてなくなります。
    docker runすると新規でコンテナ作成されるので前回使用していたコンテナの保存情報が失われるのは分かります。

    ただ前回使用していたコンテナを再度docker startしてやれば前回保存していた情報はそのまま保存されているように思われます。

    ここが分からないのですが、コンテナ自体の永続化がされないようなdockerの仕組みがなにかあるのかと思い、質問させてもらっています。

    オンメモリに保存情報が保持されている訳ではないので、コンテナを使い回せばデータ自体は保持されるのではないかという認識なのですが。。

    キャンセル

  • 2016/01/02 04:00

    dockerをお使いの環境や目的はサーバ1台に複数コンテナを起動するような開発目的の使い方ですか?その場合であれば、dockerデーモンがimageからの更新差分がメモリ上ではなく、当該ホストOS上のディスクに残っており、ホストOSを再起動してもstop状態で停止時点から開始できる状態となっています。そして、rmするまで存在し続けるようですので、利用上の不便はないかもしれません。
    ただ、dockerデーモンのバージョンアップで一時ファイルの互換性がなくなった場合、一度rmしなければならなくなれば、消滅します。その際は、事前にstop & commitすればよいのかもしれませんが。

    もし、複数のホストOS上にまたがる冗長化や、停止できないサービスを運用されるという場合ですが、dockerをサービス用として運用で利用しようと考えた場合、1つのOSを大事に育て、個性豊かなサーバを運用していくという思想ではなく、オートメーション化された個性の無い均一なサーバとして大量生産する=dockerデーモン上で更新される個性は不要で、そのようなデータは局所化したいという発想=永続化という流れから来るものです。
    サーバ個性の変更はせず、新しいコンテナのひな形の作成・動作検証・リリース(それもchefやansible等の自動化ツールで)という流れです。

    このあたりの発想というか考え方については一度書籍等で確認されるのが良いと思います。ただ開発等でLinuxコンテナとして利用したいだけの場合は不要な知識となります・・・

    例えば以下の資料は興味深いです。
    http://www.slideshare.net/zembutsu/automation-myth-we-can-advance

    考え方のキーワード「Immutable Infrastructure」
    SoftwareDesign2014年11月号

    キャンセル

  • 2016/01/02 11:09

    回答ありがとうございます。

    dockerは現状、開発環境でのみ使用しています。

    > dockerデーモンのバージョンアップで一時ファイルの互換性がなくなった場合、一度rmしなければならなくなれば、消滅します。
    なるほど、そのようなケースで消滅するのですね。

    永続化とは言葉そのままに捉えるのではなく、インフラを抽象化をした場合の実ファイルやデータなどの永続化、と捉えればいいという事でしょうか。

    参考資料の情報などもありがとうございました。

    キャンセル

同じタグがついた質問を見る

  • Docker

    1047questions

    Dockerは、Docker社が開発したオープンソースのコンテナー管理ソフトウェアの1つです