質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
Vue.js

Vue.jsは、Webアプリケーションのインターフェースを構築するためのオープンソースJavaScriptフレームワークです。

ESLint

ESLintは、JavaScriptのための構文チェックツール。全検証ルールを自由に on/offでき、独自のプロジェクトに合わせたカスタムルールを容易に設定することが可能。公開されている様々なプラグインを組み込んで使用することもできます。

Laravel

LaravelとはTaylor Otwellによって開発された、オープンソースなPHPフレームワークです。Laravelはシンプルで表現的なシンタックスを持ち合わせており、ウェブアプリケーション開発の手助けをしてくれます。

JavaScript

JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

Laravel 5

Laravel 5は、PHPフレームワークLaravelの最新バージョンで、2014年11月に発表予定です。ディレクトリ構造がが現行版より大幅に変更されるほか、メソッドインジェクションやFormRequestの利用が可能になります。

解決済

Laravel+Vueで error 'Vue' is not defined が出てしまう

退会済みユーザー

退会済みユーザー

総合スコア0

Vue.js

Vue.jsは、Webアプリケーションのインターフェースを構築するためのオープンソースJavaScriptフレームワークです。

ESLint

ESLintは、JavaScriptのための構文チェックツール。全検証ルールを自由に on/offでき、独自のプロジェクトに合わせたカスタムルールを容易に設定することが可能。公開されている様々なプラグインを組み込んで使用することもできます。

Laravel

LaravelとはTaylor Otwellによって開発された、オープンソースなPHPフレームワークです。Laravelはシンプルで表現的なシンタックスを持ち合わせており、ウェブアプリケーション開発の手助けをしてくれます。

JavaScript

JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

Laravel 5

Laravel 5は、PHPフレームワークLaravelの最新バージョンで、2014年11月に発表予定です。ディレクトリ構造がが現行版より大幅に変更されるほか、メソッドインジェクションやFormRequestの利用が可能になります。

1回答

0評価

0クリップ

3616閲覧

投稿2020/01/24 04:50

編集2020/01/24 14:38

Laravel+Vue環境で eslintを入れているのですが、eslint実行時に

error 'Vue' is not defined

が出てしまいます。(ターミナルにエラーは出るものの、Vueファイルのコンパイル自体はできる)
原因がわからないので、教えていただけると幸いです。
各種ファイルの設定以下の通りです。

app.js

js

/** * First we will load all of this project's JavaScript dependencies which * includes Vue and other libraries. It is a great starting point when * building robust, powerful web applications using Vue and Laravel. */ require('./bootstrap'); window.Vue = require('vue'); /** * The following block of code may be used to automatically register your * Vue components. It will recursively scan this directory for the Vue * components and automatically register them with their "basename". * * Eg. ./components/ExampleComponent.vue -> <example-component></example-component> */ // const files = require.context('./', true, /.vue$/i) // files.keys().map(key => Vue.component(key.split('/').pop().split('.')[0], files(key).default)) Vue.component('example-component', require('./components/ExampleComponent.vue').default); /** * Next, we will create a fresh Vue application instance and attach it to * the page. Then, you may begin adding components to this application * or customize the JavaScript scaffolding to fit your unique needs. */ const app = new Vue({ el: '#app', });

ExampleComponent.vue

<template> <div class="container"> <div class="row justify-content-center"> <div class="col-md-8"> <div class="card"> <div class="card-header">Example Component</div> <div class="card-body"> I'm an example component. </div> </div> </div> </div> </div> </template> <script> export default { mounted() { console.log('Component mounted.') } } </script>

eslintrc.js

let rules = { "no-unused-vars": ["warn", { vars: "local", args: "none" }], "no-undef": "warn", "no-redeclare": "warn", "no-debugger": "warn", "no-console": "warn", "no-empty": "warn" }; if (process.env.NODE_ENV == "production") { rules["no-debugger"] = "error"; rules["no-console"] = "error"; } module.exports = { plugins: [ "vue" ], extends: [ "eslint:recommended", "plugin:vue/essential", 'plugin:vue/recommended'// vue.js使ってなくてもlaravel-mix-eslintの仕様上必要 ], env: { browser: true, es6: true, amd: true, jquery: true }, parserOptions: { parser: 'babel-eslint', ecmaVersion: "2018" }, rules: { "quotes": ["warn", "single"] }, globals:[ "Vue: true" ] };

webpack.mix.js

js

const mix = require('laravel-mix'); const path = require('path'); require('laravel-mix-eslint'); require('laravel-mix-stylelint'); /* |-------------------------------------------------------------------------- | Mix Asset Management |-------------------------------------------------------------------------- | | Mix provides a clean, fluent API for defining some Webpack build steps | for your Laravel application. By default, we are compiling the Sass | file for the application as well as bundling up all the JS files. | */ const styleLintPlugin = require('stylelint-webpack-plugin'); mix.webpackConfig({ plugins: [ new styleLintPlugin({ files: ['**/*.scss'], configFile: path.join(__dirname, '.stylelintrc.js'), syntax: 'scss' }) ] }).eslint(); mix.js('resources/js/app.js', 'public/js') .sass('resources/sass/app.scss', 'public/css') .browserSync({ files: [ 'resources/views/**/*.blade.php', 'public/**/*.*', 'routes/**/*.php', '**/*.php' ], proxy: { target: 'http://127.0.0.1:8000/' } });

index.blade.php

php

<!DOCTYPE html> <html lang="en"> <head> <meta charset="UTF-8"> <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0"> <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="ie=edge"> <title>index</title> </head> <body> <div id="app"> <example-component> </example-component> </div> <script src="{{ mix('js/app.js')}}"></script> </body> </html>

package.json

json

{ "private": true, "scripts": { "dev": "npm run development", "development": "cross-env NODE_ENV=development node_modules/webpack/bin/webpack.js --progress --hide-modules --config=node_modules/laravel-mix/setup/webpack.config.js", "watch": "npm run development -- --watch", "watch-poll": "npm run watch -- --watch-poll", "hot": "cross-env NODE_ENV=development node_modules/webpack-dev-server/bin/webpack-dev-server.js --inline --hot --config=node_modules/laravel-mix/setup/webpack.config.js", "prod": "npm run production", "production": "cross-env NODE_ENV=production node_modules/webpack/bin/webpack.js --no-progress --hide-modules --config=node_modules/laravel-mix/setup/webpack.config.js" }, "devDependencies": { "axios": "^0.19", "bootstrap": "^4.0.0", "browser-sync": "^2.26.7", "browser-sync-webpack-plugin": "^2.0.1", "cross-env": "^5.1", "eslint": "^6.8.0", "eslint-loader": "^3.0.3", "eslint-plugin-vue": "^6.0.1", "jquery": "^3.2", "laravel-mix": "^4.0.7", "laravel-mix-eslint": "^0.1.3", "laravel-mix-stylelint": "^0.2.0", "lodash": "^4.17.13", "popper.js": "^1.12", "resolve-url-loader": "^2.3.1", "sass": "^1.20.1", "sass-loader": "7.*", "stylelint": "^12.0.0", "stylelint-config-recommended-scss": "^4.1.0", "stylelint-scss": "^3.13.0", "stylelint-webpack-plugin": "^1.1.2", "vue": "^2.5.17", "vue-template-compiler": "^2.6.10" } }

イメージ説明

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Vue.js

Vue.jsは、Webアプリケーションのインターフェースを構築するためのオープンソースJavaScriptフレームワークです。

ESLint

ESLintは、JavaScriptのための構文チェックツール。全検証ルールを自由に on/offでき、独自のプロジェクトに合わせたカスタムルールを容易に設定することが可能。公開されている様々なプラグインを組み込んで使用することもできます。

Laravel

LaravelとはTaylor Otwellによって開発された、オープンソースなPHPフレームワークです。Laravelはシンプルで表現的なシンタックスを持ち合わせており、ウェブアプリケーション開発の手助けをしてくれます。

JavaScript

JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

Laravel 5

Laravel 5は、PHPフレームワークLaravelの最新バージョンで、2014年11月に発表予定です。ディレクトリ構造がが現行版より大幅に変更されるほか、メソッドインジェクションやFormRequestの利用が可能になります。