質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.05%

さくらのクラウド・データベースアプライアンスについて簡単にZABBIXエージェントの監視対象にする方法について教えて下さい

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 760

halohalolin

score 36

さくらのクラウド・データベースアプライアンスにおけるアクティビティで表示している内容について、手元で動かしているZABBIXサーバーに監視させたいです。
同じアカウント・ゾーンで動作中のサーバー上で動いているZABBIXエージェントを経由しても構わないので、あまり手間を掛けずデータベースアプライアンスを監視対象にする方法を教えて下さい。

データベースアプライアンスについてpingは返すが、データベースの動作として問題があったことがあったので、ZABBIXから徴候があれば(こちらで指定するしきい値を超えたら)ZABBIXから自動通知するようにしたいと考えています。
そこで、同じ問題に遭遇した人がすでにいるだろうと思い、自分でほぼコードを書かず実装できる資料を探していたのですが見つからなかったので、相談する次第です。

虫の良い話で恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+4

まずさくらのクラウドでのアクティビティグラフについてですが、以下のような特徴があります。

  • 値の反映は5分間隔
  • 最新の値が反映されるまでタイムラグがある(体感だと5分~20分くらい)

例えば13:15にアクティビティグラフを取得した場合、13:05までの分しか値がないという状態が起こり得ます。

このため、何か兆候があったタイミングから5分以上検知が遅れることに注意が必要です。

ある程度即時性を求められる場合、かつデータベースアプライアンスに直接接続できるエージェントが存在する場合はTemplate DB MySQL/PostgreSQLやUserParameterを通じて直接コマンドを実行しステータス確認を行うほうが良いかと思います。

即時性を求めない/データベースアプライアンスへの直接接続が難しい場合はご質問内容の通りに
さくらのクラウドAPI経由でアクティビティグラフの値を取得する方法もとれます。

この場合いくつか実現方法が考えられます。

  1. さくらのクラウド向けのPrometheus Exporterを併用する(ZABBIX 4.2以降)
  2. HTTP agentを利用してさくらのクラウドAPIを叩く(ZABBIX 4.0以降)
  3. CLI/curlコマンドなどの実行結果をUserParameterを利用して監視する

1. さくらのクラウド向けのPrometheus Exporterを併用する(ZABBIX 4.2以降)

一番手っ取り早くコードを書かずに済むのは1.のさくらのクラウド向けPrometheus Exporterを利用する方法です。

このExporterはアクティビティグラフで参照可能な値をエクスポートしていますので、Exporter+ZABBIX 4.2以降で利用できるPrometheus checksを併用することでデータベースアプライアンスを監視できるようになります。

データベースアプライアンス関連では以下のようなメトリクスが用意されています。

  • sakuracloud_database_info: データベースの基本情報
  • sakuracloud_database_up: データベースの起動状況
  • sakuracloud_database_cpu_time: CPU-TIME
  • sakuracloud_database_memory_used: メモリ使用量
  • sakuracloud_database_memory_total: メモリ総量
  • sakuracloud_database_nic_info: NICの基本情報
  • sakuracloud_database_nic_receive: NICのデータ転送量(受信)
  • sakuracloud_database_nic_send: NICのデータ転送量(送信)
  • sakuracloud_database_disk_system_used: ディスクの使用量(SYSTEM)
  • sakuracloud_database_disk_system_total: ディスクの総量(SYSTEM)
  • sakuracloud_database_disk_backup_used: ディスクの使用量(Backup)
  • sakuracloud_database_disk_backup_total: ディスクの総量(Backup)
  • sakuracloud_database_binlog_used: binlogの使用量
  • sakuracloud_database_disk_read: ディスクの読み込み量(SYSTEM)
  • sakuracloud_database_disk_write: ディスクの書き込み量(SYSTEM)
  • sakuracloud_database_replication_delay: レプリケーションの遅延時間

(全メトリクス一覧はGitHub上のREADME.mdを参照してください)

2. HTTP agentを利用してさくらのクラウドAPIを叩く(ZABBIX 4.0以降)

ZABBIX 4.0以降で利用可能なHTTP agentも利用できますが、こちらはアクティビティグラフAPIから返される値が少々特殊なため扱いに注意が必要です。
例えばデータベースアプライアンスのCPU-TIMEを取得するAPIでは以下のようなJSONが返されます。

$ curl -s --user "$SAKURACLOUD_ACCESS_TOKEN":"$SAKURACLOUD_ACCESS_TOKEN_SECRET" \
    https://secure.sakura.ad.jp/cloud/zone/is1a/api/cloud/1.1/appliance/<アプライアンスのID>/cpu/monitor | jq .
{
    "Data": {
        "2020-01-17T16:45:00+09:00": {
            "CPU-TIME": 0.043333333333
        },
        "2020-01-17T16:50:00+09:00": {
            "CPU-TIME": 0.046666666667
        },
        "2020-01-17T16:55:00+09:00": {
            "CPU-TIME": null
        },
        "2020-01-17T17:00:00+09:00": {
            "CPU-TIME": null
        },
        "2020-01-17T17:05:00+09:00": {
            "CPU-TIME": null
        },
        "2020-01-17T17:10:00+09:00": {
            "CPU-TIME": null
        },
        "2020-01-17T17:15:00+09:00": {
            "CPU-TIME": null
        },
        "2020-01-17T17:20:00+09:00": {
            "CPU-TIME": null
        }
    },
    "is_ok": true
}


日時がキーとなっていることと値がnullの場合がある点に注意して設定する必要があります。
(前述のPrometheus Exporterや後述のUsacloudはこの辺りの考慮がされた実装となっています)

3. CLI/curlコマンドなどの実行結果をUserParameterを利用して監視する

少々コードを書くことが問題なければ3.の方法もあります。

例えばさくらのクラウド向けCLIであるUsacloudを利用する場合、アクティビティグラフの値は以下のように取得可能です。  

# データベースアプライアンスのCPU-TIMEを取得する例
$ usacloud database monitor-cpu -o json <アプライアンスのName or ID>| jq '[-1].CPUTime | tonumber'
0.046667

このスクリプトをUserParameterを通じて実行することで監視可能になります。


以上、監視要件に沿って適切な方法をご検討ください。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2020/01/20 10:54

    yamamoto-febcさん、詳しい返答ありがとうございます。
    今すぐ対応することはできないのですが、ベストアンサーとし参考にさせていただきます。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.05%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • トップ
  • Zabbixに関する質問
  • さくらのクラウド・データベースアプライアンスについて簡単にZABBIXエージェントの監視対象にする方法について教えて下さい