質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.63%

AWSのディスク容量拡張の方法の使い分け

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 283

copykun_

score 6

AWSのディスク容量追加に関しての方法を調べていたところ3つの方法が出てきたのですが、使い分けがよくわかりません。

1.ボリュームを新しくアタッチする
2.ルートデバイスボリュームの容量を上げる
3.新しくボリュームを作り、既存ボリュームと入れ替える

※前提としてEBSベースのAMIから起動したインスタンスの場合です。

この3つの違いというか、使い分けがよくわからずに理解できていません。

それと、2に関してですが、ルートデバイスボリュームと他のボリュームの違いもわかっていないかもしれないです。このドキュメント
を見る限りは区別して扱われているようですが、ルートデバイスボリュームとそれ以外のボリュームって何がちがうんでしょうか?

ルートデバイスボリュームは単純にAMIに最初からあるボリュームというだけで、役割自体はあまり変わらないんでしょうか?

3つのディスク容量追加とルートデバイスボリュームの役割について、ご回答いただけたら幸いです。

また、的はずれな発言や足りない情報などあればご指摘ください。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

もう少しドキュメントを読みましょう…と言いたいところですが、たしかにドキュメントが分かりづらいのは否めないですね。

ルートデバイスボリュームは、インスタンス作成の際に元となるストレージの事を差しています。

AWSのドキュメントからの引用

インスタンスを起動するときは、ルートデバイスボリュームに格納されているイメージを使用してインスタンスがブートされます。

また、EC2のコンソールでルートデバイスの当たりにカーソルを持っていくとこのような説明が出ます

ブートボリュームを格納するシステムデバイス名 (例: /dev/sda1) 。詳細については、デバイス名を参照してください。

なのでブートボリュームが格納されているストレージデバイスをルートデバイスと呼んでいる、と言えるかなと。
今回はEBS-Backedが前提としていますが、インスタンスストアがあるタイプのインスタンスを立ち上げたらインスタンスストアがルートデバイスになるかと思います。

EBS-Backedであることを前提とした上で上記を踏まえると、1〜3は下記のように説明できます。

  1. ルートデバイス以外の別のEBSをアタッチする
  2. ルートデバイスとして指定しているEBSの容量を追加する
  3. 容量の大きい別のEBSを用意し、今ルートデバイスとして使用しているEBSと入れ替える

3をやるくらいならAMIを取得してインスタンスを作り直し、その際に容量を大きくしたほうが簡単な気がしますが…。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/11/28 21:26 編集

    ありがとうございます!
    とても助かります。

    特に挙げた選択肢をより正しい表現に変えていただけたのはわかりやすいです。

    ベストアンサーにさせていただきましたが、もう1点質問です。もしよろしければご回答いただければと思います。

    この場合
    1と2の使いわけってどうなっているんでしょうか?
    ルートデバイスボリュームにはブートボリューム以外は入れずに、
    たとえばログファイルなど全く別の目的のデータを入れる容量を増やしたいときなどには2ではなく1の手法を選択するという認識でしょうか?

    あるいは、ボリュームタイプやタイプごとの料金などを考えた上で決めたり、別のインスタンスにアタッチするケースなども想定して決めたりするという感じでしょうか?
    (言い換えれば何も考慮せずにとりあえず容量が増えれば良いのであれば、なんでも良い)

    キャンセル

  • 2019/11/28 22:27

    1のようにあえてEBSを分けるとするなら、EBSをデタッチして別のインスタンスにアタッチすることで割と簡単にデータを移行できるというメリットがあります。
    なので、なにか障害が起こってインスタンスを落とさざるを得なくなったときに変わりのインスタンスを立ち上げてそちらに移し替える、というのがスムーズに行なえます。
    2の場合はただサイズを大きくすればいいのでバックアップを取るときも一つのEBSだけ取ればいいので管理上わかりやすくはあります。
    簡単とは言ってもいずれもファイルシステムがきちんと増えたボリュームを認識できるようにOS上で操作が必要ですが…。

    個人的には、そもそもローカルストレージ上にものを置くのは最低限にして、容量が大きくなるようなものは極力別のところに置くことを推奨します。
    用途によっては避けられないことはもちろんありますが…。

    キャンセル

  • 2019/11/29 09:58

    なるほど、とてもわかりやすいです!ありがとうございます!!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.63%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る