質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.03%

Laravel SQLSTATE[HY000]: General error: 1364 Field 'birthday1' doesn't have a default value

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 66

jiro-

score 6

前提・実現したいこと

今までエラーなく会員登録が行えていたのに急にこのエラーが発生しました。
同エラー検索し、試してみたこと
➀config/database.phpの'strict' => true,をfalseに変更。
➁UsersTableの$table->string('birthday1');に->nullableを追加
を試してみましたが解決できませんでした。
ご教示よろしくお願い致します。

発生している問題・エラーメッセージ

SQLSTATE[HY000]: General error: 1364 Field 'birthday1' doesn't have a default value 

該当のソースコード

User.php

<?php

namespace App;

use Illuminate\Notifications\Notifiable;
use Illuminate\Contracts\Auth\MustVerifyEmail;
use Illuminate\Foundation\Auth\User as Authenticatable;

class User extends Authenticatable
{
    use Notifiable;

protected $fillable = [
        'name', 
        'kname',
        'email',
        'password',
        'gender',
        'birthday1',
        'birthday2',
        'birthday3',
        'tel',
        'postal_code',
        'area',
        'prefectures_name',
        'city',
        'subsequent_address'
    ];

protected $hidden = [
        'password', 'remember_token',
    ];

protected $casts = [
        'email_verified_at' => 'datetime',
    ];

}


Users_Table

<?php

use Illuminate\Support\Facades\Schema;
use Illuminate\Database\Schema\Blueprint;
use Illuminate\Database\Migrations\Migration;

class CreateUsersTable extends Migration
{
    /**
     * Run the migrations.
     *
     * @return void
     */
    public function up()
    {                                
        Schema::create('users', function (Blueprint $table) { 
            $table->bigIncrements('id');
            $table->string('name');
            $table->string('kname')->comment('フリガナ');
            $table->string('email')->unique();
            $table->timestamp('email_verified_at')->nullable();
            $table->string('password');
            $table->string('gender')->length(2);
            $table->string('birthday1')->nullable();
            $table->string('birthday2');
            $table->string('birthday3');
            $table->string('tel');
            $table->string('postal_code');
            $table->string('prefectures_name'); 
            $table->string('city');
            $table->string('subsequent_address');
            $table->rememberToken();
            $table->timestamps();
        });
    }

    /**
     * Reverse the migrations.
     *
     * @return void
     */
    public function down()
    {
        Schema::dropIfExists('users');
    }
}


register.blade.php

@extends('layouts.layout')

@section('title', '会員登録入力')

@section('content')
<div class="container mt-5 pt-5">
    <div class="row justify-content-center">
        <div class="col-md-8">
            <div class="card">
                <div class="card-header"><h4>会員情報登録</h4><p>以下のフォームの項目を入力し、よろしければ「確認画面に進む」ボタンをクリックしてください</p></div>
              
                <div class="card-body">
                    <form name="form" method="post" action="{{ route('register_confirm') }}">
                    @csrf

<!--省略-->
<div class="form-group row">
                            <label for="birthday1" class="col-md-4 col-form-label text-md-right">生年月日</label>
                                <div class="col-sm-2">
                                    <input type="birthday1" class="form-control" name="birthday1" pattern="[0-9]*" size="4" maxlength="4" placeholder="例) 1980" value="{{ old('birthday1') }}" autofocus>
                                        @if($errors->has('birthday1'))
                                           <p class="text-danger">{{ $errors->first('birthday1') }}</p>
                                        @endif
                                </div>
                                年
                                <div class="col-sm-2">
                                    <input type="birthday2" class="form-control" name="birthday2" pattern="[0-9]*" size="2" maxlength="2" placeholder="01" value="{{ old('birthday2') }}" autofocus>
                                        @if($errors->has('birthday2'))
                                           <p class="text-danger">{{ $errors->first('birthday2') }}</p>
                                        @endif
                                </div>
                                月
                                <div class="col-sm-2">
                                    <input type="birthday3" class="form-control" name="birthday3" pattern="[0-9]*" size="2" maxlength="2" placeholder="01" value="{{ old('birthday3') }}" autofocus>
                                        @if($errors->has('birthday3'))
                                           <p class="text-danger">{{ $errors->first('birthday3') }}</p>
                                        @endif
                                </div>
                                日
                    </div>


register_confirm.blade.php

@extends('layouts.layout')

@section('title', '会員登録確認')

@section('content')
<div class="container mt-5 pt-5">
    <div class="row justify-content-center">
        <div class="col-md-8">
            <div class="card">
                <div class="card-header"><h4>会員登録情報確認</h4>
                     <p>下記内容でよろしければ「この内容で登録する」ボタンを押してください<br>修正が必要な場合は、「入力内容修正」ボタンを押してください</p>
                </div>

                <div cclass="card-body">
                    <form method="post" action="{{ route('register_complete') }}">
                    @csrf

<!--省略-->
<div class="form-group row ml-5">
                            <label for="birthday1" class="col-md-4">生年月日</label>
                                <div class="col-ms-2">
                                    {{ $register_data['birthday1'] }}<input name="birthday1" type="hidden" value="{{ $register_data['birthday1']}}">
                                </div>
                                <div class="col-ms-2">
                                    {{ $register_data['birthday2'] }}<input name="birtthday2" type="hidden" value="{{ $register_data['birthday2']}}">
                                </div>
                                <div class="col-ms-2">
                                    {{ $register_data['birthday3'] }}<input name="birtthday3" type="hidden" value="{{ $register_data['birthday3']}}">
                                </div>
                    </div>
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

MySQL 5.6 で「General error: 1364 Field ‘xxx’ doesn’t have a default value」が出る問題の解決方法

AUTOINCREMENT 属性

はbirthday1だから付けていないでしょう。

birthday1のNOT NULL 制約を外すか、必ずbirthday1に値を設定しては?

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/11/09 11:48

    今起きてブラウザを再度立ち上げたら解決しました。
    もう一度SHOW CREATE見てなかったので
    mysql> SHOW CREATE TABLE users;すると
    `birthday1` text CHARACTER SET utf8,
    に変更できていましたm(__)m

    すいません。今回OrlofskyさんにSHOW CREATEを教えてもらうまでデータ型のNOT NULL指定を見れる事を知りませんでした。次回からデータベースの問題が起こった時には、質問に入れていくようにします


    DATE型で指定できる事も知りませんでした。
    貼って頂いたリンクを見させて頂きましたが、難しく理解できませんでした。DATE型にしておくと、->format()などで生年月日から年齢を表示させたりという使い方ができるという事でしょうか?

    ありがとうございました。
    ご丁寧に追加のアドバイスも頂き知識も増やす事ができました!

    キャンセル

  • 2019/11/09 12:53

    DATE_FORMAT, str_to_date を確認してください。 http://www.matsubarasystems.com/mysql/mysql-to_char

    キャンセル

  • 2019/11/09 21:22

    DATE_FORMAT,str_to_date関数確認しました。
    今ECサイト作成しており週推移、月推移、年推移などに使えそうなので知れてよかったです。
    本当にご丁寧にありがとうございました!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.03%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる