質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.34%

Laravelで投稿詳細ページで表示されなくなる。

受付中

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,235

score 5

気になって以下のようなことをしてみました。
$post->body の内容を {{ $Auth::id() }} にしました。
イメージ説明

すると、投稿の詳細ページにリダイレクトするのですが、このように入力したときは
ページは何も表示されなくなります(ログイン中のユーザーIDを表示するのではなく真っ白な状態です)。

素人の勝手なおくそくですが、そのまま表示したら安全上に問題が生じてしまうので、
それを防ぐためにLaravel側が何かを施しているのだと思っています。

そもそも、そのような投稿をするのがおかしいのだと思いますが
どのようにしたら、そのまま
(Auth::id() の内容を表示するのでなく"{{ Auth::id () }}"を文字列として)
表示できますでしょうか。

リダイレクトされたページ(何も表示されていない状態のもの)をブラウザ上でクリックのページのソースを表示させると

        <main class="py-4">
    {{ Auth::id() }}

</div>
        </main>


と、ありほかのブラウザも試したのですが表示されません。

ご教授ください。よろしくお願いします。

# database/migrations/

    public function up()
    {
        Schema::create('post', function (Blueprint $table) {
            $table->bigIncrements('id');
            $table->text('body');
            $table->timestamps();
        });
    }

追記

"要素を確認"で表示させると"ソースを表示"とは、異なり、Body内がコメントアウトされています。
イメージ説明

追記

<?php

namespace App\Http\Controllers;

use App\Post;
use Illuminate\Http\Request;

class PhotoController extends Controller
{
    public function show($id)
    {
        $post = Post::findOrFail($id);
        return view('post.show', compact('post'));
    }
}
/* resources/post/show.blade.php */

@extends('layouts.app')

// @section('title', '')

@section('content')
    {{ $post->body }}
@endsection

追記

layouts/app.blade.phpは、あまりいじっていません。

<!doctype html>
<html lang="{{ str_replace('_', '-', app()->getLocale()) }}">
<head>
    <meta charset="utf-8">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">

    <!-- CSRF Token -->
    <meta name="csrf-token" content="{{ csrf_token() }}">

    <title>@yield('title') - POST</title>

    <!-- Scripts -->
    <script src="{{ asset('js/app.js') }}" defer></script>

    <!-- Fonts -->
    <link rel="dns-prefetch" href="//fonts.gstatic.com">
    <link href="https://fonts.googleapis.com/css?family=Nunito" rel="stylesheet">

    <!-- Styles -->
    <link href="{{ asset('css/app.css') }}" rel="stylesheet">
</head>
<body>
    <div id="app">
        <nav class="navbar navbar-expand-md navbar-light bg-white shadow-sm">
            <div class="container">
                <a class="navbar-brand" href="{{ url('/') }}">
                    {{ config('app.name', 'Laravel') }}
                </a>
                <button class="navbar-toggler" type="button" data-toggle="collapse" data-target="#navbarSupportedContent" aria-controls="navbarSupportedContent" aria-expanded="false" aria-label="{{ __('Toggle navigation') }}">
                    <span class="navbar-toggler-icon"></span>
                </button>

                <div class="collapse navbar-collapse" id="navbarSupportedContent">
                    <!-- Left Side Of Navbar -->
                    <ul class="navbar-nav mr-auto">

                    </ul>

                    <!-- Right Side Of Navbar -->
                    <ul class="navbar-nav ml-auto">
                        <!-- Authentication Links -->
                        @guest
                            <li class="nav-item">
                                <a class="nav-link" href="{{ route('login') }}">{{ __('Login') }}</a>
                            </li>
                            @if (Route::has('register'))
                                <li class="nav-item">
                                    <a class="nav-link" href="{{ route('register') }}">{{ __('Register') }}</a>
                                </li>
                            @endif
                        @else
                            <li class="nav-item dropdown">
                                <a id="navbarDropdown" class="nav-link dropdown-toggle" href="#" role="button" data-toggle="dropdown" aria-haspopup="true" aria-expanded="false" v-pre>
                                    {{ Auth::user()->name }} <span class="caret"></span>
                                </a>

                                <div class="dropdown-menu dropdown-menu-right" aria-labelledby="navbarDropdown">
                                    <a class="dropdown-item" href="{{ route('logout') }}"
                                       onclick="event.preventDefault();
                                                     document.getElementById('logout-form').submit();">
                                        {{ __('Logout') }}
                                    </a>

                                    <form id="logout-form" action="{{ route('logout') }}" method="POST" style="display: none;">
                                        @csrf
                                    </form>
                                </div>
                            </li>
                        @endguest
                    </ul>
                </div>
            </div>
        </nav>

        <main class="py-4">
            @yield('content')
        </main>
    </div>
</body>
</html>


以下は、$post->body を "あいうえお"にした場合の表示です。

        <main class="py-4">
                あいうえお
        </main>

バージョン

Homestead
laravel 6

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • m.ts10806

    2019/11/07 18:40

    了解です。
    あと、細かいですが「ブレイド」だと思います(こういうものは変に日本語読みにしないほうが無用なトラブルを避けられます)

    キャンセル

  • wonder_cat

    2019/11/07 18:43

    返信、ご指摘ありがとうございます。
    読み方は、ブレイドですね。お恥ずかしい間違えをしてしまいました。

    キャンセル

  • mix-peach

    2019/11/08 11:43 編集

    追記頂いたものを確認しましたが、原因になりそうなものが見たあたらない様に思います。

    何度、{{ Auth::id() }}を、登録しても、同じように詳細画面が真っ白になるのでしょうか?
    また、真っ白になっている時のURLは、詳細ページのURLで、合っていますか?

    キャンセル

回答 1

0

textareaに入力された値は、phpの中で基本的に文字列として扱われます。

文字列なので、phpコードとして実行されることはありません。
phpの中の「文字列」をphpコードとして実行するには、「そのようにコードを書く」必要があります。

簡単に言うと、素のphpで、

$text = '1 + 2';

echo $text;


としても、html上表示されるのは、1 + 2という文字列であって、3になることはありませんよね。
これと同じです。

なので、セキュリティを心配して、Laravel側が何かを施している・・・とかではないかなと。

ブラウザ上からのソース表示で、

        <main class="py-4">
    {{ Auth::id() }}

</div>
        </main>


というソースコードになっているのであれば、{{ Auth::id() }}は、ちゃんと文字列として出力されています。
ただ見えていないだけ。。。
で、この画面が表示されない=真っ白になるのは、
このページのHTML構造がおかしい(mainタグの中にdivの閉じタグだけが存在している)ことに起因しているのではないかと思いますので、bladeファイルなどを再確認すべきだと思います。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/11/07 18:02

    ご回答、ありがとうございます。

    何度か確認をしたのですが、bladeファイル内には間違いはなかったです。
    先ほど、ブラウザ内の機能の”要素を表示”では、Body内がコメントアウトされていることがわかりました。

    追記しましたので、ご確認いただけたら幸いです。
    よろしくお願いします。

    キャンセル

  • 2019/11/07 18:29

    bladeファイルのコードを掲載していただくことは可能ですか?

    また、「あいうえお」などの通常の文字列を入れた場合は、ページが正しく表示されるのだと思いますが
    その時に、ブラウザ上でクリックのページのソースを表示させるをした場合のHTMLはどのようになっているのでしょうか?

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.34%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る