質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.99%

GAS スライドをページごとに画像化してGoogle ドライブに保存する方法について

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 255

s.kono

score 14

Google Apps Script でGoogleドライブにあるスライドやパワーポイントの1スライドを自動で画像化して同じフォルダに保存したいです。
こちらのサイトを参考にというか、ほぼ同じchordなのですが以下のエラーが出て実現できません。
事前準備としてOAuth2 for Apps Scriptのライブラリを有効化しています。

参考サイト:https://codeday.me/jp/qa/20190305/364927.html
エラー:text/html から image/png への変換はサポートされていません。

ご教示よろしくお願いします。

/* 参考サイト
https://codeday.me/jp/qa/20190305/364927.html
*/
function main(){
  var id=PropertiesService.getScriptProperties().getProperty('slide_id');
  downloadPresentation(id)
}

function downloadPresentation(id) {
  var slideIds = getSlideIds(id); 

  for (var i = 0, slideId; slideId = slideIds[i]; i++) {
    downloadSlide('Slide ' + (i + 1), id, slideId);
  }
}

function downloadSlide(name, presentationId, slideId) {
  var url = 'https://docs.google.com/presentation/d/' + presentationId +
    '/export/png?id=' + presentationId + '&pageid=' + slideId; 
  var options = {
    "muteHttpExceptions" : true,  //エラー捕捉
    headers: {
      Authorization: 'Bearer ' + ScriptApp.getOAuthToken()
    }

  };
    try {
    //成功時
      var response = UrlFetchApp.fetch(url, options);
      var image = response.getAs(MimeType.PNG);//←text/html から image/png への変換はサポートされていませんとエラーになります
      image.setName(name);
      DriveApp.createFile(image);
  } catch(e) {
    //エラー時
    Logger.log(e.message);
  }

}

function getSlideIds(presentationId) {

  var url = 'https://slides.googleapis.com/v1/presentations/' + presentationId;
  var options = {
    "muteHttpExceptions" : true, //エラー捕捉
    headers: {
      Authorization: 'Bearer ' + ScriptApp.getOAuthToken()
    }
  };
  try{
    var response = UrlFetchApp.fetch(url, options);
  } catch(e) {
    //エラー時
     Logger.log(e.message);
  }
  var slideData = JSON.parse(response);
  return slideData.slides.map(function(slide) {
    return slide.objectId;
  });

}


結論としては
エラーはchordによるエラーではなく、環境回りの設定がうまくいっていなかったということでした。
最終的にはマイドライブに保存された画像ファイルを元スライドにあるフォルダに移動する部分も追加した次のコードでうまく動いています。

不要だったもの

  • OAuth2ライブラリの追加
    - Google Slides API
/* 参考サイト
https://medium.com/@gw_cule/gas%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%A3%E3%81%9F%E8%AA%8D%E5%8F%AF%E3%83%91%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3-67f195d7a425
https://codeday.me/jp/qa/20190305/364927.html
*/
function main(){
  var id=PropertiesService.getScriptProperties().getProperty('slide_id');
  var folderid=PropertiesService.getScriptProperties().getProperty('folder_id');
  downloadPresentation(id,folderid)
}

function downloadPresentation(id,folderid) {
  var slideIds = getSlideIds(id); 

  for (var i = 0, slideId; slideId = slideIds[i]; i++) {
    var file = downloadSlide('Slide ' + (i + 1), id, slideId);
    moveSlides(file,folderid);
  }
}

function downloadSlide(name, presentationId, slideId) {

  var url = 'https://docs.google.com/presentation/d/' + presentationId +
    '/export/png?id=' + presentationId + '&pageid=' + slideId; 
  var options = {
    "muteHttpExceptions" : true,  //エラー捕捉
    headers: {
      Authorization: 'Bearer ' + ScriptApp.getOAuthToken()
    }
  };
    try {
    //成功時
      var response = UrlFetchApp.fetch(url, options);
      var image = response.getAs(MimeType.PNG);
      image.setName(name);
      var file=DriveApp.createFile(image);
      return file;
  } catch(e) {
    //エラー時
    Logger.log(e.message);
  }

}

function getSlideIds(presentationId) {

  var url = 'https://slides.googleapis.com/v1/presentations/' + presentationId;
  var options = {
    "muteHttpExceptions" : true, //エラー捕捉
    headers: {
      Authorization: 'Bearer ' + ScriptApp.getOAuthToken()
    }
  };
  try{
    var response = UrlFetchApp.fetch(url, options);
  } catch(e) {
    //エラー時
     Logger.log(e.message);
  }
  var slideData = JSON.parse(response);
  return slideData.slides.map(function(slide) {
    return slide.objectId;
  });

}

function moveSlides(file,folderid){

  var folder = DriveApp.getFolderById(folderid);
  file.makeCopy(file.getName(),folder);//ルート(マイドライブ直下)に作られた画像ファイルをコピーする
  Logger.log(file.getName() + ": this file delete");
  file.setTrashed(true);

}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

私の環境では、スクリプトのプロパティに`slide_id'を追加してidを設定するだけで、画像が出力されました。

text/html から image/png への変換はサポートされていませんとでるということは、対象のSlidesを参照する権限がない等の理由で、テキストページに飛ばされているとかじゃないでしょうか。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/10/23 12:04

    https://qiita.com/tanaike/items/b3538e7550555ebb51f5
    の追記1に「oauthScopes[]へスコープを登録すると、すでに認証していたとしても登録したスコープ以外は使用できなくなるので注意が必要です。」とあるので、試しにoauthScopesを削除して見てはどうでしょうか。

    キャンセル

  • 2019/10/23 14:02

    色々教えていただきありがとうございます。
    新しいファイルに同じスクリプトを書いて実行したところ
    何回か次のエラーで失敗しいてたのですが

    TypeError: undefined のメソッド「map」を呼び出せません。
    at getSlideIds(コード:58)
    at downloadPresentation(コード:11)
    at main(コード:7)

    何回目かで特になにもしていないのに
    マイドライブに画像が保存されていました。
    元々遅延か何かが原因でエラーになっていたのをいじりすぎていたのでしょうか。

    Google Slides API もOAuth2.0も必要なかったのかもしれません。
    保存先をマイドライブをスライドのあったドライブに変更する必要はありますが正常に動いているということでしょうか。

    キャンセル

  • 2019/10/23 16:02

    ありがとうございました。おかげさまで解決できました。今後はエラーの特定を慎重にするようにしてあまり環境回りをよく理解しないまま直さないことにします。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.99%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる