質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.34%

artisanコマンドにおいての未定義エラー

解決済

回答 2

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,326

score 7

前提・実現したいこと

Laravelのartisanコマンドで未定義エラーを解消するために変数にデフォルト値をセットしたいのですが、何故か通常の回避方法だと解決しません。

実施したいコマンド(例)

[root@localhost application]# php artisan list

発生している問題・エラーメッセージ

PHP Notice:  Undefined index: ENV in /var/www/sample/application/bootstrap/app.php on line 24
In api.php line 22:
Undefined index: ENV

該当のソースコード

bootstrap/app.php

switch ($_SERVER['ENV'] ?? 'local') {
    case 'prod':
        $app->loadEnvironmentFrom('.env.prod');
        break;
    case 'dev':
        $app->loadEnvironmentFrom('.env.dev');
        break;
    case 'local':
        $app->loadEnvironmentFrom('.env.local');
        break;
}

試したこと

以下で成功することは確認していますが、毎回設定するのを省略したいです。

[root@localhost application]# ENV=dev php artisan list


エラーが出ている箇所について、
isset($_SERVER['ENV'])

!empty($_SERVER['ENV'])
に置き換えてもダメでした。

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

PHP 7.3.6
Laravel Framework 5.7.28

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

checkベストアンサー

+1

元のbootstrap/app.phpにはこんなコードはない。
少なくともLaravelユーザーの文化にはない。

どこかで手伝ったLaravelプロジェクトで見たことあるけど一体どこの文化なんだろう…。

Laravelでは.envを複数用意して切り替える必要はほとんどない。
localとproduction環境で.envはそれぞれで用意。
いくら非公開でも.env.prodをリポジトリに含めることはない。
testing用はphpunit.xmlで上書き。

Laravel4の頃は.envやconfigを切り替える方法があったけどそういう古い情報を見た人が間違ったまま広めている。

どうしても別の.envを使いたい場合。.env.devならこれでいい。

php artisan list --env=dev


最初から用意されてるのでbootstrap/app.phpに書いてるコードは不要。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/10/21 13:16

    回答ありがとうございます。
    私のプロジェクトでは各種.envファイルもすべてGIT管理していたので、nginxの設定で自動で判別できるようにしたかったのですよね。
    Laravelが新しくなってこのような機能が追加されたのかと思っていましたが、少し想定と違った使い方をしているということしょうかね。

    キャンセル

0

もしかして、.envファイルを作っていないとか。
イメージ説明

設定としてここも読みましょう:
https://readouble.com/laravel/5.7/ja/configuration.html

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/10/18 20:12 編集

    回答ありがとうございます。
    .envファイルは下記を用意済みです。

    .env
    .env.testing
    .env.local
    .env.dev
    .env.prod

    キャンセル

  • 2019/10/18 20:50

    なら、どのenvファイルを読むのか、webサーバー変数に設定していないってことでしょうね。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.34%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る