質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.34%

ストップウォッチを5回計測する表示のJavascript のコードエラー

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 666

score 18

初心者です。5回計測ができるストップウォッチをJavascriptで作成しました。
計測表示窓が1つなら簡単なのですが、timer1~timer5まで表示を5つ
示せるようにしたいのです。
そこで、変数var countを ++countで数えることにより、timer1~timer5まで
順に表示するよう以下のコードを作成しました。
(CSSは無くても見られるので、はぶきます。)

ここでtimer3までは計測できるのですが、timer4~timer5が計測できず
timer4で止まってしまいます。なぜでしょうか??
計算式はtimer1~timer5まで同じなのですが・・・

現クリック数はclick_count id にて表示しています。
(平均値を計算するコードは、まだ書いていません。)

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <meta name="viewport" content="width=device-width">

    <title>Click測定タイマー - 3</title>

    <!-- Latest compiled and minified CSS -->
    <link rel="stylesheet" href="https://maxcdn.bootstrapcdn.com/bootstrap/3.3.7/css/bootstrap.min.css" integrity="sha384-BVYiiSIFeK1dGmJRAkycuHAHRg32OmUcww7on3RYdg4Va+PmSTsz/K68vbdEjh4u" crossorigin="anonymous">

    <!-- Optional theme -->
    <link rel="stylesheet" href="https://maxcdn.bootstrapcdn.com/bootstrap/3.3.7/css/bootstrap-theme.min.css" integrity="sha384-rHyoN1iRsVXV4nD0JutlnGaslCJuC7uwjduW9SVrLvRYooPp2bWYgmgJQIXwl/Sp" crossorigin="anonymous">

    <link rel="stylesheet" href="css/style20.css">
</head>

<body>

            <h2>5回 タイマー</h2>

            <div class="content2">


                  <p4>現在クリック数<br></p4>
                  <p id="click_count">*</p>


            </div>

            <div class="content1">
              <p>1回目</p>
              <p id="timer1">0.000</p>
              <p>2回目</p>
              <p id="timer2">0.000</p>
              <p>3回目</p>
              <p id="timer3">0.000</p>
              <p>4回目</p>
              <p id="timer3">0.000</p>
              <p>5回目</p>
              <p id="timer3">0.000</p>
             <div>
              <button id="start_stop" class="btn1 btn-lg btn-primary">START</button>
             </div>
             <div>
               <button id="reset" class="btn2 btn-lg btn-danger">RESET</button>
             </div>
             <p2>平均値</p2>
             <p id="timerA">0.000</p>

            </div>

    <script>

        document.getElementById('start_stop').focus(); //STARTボタンにフォーカスする

        //スタートボタン (ストップボタン)を押した回数
        var count = 0;

        var start; //開始時間

        document.getElementById('start_stop').addEventListener('mousedown', function() {
            ++count; //ボタンカウントアップしていく   
         if (this.innerHTML === 'START') {
            if(count==1){startTimer1 = new Date();} //ストップウォッチ関数1
            if(count==3){startTimer2 = new Date();} //ストップウォッチ関数2
            if(count==5){startTimer3 = new Date();} //ストップウォッチ関数3
            if(count==7){startTimer4 = new Date();} //ストップウォッチ関数4
            if(count==9){startTimer5 = new Date();} //ストップウォッチ関数5



             //クリックカウント            
             document.getElementById('click_count').innerHTML=count;


             // STOP ボタンにする
                this.innerHTML = 'STOP';
                this.classList.remove('btn-default');
                this.classList.add('btn-warning');

        } else {
              //クリックカウント            
              document.getElementById('click_count').innerHTML=count;


                if(count==2){stoptimer1();} //ストップウォッチ関数1                
                if(count==4){stoptimer2();} //ストップウォッチ関数2
                if(count==6){stoptimer3();} //ストップウォッチ関数3
                if(count==8){stoptimer4();} //ストップウォッチ関数4
                if(count==10){stoptimer5();} //ストップウォッチ関数

             // START ボタンにする
                this.innerHTML = 'START';   
                this.classList.remove('btn-warning');
                this.classList.add('btn-default');                

            }
        });

            //タイマー1の処理
            var seconds1;
            var milli1;
            // タイマー関数1の計算                 
            function stoptimer1(){
            var now = new Date();
            milli1 = now.getTime() - startTimer1.getTime(); // 差をミリ秒で
            seconds1 = Math.floor(milli1 *1000/ 1000)/1000; // 秒を取得
            document.getElementById('timer1').innerHTML = seconds1
            }

            //タイマー2の処理
            var seconds2;
            var milli2;
            // タイマー関数2の計算                 
            function stoptimer2(){
            var now = new Date();
            milli2 = now.getTime() - startTimer2.getTime(); // 差をミリ秒で
            seconds2 = Math.floor(milli2 *1000/ 1000)/1000; // 秒を取得
            document.getElementById('timer2').innerHTML = seconds2
            }

            //タイマー3の処理
            var seconds3;
            var milli3;
            // タイマー関数3の計算                 
            function stoptimer3(){
            var now = new Date();
            milli3 = now.getTime() - startTimer3.getTime(); // 差をミリ秒で
            seconds3 = Math.floor(milli3 *1000/ 1000)/1000; // 秒を取得
            document.getElementById('timer3').innerHTML = seconds3
            }

            //タイマー4の処理
            var seconds4;
            var milli4;
            // タイマー関数4の計算                 
            function stoptimer4(){
            var now = new Date();
            milli4 = now.getTime() - startTimer4.getTime(); // 差をミリ秒で
            seconds4 = Math.floor(milli4 *1000/ 1000)/1000; // 秒を取得
            document.getElementById('timer4').innerHTML = seconds4
            }

            //タイマー5の処理
            var seconds5;
            var milli5;
            // タイマー関数5の計算                 
            function stoptimer5(){
            var now = new Date();
            milli5 = now.getTime() - startTimer5.getTime(); // 差をミリ秒で
            seconds5 = Math.floor(milli5 *1000/ 1000)/1000; // 秒を取得
            document.getElementById('timer5').innerHTML = seconds5
            }

      //リセットボタンの処理
         document.getElementById('reset').onclick=function(){                                            
         count=0;       //カウントリセット
         document.getElementById('click_count').innerHTML=0;//デバック用-クリックカウントリセット                                    
         if(document.getElementById("start_stop").innerHTML = 'STOP'){
         document.getElementById("start_stop").innerHTML = 'START';   
         document.getElementById("start_stop").classList.remove('btn-warning');
         document.getElementById("start_stop").classList.add('btn-default');}
         document.getElementById('start_stop').focus(); //STARTボタンにフォーカスする
         document.getElementById("timer1").innerHTML = "0.000"; //timer1リセット
         document.getElementById("timer2").innerHTML = "0.000"; //timer2リセット
         document.getElementById("timer3").innerHTML = "0.000"; //timer3リセット
         document.getElementById("timer4").innerHTML = "0.000"; //timer4リセット
         document.getElementById("timer5").innerHTML = "0.000"; //timer5リセット
         };

    </script>
</body>
</html>
コード
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+3

 <p id="timer3">0.000</p>

timer3が3つあります

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/10/09 17:11

    大変ありがとうございました。どうも自分だけでじっと見ていると分からなくなります。誠にありがとうございました。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.34%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る