質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.12%

Angular構築の際にバックエンドも開発環境で用意したい場合

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 1,176

kackey0-1

score 14

Angularのチュートリアルには、バックエンド側のコーディングをすることなく終わったがDB周りの設定についても合わせて開発したい場合に、推奨されている設計などに関する参考ドキュメント先を知りたいです。
https://angular.io/

例|
Ruby on Railsなどであれば、Active Modelの仕組みを使ってDB設計をしつつ、開発を進めていくことができる。しかし、Angularの場合バックエンドのコーディングなどは想定されていないように思える。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

なぜバックエンド側のコーディングのドキュメントがないのか。
そりゃ当たり前ですよ、Angularはフロントエンド側の技術なので。
そして、なぜRuby on Railsだとバックエンドの構築のドキュメントがあるのか。
そりゃ当たり前ですよ、Ruby on Railsはバックエンド側の技術なので。

Angularの場合バックエンドのコーディングなどは想定されていないように思える。

想定してませんが(そもそもフロントエンド側なので)、仕様は用意されていますよ。
フレームワークを使わない通常のAjaxと同じ手法です。
Angularは、jQueryなんかよりはるかに充実したAjax機能を搭載しています。
そして、Promiseをごく自然にすべての変数で標準使用されているため、
何も意識せずに変数の非同期処理を、値が入った段でコールバック的にビュー側に反映できる仕組みになっています。

バックエンド側との連携は、APIによる連携が望ましいし、ほとんどの場合は、そうしないとできないので、
バックエンド側に、APIを用意してもらう、またはそちらはそちらで自分で勉強する、しかありません。

つまり、
RubyやPHPなど(サーバーサイド)と、Angularないし、ReactやVue.JS(クライアントサイド)が、根本的に何が違うか、何ができて何ができない(すべきではない)か、を勉強し把握されるといいでしょう。

さて、

DB周りの設定についても合わせて開発したい場合に、推奨されている設計などに関する参考ドキュメント先を知りたいです。

ここに関しては、先に述べた通り、Angularの公式ドキュメントには記載されていないかと思います。そして、はっきり言うと、
Angular使ううんぬんは、DB設計に、ほぼほぼ影響しません。
なぜなら、そもそもAngular側だけでDBの内容をコントロールなんてしないからです。
他の技術との連携に対して、APIを用意する部分に関しては、Angular(というかJavaScript)的に扱いやすいデータ構造で返してもらったりしますが、
そことDBの設計自体に影響を及ぼす部分ではないでしょう。

つまりDB設計は、それを使う技術云々によるのではなく、
そのサイトの要件に合わせて設計すべきってことなので、
表示側の技術によって変えるようなものではありません。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/10/05 09:36

    詳細にご回答いただき誠にありがとうございます。
    angularでは、バックエンド機能は個別に用意する想定であること理解しました。

    >RubyやPHPなど(サーバーサイド)と、Angularないし、ReactやVue.JS(クライアントサイド)が、根本的に何が違うか、何ができて何ができない(すべきではない)か、を勉強し把握されるといいでしょう。

    こちらについてですが、
    上記を学ぶにあたってオススメの書籍やドキュメントなどはございますでしょうか。

    キャンセル

  • 2019/10/05 11:40

    私はフロントエンド業務をやる中で実地で学んだので、書籍は詳しくないのですが、、、

    https://www.amazon.co.jp/Webサーバを作りながら学ぶ-基礎からのWebアプリケーション開発入門-Software-Design-plus/dp/4774181889/ref=asc_df_4774181889_nodl/?tag=jpgo-22&linkCode=df0&hvadid=295704876452&hvpos=1o1&hvnetw=g&hvrand=15839008856766152227&hvpone=&hvptwo=&hvqmt=&hvdev=m&hvdvcmdl=&hvlocint=&hvlocphy=1009076&hvtargid=pla-526880561711&psc=1&th=1&psc=1

    これなんてどうでしょうか?

    ただ、この書籍がピンポイントでオススメという意味ではないです。
    ご自身で調べるヒントになれば、との思いで掲示する書籍です。

    つまり、サーバーサイドとフロントエンド、はたまたアプリと連携して統合的に扱い一つのものとして制作するものを、"Webアプリケーション"という物、分野になります。

    なので、そのワードを元に、ネットの記事や、書籍を探されるといいかと思います。

    キャンセル

  • 2019/10/05 23:12

    ご教示いただきありがとうございます。
    各々で実現可能な部分についてこれから学んでいきたいと思います!!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.12%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる