質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.34%

エラー対処の考え方について

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 507

score 21

理解度

色々な個別サンプルを見てなんとか理解を深めようとしているレベルです

疑問点

JavaScriptに「型安全の思想」を取り入れたのがTypeScriptということらしいのですが
実際に「お手本」というべきサンプルでもイジる前からエラーが出ていることも多く
自分の現状の対処方法では、とりあえずの「つじつまあわせ」的にやってる感が否めず
具体的な例で、自分のやり方などの問題点をおうかがいしたいです

さわってみたサンプルコード(出所失念)

オブジェクトにゲッタをセットする関数のための型定義の例

type Proxy<T> = {
  get(): T
}

type Proxify<T> = { [P in keyof T]: Proxy<T[P]> }

function proxify<T>(o: T): Proxify<T> {
  var proxy = new Proxy(o, {
    get: function(o: T, prop: string, receiver) {
      var rv = o[prop] + ': prop in proxy'
      return rv
    },
  })
  return proxy
}

let props = {
  name: 'Tarou',
  age: 23,
  gender: 'male',
}
let proxyProps = proxify(props)
console.log(proxyProps.name)
'T' の引数を型 'object' のパラメーターに割り当てることはできません。ts(2345)


確かにProxyの型を確認すると以下のようになっておりエラーの主張ももっともだと思われます

interface ProxyConstructor {
    revocable<T extends object>(target: T, handler: ProxyHandler<T>): { proxy: T; revoke: () => void; };
    new <T extends object>(target: T, handler: ProxyHandler<T>): T;
}
declare var Proxy: ProxyConstructor;

やってみたこと

この関数内で使っているProxyは外せないので(外せないとして)、それに合わせるために
引数 o の型をProxyの定義に合わせてみる。すると返り値のproxyの型もそれになるわけで
現時点のproxifyの返り値の型と一致しなくなる。そこもObjectとかに変えるとなると
proxify実行後の左辺のproxyPropsはProxify<T>とは全く別もの(別型)であり、
そこにはnameプロパティーがないという新たなエラーも生み出されハチャメチャ状態に陥る

type Proxy<T> = {
  get(): T
}

type Proxify<T extends object> = { [P in keyof T]: Proxy<T[P]> }

function proxify<T extends object>(o: T): Proxify<T extends object> {
  var proxy = new Proxy(o, {
    get: function(o: T, prop: string, receiver) {
      var rv = o[prop] + ': prop in proxy'
      return rv
    },
  })
  return proxy    // [Error] 返り値の型が不整合
}
let props = {
  name: 'Mucha',
  age: 23,
  gender: 'male',
}
let proxyProps = proxify(props)
console.log(proxyProps.name) 

おうかがいしたいこと

この場合、どう修正してエラーを無くすべきでしょうか・
・・・対処療法的につじつまをあわせるようなやり方ではエラーが消えない上に型安全という思想も無視することになりTypeScriptである必要すらなくなってしまうのでやっていて虚しくなります。正しい考え方や手法をもっと積み上げないとと思っています

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

check解決した方法

0

最初の型引数を詳細に書けばエラーでなくなりました
(当然といえば当然でした)

// function proxify<T>(o: T): Proxify<T> { …
function proxify<T extends object>(o: T): Proxify<T> { …

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.34%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る