質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
CentOS

CentOSは、主にRed Hat Enterprise Linux(RHEL)をベースにした、フリーのソフトウェアオペレーティングシステムです。

systemd

systemdは、Linuxの起動処理及びシステム管理を行う技術です。他にも多くのサービス管理機能を備えており、ユーザープロセスを並列に起動しシステムの起動処理に要する時間を短縮できるなどの特徴があります。

Linux

Linuxは、Unixをベースにして開発されたオペレーティングシステムです。日本では「リナックス」と呼ばれています。 主にWebサーバやDNSサーバ、イントラネットなどのサーバ用OSとして利用されています。 上位500のスーパーコンピュータの90%以上はLinuxを使用しています。 携帯端末用のプラットフォームAndroidは、Linuxカーネル上に構築されています。

sh

shは、UNIX系OSのシェル操作の1つであり、最も基本的なシェルのことです。

受付中

CentoS7 systemctlで一括停止ができません。

kuku
kuku

総合スコア15

CentOS

CentOSは、主にRed Hat Enterprise Linux(RHEL)をベースにした、フリーのソフトウェアオペレーティングシステムです。

systemd

systemdは、Linuxの起動処理及びシステム管理を行う技術です。他にも多くのサービス管理機能を備えており、ユーザープロセスを並列に起動しシステムの起動処理に要する時間を短縮できるなどの特徴があります。

Linux

Linuxは、Unixをベースにして開発されたオペレーティングシステムです。日本では「リナックス」と呼ばれています。 主にWebサーバやDNSサーバ、イントラネットなどのサーバ用OSとして利用されています。 上位500のスーパーコンピュータの90%以上はLinuxを使用しています。 携帯端末用のプラットフォームAndroidは、Linuxカーネル上に構築されています。

sh

shは、UNIX系OSのシェル操作の1つであり、最も基本的なシェルのことです。

1回答

0評価

0クリップ

897閲覧

投稿2019/09/27 10:27

編集2022/01/12 10:55

CentOS7のsystemdの勉強をしようと思い、まずは簡単なserviceを作成してみることにしました。
単一のサービスは作成でき、動きましたので、次に複数サービスを同時に起動・停止できないかということを試していますが、うまくいきません。
学習不足・理解不足はありますがヒントなどご教示いただけますと幸いです。

■環境
OS:CentOS7
サービス:selfservice01.serviceとselfservice02.serviceの2つ

■現状
・systemctl start selfservice01.service でサービス起動
systemctl stop selfservice01.serivce でサービス停止

 ・systemctl start selfservice02.service でサービス起動
systemctl stop selfservice02.serivce でサービス停止

 ・上記2つをまとめて1つのサービスにしたときに両サービスが起動できるが、停止はできない。

■serviceの中身
----- selfservice01.service -----
[Unit]
Description=selfservice01 daemons
After=network.target
Requires=selfservice02.service

[Service]
ExecStart=/etc/test/hello1.sh
Restart=always
ExecStopPost=/usr/bin/sh -c '/etc/systemd/system/stop.sh'

[Install]
WantedBy=multi-user.target

----- selfservice02.service -----
[Unit]
Description=selfservice02 daemons
After=network.target

[Service]
ExecStart=/etc/test/hello2.sh
Restart=always

[Install]
WantedBy=multi-user.target

----- stop.sh -----
#!/bin/sh
systemctl stop selfservice02.service

■自分の理解と目標
上記プログラムから「systemctl start selfservice01」時には、selfservice01が起動しその後Requiresに従ってselfservice02も起動していると思っています。
一方で、「systemctl stop selfservice01」時には、ExecStopに従って、stop.shが実行されて、selfservices02が停止するはずだと思っているのですがselfservices01しか停止しません。。。
「systemctl status selfservice01」を確認すると、stop.shが実行はされているみたいなのですが、「systemctl」のコマンドが見つかりません、とメッセージが出ています。
「./stop.sh」のみを実行すると正常にスクリプトが実行されるのですが・・・。

目標としているのは、「systemctl stop selfservice01.service」でselfservice01とselfservice02が同時に停止することです。

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

TaichiYanagiya

2019/09/29 06:41

stop.sh に「/usr/bin/systemctl」とフルパスで記述するか、あるいは、 「ExecStopPost=/usr/bin/systemctl stop selfservice02.service」でどうなりますでしょうか?

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

CentOS

CentOSは、主にRed Hat Enterprise Linux(RHEL)をベースにした、フリーのソフトウェアオペレーティングシステムです。

systemd

systemdは、Linuxの起動処理及びシステム管理を行う技術です。他にも多くのサービス管理機能を備えており、ユーザープロセスを並列に起動しシステムの起動処理に要する時間を短縮できるなどの特徴があります。

Linux

Linuxは、Unixをベースにして開発されたオペレーティングシステムです。日本では「リナックス」と呼ばれています。 主にWebサーバやDNSサーバ、イントラネットなどのサーバ用OSとして利用されています。 上位500のスーパーコンピュータの90%以上はLinuxを使用しています。 携帯端末用のプラットフォームAndroidは、Linuxカーネル上に構築されています。

sh

shは、UNIX系OSのシェル操作の1つであり、最も基本的なシェルのことです。