質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.33%

実行してもすぐに消えてしまう・・・

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 598
退会済みユーザー

退会済みユーザー

私は今Android Studioでこのサイトを参考にメモアプリを作っています。

ですがいざ実行しようと思って実行したらアプリがすぐに消えてしまいます。
原因がわかる方ご教授お願いします。

全てのコードです。↓

ListActivity

package com.example.taguchi.simplememo

import android.content.Intent
import android.support.v7.app.AppCompatActivity
import android.os.Bundle
import android.view.View
import android.widget.*

class ListActivity : AppCompatActivity() {

    // MemoOpenHelperクラスを定義
    internal var helper: MemoOpenHelper? = null

    override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
        super.onCreate(savedInstanceState)
        setContentView(R.layout.activity_list)

        // データベースから値を取得する
        if (helper == null) {
            helper = MemoOpenHelper(this@ListActivity)
        }
        // メモリストデータを格納する変数
        val memoList = ArrayList<HashMap<String, String>>()
        // データベースを取得する
        val db = helper!!.writableDatabase
        try {
            // rawQueryというSELECT専用メソッドを使用してデータを取得する
            val c = db.rawQuery("select uuid, body from MEMO_TABLE order by id", null)
            // Cursorの先頭行があるかどうか確認
            var next = c.moveToFirst()

            // 取得した全ての行を取得
            while (next) {
                val data = HashMap<String, String>()
                // 取得したカラムの順番(0から始まる)と型を指定してデータを取得する
                val uuid = c.getString(0)
                var body = c.getString(1)
                if (body.length > 10) {
                    // リストに表示するのは10文字まで
                    body = body.substring(0, 11) + "..."
                }
                // 引数には、(名前,実際の値)という組合せで指定します 名前はSimpleAdapterの引数で使用します
                data["body"] = body
                data["id"] = uuid
                memoList.add(data)
                // 次の行が存在するか確認
                next = c.moveToNext()
            }
        } finally {
            // finallyは、tryの中で例外が発生した時でも必ず実行される
            // dbを開いたら確実にclose
            db.close()
        }

        /* 仮のデータを作成
        ArrayList<HashMap<String, String>> tmpList = new ArrayList<>();
        for(int i = 1; i <=  5; i++){
            HashMap<String,String> data = new HashMap<>();
            // 引数には、(名前,実際の値)という組合せで指定します 名前はSimpleAdapterの引数で使用します
            data.put("body","サンプルデータ"+i);
            data.put("id","sampleId"+i);
            tmpList.add(data);
        }*/

        // Adapter生成
        val simpleAdapter = SimpleAdapter(this,
            memoList, // 使用するデータ
            android.R.layout.simple_list_item_2, // 使用するレイアウト
            arrayOf("body", "id"), // どの項目を
            intArrayOf(android.R.id.text1, android.R.id.text2) // どのidの項目に入れるか
        )

        // idがmemoListのListViewを取得
        val listView = findViewById<View>(R.id.memoList) as ListView
        listView.adapter = simpleAdapter

        // リスト項目をクリックした時の処理
        listView.onItemClickListener = AdapterView.OnItemClickListener { parent, view, position, id ->
            /**
             * @param parent ListView
             * @param view 選択した項目
             * @param position 選択した項目の添え字
             * @param id 選択した項目のID
             */
            // インテント作成  第二引数にはパッケージ名からの指定で、遷移先クラスを指定
            val intent = Intent(this@ListActivity, com.example.taguchi.simplememo.CreateMemoActivity::class.java)

            // 選択されたビューを取得 TwoLineListItemを取得した後、text2の値を取得する
            val two = view as TwoLineListItem
            //                TextView idTextView = (TextView)two.findViewById(android.R.id.text2);
            val idTextView = two.text2 as TextView
            val isStr = idTextView.text as String
            // 値を引き渡す (識別名, 値)の順番で指定します
            intent.putExtra("id", isStr)
            // Activity起動
            startActivity(intent)
        }


        /**
         * 新規作成するボタン処理
         */
        // idがnewButtonのボタンを取得
        val newButton = findViewById<View>(R.id.newButton) as Button
        // clickイベント追加
        newButton.setOnClickListener {
            // CreateMemoActivityへ遷移
            val intent = Intent(this@ListActivity, com.example.taguchi.simplememo.CreateMemoActivity::class.java)
            intent.putExtra("id", "")
            startActivity(intent)
        }
    }
}
activity_create_memo.xml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout
        xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
        xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
        xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="match_parent"
        android:orientation="vertical"
        tools:context="com.〇〇.〇〇.simplememo.CreateMemoActivity">

    <EditText
            android:id="@+id/body"
            android:layout_width="match_parent"
            android:layout_height="wrap_content"
            android:textSize="20sp"
            android:inputType="textMultiLine"
            android:lines="50"
            android:layout_weight="9"
            android:gravity="top|left"
    />

    <LinearLayout
            android:layout_width="match_parent"
            android:layout_height="wrap_content"
            android:orientation="horizontal"
            android:layout_weight="1">

        <Button
                android:id="@+id/register"
                android:layout_width="wrap_content"
                android:layout_height="wrap_content"
                android:layout_weight="1"
                android:text="登録する"
        />

        <Button
                android:id="@+id/back"
                android:layout_width="wrap_content"
                android:layout_height="wrap_content"
                android:layout_weight="1"
                android:text="戻る"
        />

    </LinearLayout>


</LinearLayout>
CreateMemoActivity

package com.〇〇.〇〇.simplememo

import android.content.Intent
import android.support.v7.app.AppCompatActivity
import android.os.Bundle
import android.view.View
import android.widget.Button
import android.widget.EditText
import android.widget.TextView
import java.util.*

class CreateMemoActivity : AppCompatActivity() {

    // MemoOpenHelperクラスを定義
    internal var helper: MemoOpenHelper? = null
    // 新規フラグ
    internal var newFlag = false
    // id
    internal var id = ""

    override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
        super.onCreate(savedInstanceState)
        setContentView(R.layout.activity_create_memo)

        // データベースから値を取得する
        if (helper == null) {
            helper = MemoOpenHelper(this@CreateMemoActivity)
        }


        // ListActivityからインテントを取得
        val intent = this.intent
        // 値を取得
        id = intent.getStringExtra("id")
        // 画面に表示
        if (id == "") {
            // 新規作成の場合
            newFlag = true
        } else {
            // 編集の場合 データベースから値を取得して表示
            // データベースを取得する
            val db = helper!!.writableDatabase
            try {
                // rawQueryというSELECT専用メソッドを使用してデータを取得する
                val c = db.rawQuery("select body from MEMO_TABLE where uuid = '$id'", null)
                // Cursorの先頭行があるかどうか確認
                var next = c.moveToFirst()
                // 取得した全ての行を取得
                while (next) {
                    // 取得したカラムの順番(0から始まる)と型を指定してデータを取得する
                    val dispBody = c.getString(0)
                    val body = findViewById<View>(R.id.body) as EditText
                    body.setText(dispBody, TextView.BufferType.NORMAL)
                    next = c.moveToNext()
                }
            } finally {
                // finallyは、tryの中で例外が発生した時でも必ず実行される
                // dbを開いたら確実にclose
                db.close()
            }
        }

        /**
         * 登録ボタン処理
         */
        // idがregisterのボタンを取得
        val registerButton = findViewById<View>(R.id.register) as Button
        // clickイベント追加
        registerButton.setOnClickListener {
            // 入力内容を取得する
            val body = findViewById<View>(R.id.body) as EditText
            val bodyStr = body.text.toString()

            // データベースに保存する
            val db = helper!!.writableDatabase
            try {
                if (newFlag) {
                    // 新規作成の場合
                    // 新しくuuidを発行する
                    id = UUID.randomUUID().toString()
                    // INSERT
                    db.execSQL("insert into MEMO_TABLE(uuid, body) VALUES('$id', '$bodyStr')")
                } else {
                    // UPDATE
                    db.execSQL("update MEMO_TABLE set body = '$bodyStr' where uuid = '$id'")
                }
            } finally {
                // finallyは、tryの中で例外が発生した時でも必ず実行される
                // dbを開いたら確実にclose
                db.close()
            }
            // 保存後に一覧へ戻る
            val intent = Intent(this@CreateMemoActivity, com.〇〇.〇〇.simplememo.ListActivity::class.java)
            startActivity(intent)
        }


        /**
         * 戻るボタン処理
         */
        // idがbackのボタンを取得
        val backButton = findViewById<View>(R.id.back) as Button
        // clickイベント追加
        backButton.setOnClickListener {
            // 保存せずに一覧へ戻る
            finish()
        }
    }
}

ここからは文字制限の都合上、スクショで載せます。

イメージ説明

イメージ説明

何か不足している部分があればご指摘お願いします。

発生している問題・エラーメッセージ

イメージ説明
めっちゃエラー出てます。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • bochan2

    2019/08/22 00:56

    質問頂きありがとうございます。
    エラーメッセージにコードの何行目を指しているかが記載されているので、その行がコード内のどこかを示すと分かりやすくなると思います。

    キャンセル

  • kyoya0819

    2019/08/22 12:15 編集

    「画像でソースコードを提示する」=「コピペめんどくさいから画像で答えて、画像から文字起こすのは頑張って」ってことだと思います。(少なくとも自分はそう受け取る)
    本来、その苦労をするのは「解決したい」って思う質問者だと思います。

    キャンセル

  • 退会済みユーザー

    2019/08/22 12:15

    複数のユーザーから「やってほしいことだけを記載した丸投げの質問」という意見がありました
    「質問を編集する」ボタンから編集を行い、調査したこと・試したことを記入していただくと、回答が得られやすくなります。

回答 1

checkベストアンサー

+2

エラー文から何が原因かは推測できます。

この場合だと、

Unable to instantiate activity

が、まず最初のエラーですね。

これは、簡単に言うと、activity 生成できないよ、ってことです。

基本的に、Android 開発では、新しく Activity クラスを作成し場合、AndroidManifest.xml に、その Activity が使われるということを記載する必要があります。

<activity
  android:name=".com.example.activities.YourActivity" />

これで、一つ目のエラーは解決できます。

以降のエラーは、Not Found 系なので、おそらく作成したファイルを呼び出せていないということですが、エラー文が全て見えないので、正確には答えることができません。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/08/22 13:54

    回答ありがとうございます!
    s.m_1さんのおかげで解決することができました!!ありがとうございました!!

    しっかり動くようになりました。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.33%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る