質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.35%

realmでデータを保存すると、データが取得できなくなる

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 986

score 20

以下のようなGPXを読み込んで、Realmを用いて保存するプログラムを作成しました。ところが、データが変わってしまって、思うようにデータを取り出せません。RouteItem.route.map{$0.latitude}.max()!として座標の最大値を取りたいのですが...

print文の(1),(2)では正しく取得できるのですが、realm.add()以降は(3)で値が0.0となっており、(4)で取得できるようになっている状態です。(3)で取得できない理由と(2)で取得できる理由がよくわかりません。Realmと型についての知識が足りないのだと思いますが...

class RouteItem: Object {
  @objc dynamic var name = ""
  @objc dynamic var secNum: Int = 0
  var route = List<Point>()
}

class Point: Object {
  @objc var longitude: Double = 0.0
  @objc var latitude: Double = 0.0
}

class RouteManager: NSObject {
  private var realm: Realm!
  private var token: NotificationToken!
  public private(set) var routeItems: Results<RouteItem>!

  override init() {
    super.init()
    do {
      realm = try Realm()
      routeItems = realm.objects(RouteItem.self).sorted(byKeyPath: "name")
      token = routeItems.observe { [weak self] _ in
        NotificationCenter.default.post(name: .changedRouteItems, object: nil)
      }
    } catch {
      print(error)
    }
  }

 func createRoute(gpxURL: URL, routeName:String, sectionNum:Int) {
   do {
     let realm = try Realm()

     let gpxreader = GPXReader() 
     let points = gpxreader.read(GPXUrl: gpxURL) // GPX(XMLを読み込んで、List<Point>()を返す
     let routeItem = RouteItem()

     routeItem.name = routeName
     routeItem.secNum = sectionNum
     routeItem.route = points
     try! realm.write {
        print("createFunc(1)",routeItem.route[0].latitude)
        print("createFunc(2)",routeItem.route[0]["latitude"]
        realm.add(routeItem)
        print("createFunc(3)",routeItem.route[0].latitude)
        print("createFunc(4)",routeItem.route[0]["latitude"]
     }
   } catch {
     print(error)
   }
  }
}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

(2)(4)で取得できて、(3)で取得できない理由は公式文書で記載箇所を確認した訳ではないですが、
realm.addされると、マネージドオブジェクト(realm側で管理するオブジェクト)になり、
プロパティではなく、辞書型で管理されるってことだと思います。
なので、管理前(realm.add前)はrouteItem.route[0].latitude(プロパティ)とかけていたのが、
途端に書けなくなり、辞書型で管理され、routeItem.route[0]["latitude"](辞書型)で表示となるようです。

しかし、保存前にletで用意したrouteItemをそのまま使い続けることは通常ないので、
そこを疑問に感じて解決しなくても、登場することはないと思います。

RealmのListは使い勝手が少し悪い印象で、
SQLなどと違い、RealmObjectのList以下を条件検索とか並び替えが簡単にできないからです。

今回の場合は、RouteItemとList<Point>()のPoint"s"に共通IDを持たせて、Listを使わず管理し、
それを元にRealm側で検索できるようにする方が便利なのではないかなって思います。

目的の最大値の取得ですが、

let maxLatitude = realm.objects(Point.self).filter("id == '******'").sorted(byKeyPath: "latitude").first


などで取得できると思います。

ちなみに順番はどうするんだという問題に関しては、gpsに記録されているDateを追加し、
登録された順番を持たせるといいのではないでしょうか?

RouteItemの名前毎もそうですが、日付順にデータを並び替えたり、取り出せた方がいいですよね?

追伸①、
let realm = Realm()は何度も登場するものですし、
privateなメンバー変数にしておいた方が便利ですよ。
private var realm: Realm!と入れ替えを。

追伸②、
RealmObjectに値を代入する時、アンマネージドオブジェクトならできますが、
writeの中で行う方が安全ですよ。
ex) routeItem.route = points とか
なぜなら、マネージドオブジェクトの変更なども混ざってくると、
どこは外に書いてもOKなのか、
どこをwriteの中に書かないといけないのかわかりずらくなると思いますので。
全部writeの中に書くようにしておく方が安全だと思います。

追伸③
イメージがつきやすいようにサンプルを適当に作ってみました。
(一部RouteItem, PointsとなっているのをTrip, GPSPointと読み替えてください)

イメージ説明

class Trip: Object {
  @objc dynamic var id: Int = 0
  @objc dynamic var name: String = ""
  @objc dynamic var start: Date = Date()
  @objc dynamic var end: Date = Date()
  @objc dynamic var description: String = ""
}

class GPSPoint: Object {
  @objc dynamic var tripId: Int = 0
  @objc dynamic var timestamp: Date = Date()
  @objc dynamic var longitude: Double = 0.0
  @objc dynamic var latitude: Double = 0.0
}

例えば、タイ貧乏旅行(id=1)とすると、
タイ貧乏旅行でのGPSPointは全部tripId = 1で登録する。
MasterViewでタイ貧乏旅行を押したら、tripId=1をDetailViewにpushする。
DetailViewではtripId=1で検索をかけて表示をする
こういうのが一般的だと思います。
List<*>を持たせると、無駄に肥大化したデータを扱わないといけなくなると思います。

GPXファイルの読み込みも、viewDidLoadや場合によっては違うViewで読み込み、Realmに保存し、
表示はTableViewもしくはMapViewで行うのが普通だと思うので、
別々の場所になると思いますよ。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/08/21 03:14 編集

    丁寧にわかりやすい図まで作ってくださって本当にありがとうございます...!!


    routeManager.routeItem"s"のrouteItemが実際にはRealmを通して自動で値が更新されているのに、勘違いしてrouteManager内に直接routeItemが保持されていると思って質問してました。なので、利用しないということは理解できました。


    勘違いに気づいてまた疑問を持ったのですが、routeManagerはAppDelegateでインスタンス化されているので、複数のViewControllerからrouteManagerを通してrouteItemにもアクセスできます。ただ、var realm = try! realmとして、realm.objects(RouteItem.self)としても取得(変更も)可能ですよね...? Realmを使う場合はどちらからアクセスするのが一般的(妥当)ですか?


    RouteItemとPointsを分離させてみたら、プロパティでアクセスできました。どうやら、List<List<Object>>な深いネスト(?)の型がダメだったようです。
    pointsはルートを表しているので、1つのrouteItemに複数のPointを紐づける必要があって、そうするとPointsの中身(図だとGPXPointsに相当するところ)にList<Points>をもつ方法しか思い浮かばないのですが、Listを使わずともかけるのでしょうか?

    gitlabに一応ソースコードを載せてあるのでリンクを貼っておきます。
    (分離させた方は、ブランチ(#1)を切って変更しました。)
    ご指摘してくださった点でまだ直り切ってないところがあったらごめんなさい。。。
    https://gitlab.com/tsupiano/gr-timer

    キャンセル

  • 2019/08/21 08:38

    通常はラッパークラスを持たせる(routeManager等)ということは、
    以後はラッパークラスを通して、やり取りをするということになります。

    Realmの仕様変更で書き方が変わってしまった場合などがあると、
    Realmで直接各Viewに書いている全部変更をかけないといけなくなるなどの不都合が出てくるからです。

    キャンセル

  • 2019/08/21 12:35

    なるほど、良く分かりました!

    色々と親切に教えてくださってありがとうございます。
    大変勉強になりました。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.35%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る