質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
Ruby

Rubyはプログラミング言語のひとつで、オープンソース、オブジェクト指向のプログラミング開発に対応しています。

Ruby on Rails

Ruby on Railsは、オープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。「同じことを繰り返さない」というRailsの基本理念のもと、他のフレームワークより少ないコードで簡単に開発できるよう設計されています。

受付中

show間で移動する際に、ransackが解除される問題の解決

KOO_
KOO_

総合スコア58

Ruby

Rubyはプログラミング言語のひとつで、オープンソース、オブジェクト指向のプログラミング開発に対応しています。

Ruby on Rails

Ruby on Railsは、オープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。「同じことを繰り返さない」というRailsの基本理念のもと、他のフレームワークより少ないコードで簡単に開発できるよう設計されています。

2回答

0評価

0クリップ

275閲覧

投稿2019/08/20 02:52

編集2022/01/12 10:55

こんにちは。

現在プログラミングの構築を行なっており、その中で現在showからshowに移動するプログラムを書いています。

<% if prev_customer = @customer.prev_customer %> <%= link_to "前へ", customer_path(prev_customer), class: "prev btn btn-danger" %> <% end %> <% if next_customer = @customer.next_customer %> <%= link_to "次へ", customer_path(next_customer), class: "next btn btn-danger" %> <% end %>

具体的なプログラムは上記となります。

modelでは

def next_customer Customer.where("id > ?", id).first end def prev_customer Customer.where("id < ?", id).last end

と記載しております。

これでも
show/1, show/2, show/3と移動するのですが、これから導入したいこととして、ransackで検索されたindexを元にしてshowを反映させたいと考えております。

例えばransackで検索して、
show/5, show/19, show/23
がindexに抽出された場合、showから直接移動しても上記のように移動するようにしたいのですが、現行のプログラムでは、
show/5, show/6, show/7
と次の数字に移動してしまいます。

要はindexで検索された内容がshowで解除されてしまうため、ransackの条件をshowでも残したいと考えております。

ここを解決する方法は何かないでしょうか?

def index @type = params[:type] @q = Customer.ransack(params[:q]) @customers = @q.result.page(params[:page]).per(100) end def show @q = Customer.ransack(params[:q]) @customer = @q.result.find(params[:id]) end

indexの検索条件は以下のようになります。

<div class="heading"><h2>リスト検索</h2></div> <!--検索機能実装--> <%= search_form_for @q do |f| %> <table width = "90%"> <col width="20%"> <col width="30%"> <col width="20%"> <col width="30%"> <tbody> <tr> <th colspan = "4">検索</th> </tr> <tr> <th>会社名</th> <td><%= f.search_field :company_cont, type: "text" %></td> <th>店舗名</th> <td><%= f.search_field :store_cont, type: "text" %> </td> </tr> <tr> <th>代表者</th> <td><%= f.search_field :first_name_cont, type: "text" %></td> <th>ダイヒョウ</th> <td><%= f.search_field :first_kana_cont, type: "text" %></td> </tr> <tr> <th>電話番号1</th> <td><%= f.search_field :tel_cont, type: "text" %></td> <th>電話番号2</th> <td><%= f.search_field :tel2_cont, type: "text" %></td> </tr> <tr> <th>FAX番号</th> <td><%= f.search_field :fax_cont, type: "text" %></td> <th>業種</th> <td><%= f.search_field :industry_cont, type: "text" %></td> </tr> <tr> <th>メール</th> <td><%= f.search_field :mail_cont, type: "text" %></td> <th>URL</th> <td><%= f.search_field :url_cont, type: "text" %></td> </tr> <tr> <th>人数</th> <td><%= f.search_field :people_cont, type: "text" %></td> <th>住所</th> <td><%= f.search_field :address_cont, type: "text" %></td> </tr> <!-- #TPD #2018.12.14 --> <tr> <th>最終コール状態</th> <td><%= select_tag "last_call[statu]", options_for_select( [""] + Call.StatuItems, @last_call_params[:statu] ) %></td> <th>再コール日時</th> <td></td> </th> <tr> <th>最終コール日時(最初)</th> <td> <div class='input-group date' id='created_at_from_datetimepicker'> <%= text_field_tag "last_call[created_at_from]", @last_call_params[:created_at_from], class: "form-control" %> <span class="input-group-addon"> <span class="glyphicon glyphicon-calendar"></span> </span> </div> </td> <th>最終コール日時(最後)</th> <td> <div class='input-group date' id='created_at_to_datetimepicker'> <%= text_field_tag "last_call[created_at_to]", @last_call_params[:created_at_to], class: "form-control" %> <span class="input-group-addon"> <span class="glyphicon glyphicon-calendar"></span> </span> </div> <%# text_field_tag "last_detail[created_at_from]", @last_detail_params[:created_at_from], class: "datetimepicker" %> <%# text_field_tag "last_detail[created_at_to]", @last_detail_params[:created_at_to], class: "datetimepicker" %> </td> </tr> <tr> <th colspan = "4" ><%= f.submit '検索' %></th> </tr> <% end %> </tbody> </table>

追加修正

show

<% if prev_customer = @customer.prev_customer %> <%= link_to "前へ", customer_path(@prev_customer, q: params[:q]), class: "prev btn btn-danger" %> <% end %> <% if next_customer = @customer.next_customer %> <%= link_to "次へ", customer_path(@next_customer, q: params[:q]), class: "next btn btn-danger" %> <% end %>

index

<% @customers.each do |customer| %> <tr> <td><%= link_to customer.company, customer_path(customer, q: params[:q]) %></td> <td><%= link_to customer.first_name, customer_path(customer, q: params[:q]) %></td> <td><%= customer.tel %></td> <td><%= customer.mail %></td> <td><%= link_to '編集', edit_customer_path(customer), class: 'command'%> <%= link_to '削除', customer_path(customer), method: :delete, class: 'command', data: { confirm: '本当に削除しますか?'} %></td> <% end %>

controller

def before @before_customer = Customer.where("id > ?", id).first end def next @next_customer = Customer.where("id < ?", id).last end def show @q = Customer.ransack(params[:q]) @customer = @q.result.find(params[:id]) end

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Ruby

Rubyはプログラミング言語のひとつで、オープンソース、オブジェクト指向のプログラミング開発に対応しています。

Ruby on Rails

Ruby on Railsは、オープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。「同じことを繰り返さない」というRailsの基本理念のもと、他のフレームワークより少ないコードで簡単に開発できるよう設計されています。