質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.37%

EclipseからAndroid Studioへの乗り換えでのエラーの多発と対処方法のアドバイス

受付中

回答 2

投稿

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 1,296

score 6

Eclipseで開発済みのアプリをAndroid Studioの環境に移行したい、ということが前提です。
そのため、Source codeには一部Warningがありますが、正常にCompile→実機動作となっています。

基本的には、Android StudioのEclipse ProjectのImportを使用し、一部他のアプリとの供用部分については、Import後package名を変更(なぜか、先頭に"src."が付いていて、Errorとなっていました)したりしましたがErrorが収まらず、Web Searchでappのbuild.Gradleやアプリのbuild.gradleを修正したりしましたが、現時点で以下のErrorにより手の施しようがない状態です。

発生している問題・エラーメッセージ

Logについては、以下の通り(該当部分を一括して抜粋したので、行数が多いです)で、
2019-08-17 03:15:10,293 [ thread 11]   WARN - WhatsNewAssistantBundleCreator - https://developer.android.com/studio/releases/assistant/3.4.2.xml 
java.io.FileNotFoundException: https://developer.android.com/studio/releases/assistant/3.4.2.xml
at sun.net.www.protocol.http.HttpURLConnection.getInputStream0(HttpURLConnection.java:1872)
at sun.net.www.protocol.http.HttpURLConnection.getInputStream(HttpURLConnection.java:1474)
at sun.net.www.protocol.https.HttpsURLConnectionImpl.getInputStream(HttpsURLConnectionImpl.java:254)
の箇所でFileNotFoundとなっており、BrowserでURLを叩いても、確かに存在しないことは確認できました。
見ての通り、Https通信のため、HttpsURLConnectionを使用しています。

エラーメッセージ

2019-08-17 03:15:10,278 [ thread 16]   INFO - pl.projectlevelman.NewMappings - VCS Root: [] - [<Project>] 
2019-08-17 03:15:10,293 [ thread 11]   WARN - WhatsNewAssistantBundleCreator - https://developer.android.com/studio/releases/assistant/3.4.2.xml 
java.io.FileNotFoundException: https://developer.android.com/studio/releases/assistant/3.4.2.xml
    at sun.net.www.protocol.http.HttpURLConnection.getInputStream0(HttpURLConnection.java:1872)
    at sun.net.www.protocol.http.HttpURLConnection.getInputStream(HttpURLConnection.java:1474)
    at sun.net.www.protocol.https.HttpsURLConnectionImpl.getInputStream(HttpsURLConnectionImpl.java:254)
    at com.android.tools.idea.whatsnew.assistant.WhatsNewAssistantBundleCreator.downloadConfig(WhatsNewAssistantBundleCreator.java:221)
    at com.android.tools.idea.whatsnew.assistant.WhatsNewAssistantBundleCreator.updateConfig(WhatsNewAssistantBundleCreator.java:209)
    at com.android.tools.idea.whatsnew.assistant.WhatsNewAssistantBundleCreator.isNewConfigVersion(WhatsNewAssistantBundleCreator.java:133)
    at com.android.tools.idea.whatsnew.assistant.WhatsNewAssistantCheckVersionTask.run(WhatsNewAssistantCheckVersionTask.kt:34)
    at com.intellij.openapi.progress.impl.CoreProgressManager$TaskRunnable.run(CoreProgressManager.java:727)
    at com.intellij.openapi.progress.impl.CoreProgressManager.lambda$runProcess$2(CoreProgressManager.java:164)
    at com.intellij.openapi.progress.impl.CoreProgressManager.registerIndicatorAndRun(CoreProgressManager.java:582)
    at com.intellij.openapi.progress.impl.CoreProgressManager.executeProcessUnderProgress(CoreProgressManager.java:532)
    at com.intellij.openapi.progress.impl.ProgressManagerImpl.executeProcessUnderProgress(ProgressManagerImpl.java:87)
    at com.intellij.openapi.progress.impl.CoreProgressManager.runProcess(CoreProgressManager.java:151)
    at com.intellij.openapi.progress.impl.CoreProgressManager$4.run(CoreProgressManager.java:403)
    at com.intellij.openapi.application.impl.ApplicationImpl$1.run(ApplicationImpl.java:314)
    at java.util.concurrent.Executors$RunnableAdapter.call(Executors.java:511)
    at java.util.concurrent.FutureTask.run(FutureTask.java:266)
    at java.util.concurrent.ThreadPoolExecutor.runWorker(ThreadPoolExecutor.java:1142)
    at java.util.concurrent.ThreadPoolExecutor$Worker.run(ThreadPoolExecutor.java:617)
    at java.lang.Thread.run(Thread.java:745)
2019-08-17 03:15:10,512 [entQueue-0]   INFO - tor.impl.FileEditorManagerImpl - Project opening took 8283 ms 
2019-08-17 03:15:10,668 [entQueue-0]   INFO - j.ide.ui.OptionsTopHitProvider - 62 ms spent to cache options in project 

### 該当のソースコード

ここに言語名を入力
app/build.gradle
apply plugin: 'com.android.application'

android {
compileSdkVersion 29
buildToolsVersion '29.0.2'

defaultConfig {
applicationId "jp.gr.java_conf.flightassistance"
targetSdkVersion 28
minSdkVersion 14
}

buildTypes {
release {
minifyEnabled false
proguardFiles getDefaultProguardFile('proguard-android.txt'), 'proguard-rules.txt'
multiDexEnabled = true
}
}
compileOptions {
sourceCompatibility = '1.8'
targetCompatibility = '1.8'
}
}

dependencies {
compile "com.android.support:support-v4:28.0.0"
compile 'com.google.android.gms:play-services:12.0.1'
compile 'com.google.android.gms:play-services-location:17.0.0'
compile 'com.google.firebase:firebase-core:17.0.1'
compile 'com.google.firebase:firebase-auth:18.1.0'
compile 'com.google.firebase:firebase-messaging:19.0.1'
compile 'com.android.support:appcompat-v7:28.0.0'
compile files('libs/tagsoup-1.2.1.jar')
compile files('libs/sc-light-jdk15on-1.47.0.2.jar')
compile files('libs/scpkix-jdk15on-1.47.0.2.jar')
compile files('libs/scprov-jdk15on-1.47.0.2.jar')
}

アプリ/build.gradle
ext {
var = '28.0.0'
}// Top-level build file where you can add configuration options common to all sub-projects/modules.
buildscript {
ext.kotlin_version = '1.3.20'
repositories {
google()
jcenter()
}
dependencies {
classpath 'com.android.tools.build:gradle:3.3.2'
classpath "org.jetbrains.kotlin:kotlin-gradle-plugin:$kotlin_version"
}
}

allprojects {
repositories {
google()
jcenter()
}
}

task clean(type: Delete) {
delete rootProject.buildDir
}

試したこと

正直、ここまで到達するのに、8時間程度消費しているため、上記の通り、ErrorとなっているURLの存在の確認程度です。

2019-08-17 03:15:10,293 [ thread 11]   WARN - WhatsNewAssistantBundleCreator - https://developer.android.com/studio/releases/assistant/3.4.2.xml 
java.io.FileNotFoundException: https://developer.android.com/studio/releases/assistant/3.4.2.xml
at sun.net.www.protocol.http.HttpURLConnection.getInputStream0(HttpURLConnection.java:1872)
at sun.net.www.protocol.http.HttpURLConnection.getInputStream(HttpURLConnection.java:1474)
at sun.net.www.protocol.https.HttpsURLConnectionImpl.getInputStream(HttpsURLConnectionImpl.java:254)
の箇所でFileNotFoundとなっており、BrowserでURLを叩いても、確かに存在しないことは確認できました。
見ての通り、Https通信のため、HttpsURLConnectionを使用しています。

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

Android Studio:3.4.2
Gradle:5.1.1
基本的に最新のVersionのはずです(必ずしも最新が良いとは思いませんが…)

ぼちぼち、Android Studioは開発に使用するのは不可との判定をするころあいかもしれません(所詮、Eclipseで開発/更新ができていますから、無理に開発環境でJavaのExceptionをReportする環境に移行する必要まない気もしますし…)。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • HQK03654

    2019/08/18 15:33

    実は、27、28と試したのですが、何ら変わらず…(正しく入っていたかは、疑問の余地がありますが…)。

    キャンセル

  • yukke_

    2019/08/18 17:23

    一度今のプロジェクト(Android Studioに入っている方)は無視して、新たにインポートし直して
    Migrate to AndroidXは行わない形で進めるのをおすすめします。

    一応補足に突っ込ませて頂くと、2016年にとっくにサポートが切れ、Android8.0以降に対応できず、Android9.0に対応しないとGooglePlayにアプリが上げられなくなる(参考→https://developer.android.com/distribute/best-practices/develop/target-sdk?hl=JA)状況で、さらに今からEclipseで開発できる環境を作るのはまずできないので他の人に受け渡せない、そんな状態でEclipseで開発し続けるメリットはありません。

    キャンセル

  • kakajika

    2019/08/19 08:18

    > なぜか、先頭に"src."が付いていて、Errorとなっていました
    この現象から察するに、プロジェクト内のファイル構成とbuild.gradleの設定が噛み合っていないのではないかと思います。
    問題が起きているのはライブラリモジュール(Eclipseでいうところの、ライブラリプロジェクト)の方でしょうか?build.gradleを拝見する限り他のモジュールへの参照が見当たりませんが、それらのプロジェクトは正しくドキュメントに沿ってモジュールとしてインポートされましたか?
    https://developer.android.com/studio/intro/migrate#import-module

    キャンセル

回答 2

0

存在しないものはなにをどうやってもどーしよーもないので、
それをどうにかしましょうよ。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

0

android studio で新規プロジェクトを作り, 下位クラスから一つずつコピペ → コンパイル確認したほうが確実な場合もあるかと思います.

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/08/18 15:32

    はじめはそれも考えましたが、メインモジュールに対して、サポートモジュール(他のアプリと共用)が内製22、外部3で、それぞれ疎結合とはいえ、なければ参照なしのエラーが出るのは明らかで、仮に強行する場合アプリ自体の作り直し(該当箇所のコメントアウト等を考えて)に等しくなりますので、その場合、Android Studioを捨てる方がコストメリットがあると判断しました。
    別案としてXamarinという手もありますし(実際こちらでかなり作りこみましたが、一部のLibraryに不具合が認められ、MSへ報告後、MSから解析中との回答でPending)。

    キャンセル

  • 2019/08/18 17:15

    移行のメリット・デメリットに関しましてはこちらには判断できませんが, 結局一括移行は出来ていないようですので, このまま続けるか, 別の手を考えるか, 移行を止めるかの選択として, 一応「泥臭く確実に」やる方法もチラとでもテーブルに乗せておいたほうがと思い, ご提案しました.

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.37%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る