質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.34%

Springで謎のエラーが出てしまいます

解決済

回答 2

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 19K+

score 31

前提・実現したいこと

閲覧いただきありがとうございます。
Javaの超初心者です。
Eclipse4.5 MarsとSpringを使ってJavaプログラムを作成しています。
ただ、環境が壊れてしまい、一からEclips、Springをインストール
してプロジェクトを作成しているのですが、サーバーを起動した時点で
以下のようなエラーが発生してしまいます。
手順は下記のとおりで特におかしいことはしていないと思います。
どこに原因があるのかどなたかご教授いただけないでしょうか。
【手順】
①Eclipse4.5 Mars Pleiades All in Oneをダウンロード。
②7-ZipでC:直下に①の圧縮ファイルを解凍。
③環境変数Pathに「C:\pleiades\java\8\bin;」を追記、CLASSPATHに「.」を追記。
④Eclipseを起動。
⑤ウィンドウ>設定>Tomcat>JVM設定にて「JRE」をjava6からjava8に変更。
⑥ウィンドウ>設定>一般>コンテンツ・タイプ>テキスト>Javaプロパティー・ファイルの「デフォルト・エンコード」をUTF-8に変更。
⑦ウィンドウ>設定>一般>エディター>*.propertiesの「関連付けられたエディター」のLimyプロパティ・エディターをデフォルトに設定。
⑧ウィンドウ>設定>一般>ネットワークにて「アクティブ・プロバイダー」をネイティブからマニュアルに変更。
⑨⑧の画面でスキーマ:HTTPおよびHTTPSについて「ホスト」「ポート」(8080)「認証」「ユーザー」「パスワード」を設定、保存。
⑩ヘルプ>Eclipseマーケットプレイスにて"sts"で検索しても何もヒットしないため、代わりに「新規ソフトウェアインストール」にて「作業対象」にhttp://dist.springsource.com/release/TOOLS/update/e4.5を入力実行、表示されたソフトウェアを「すべて選択」しインストール。のち、再起動。
⑪ファイル>新規>その他>Spring>Spring Legacy Project>Spring MVC Projectを選択、プロジェクト名に「unit01」と入力。プロジェクトを作成。
⑫「unit01」を右クリック>プロパティ>Javaのビルド・パス>ライブラリにて「JREシステム・ライブラリ[JavaSE-1.6]」を「JREシステム・ライブラリ[JavaSE-1.8]」に変更。
⑬「unit01」を右クリック>プロパティ>プロジェクト・ファセット>Javaのバージョンを1.6から1.8に変更。
⑭⑪で作成されたPOM.xmlの内容が古いため、「java-version」を1.8に、「org.springframework-version」を4.3.7.RELEASEに、「build>plugin>configuration>source」を1.8に、同じく、「build>plugin>configuration>target」を1.8に変更、保存。
⑮POM.xmlを修正したため、「unit01」を右クリック>プロパティ>実行>Maven Installを実行。
⑯⑮が完了したら、「unit01」を右クリック>Maven>プロジェクトの更新を実行。
⑰サーバービューにて「サーバーのタイプ」をTomcat v8.0サーバーに、「サーバー・ランタイム環境」をTomcat8(Java8)に変更してサーバーを作成。
⑱⑰にて作成したサーバーを「構成済み」に追加して、完了。
⑲サーバを▶ボタンで開始。

発生している問題・エラーメッセージ

ERROR: org.springframework.web.context.ContextLoader - Context initialization failed
org.springframework.beans.factory.xml.XmlBeanDefinitionStoreException: Line 4 in XML document from ServletContext resource [/WEB-INF/spring/root-context.xml] is invalid; nested exception is org.xml.sax.SAXParseException; lineNumber: 4; columnNumber: 129; cvc-elt.1: 要素'beans'の宣言が見つかりません。
    at 
  ・
  ・
  ・
    at org.springframework.beans.factory.xml.XmlBeanDefinitionReader.doLoadBeanDefinitions(XmlBeanDefinitionReader.java:391)
    ... 22 more
重大: クラス org.springframework.web.context.ContextLoaderListener のリスナインスタンスにコンテキスト初期化イベントを送信中の例外です [木 7 25 14:58:15 JST 2019]
重大: One or more listeners failed to start. Full details will be found in the appropriate container log file [木 7 25 14:58:15 JST 2019]
重大: 以前のエラーのためにコンテキストの起動が失敗しました [/address] [木 7 25 14:58:15 JST 2019]
情報: Closing Spring root WebApplicationContext [木 7 25 14:58:15 JST 2019]
INFO : org.springframework.web.context.support.XmlWebApplicationContext - Closing Root WebApplicationContext: startup date [Thu Jul 25 14:58:15 JST 2019]; root of context hierarchy
WARN : org.springframework.web.context.support.XmlWebApplicationContext - Exception thrown from LifecycleProcessor on context close
java.lang.IllegalStateException: LifecycleProcessor not initialized - call 'refresh' before invoking lifecycle methods via the context: Root WebApplicationContext: startup date [Thu Jul 25 14:58:15 JST 2019]; root of context hierarchy
    at org.springframework.context.support.AbstractApplicationContext.getLifecycleProcessor(AbstractApplicationContext.java:417)
    at org.springframework.context.support.AbstractApplicationContext.doClose(AbstractApplicationContext.java:1002)
    at org.springframework.context.support.AbstractApplicationContext.close(AbstractApplicationContext.java:961)
    at org.springframework.web.context.ContextLoader.closeWebApplicationContext(ContextLoader.java:583)
    at org.springframework.web.context.ContextLoaderListener.contextDestroyed(ContextLoaderListener.java:116)
    at org.apache.catalina.core.StandardContext.listenerStop(StandardContext.java:4859)
    at org.apache.catalina.core.StandardContext.stopInternal(StandardContext.java:5478)
    at org.apache.catalina.util.LifecycleBase.stop(LifecycleBase.java:224)
    at org.apache.catalina.util.LifecycleBase.start(LifecycleBase.java:159)
    at org.apache.catalina.core.ContainerBase$StartChild.call(ContainerBase.java:1408)
    at org.apache.catalina.core.ContainerBase$StartChild.call(ContainerBase.java:1398)
    at java.util.concurrent.FutureTask.run(FutureTask.java:266)
    at java.util.concurrent.ThreadPoolExecutor.runWorker(ThreadPoolExecutor.java:1142)
    at java.util.concurrent.ThreadPoolExecutor$Worker.run(ThreadPoolExecutor.java:617)
    at java.lang.Thread.run(Thread.java:745)
重大: クラス org.springframework.web.context.ContextLoaderListener のリスナインスタンスにコンテキスト破棄イベントを送信中の例外です [木 7 25 14:58:15 JST 2019]
情報: Starting ProtocolHandler ["http-nio-8080"] [木 7 25 14:58:15 JST 2019]
情報: Starting ProtocolHandler ["ajp-nio-8009"] [木 7 25 14:58:15 JST 2019]
情報: Server startup in 2682 ms [木 7 25 14:58:15 JST 2019]

試したこと

・何回か同じことを実施しましたが、毎回同じ結果です。
・Eclipse2018-09で同じことを行おうとすると、別のエラー(※)が発生して事象を確認できませんでした。
※servlet-context.xml,root-context.xmlにて「'beans:beans'の宣言が見つかりません」と表示されてしまう。
【2019.8.1追記】
rubytomato様の手順の実行結果をご報告いたします。
■環境変数pathに通してあるjava.exeの確認
↓のように今まで環境変数pathには何も通していませんでした。これが原因でしょうか・・・
イメージ説明
■ダウンロードファイルの検証
問題なし。
■サーバーの登録
問題なし。
■プロジェクトの確認
↓のように、赤いマーク(エラー)が表示されています。rubytomato様のスクショと微妙に違うのが気になります。
イメージ説明
■プロジェクトの起動確認
↓のようにエラーとなってしまいます。
イメージ説明
■手順にはないですが・・・
この時点でパッケージ・エクスプローラーを確認すると、servlet-context.xmlおよびroot-context.xmlにエラーが出ています。
イメージ説明
イメージ説明
とりあえず、途中経過をご報告いたします。

【2019.8.6追記】
rubytomato様の手順の実行結果をご報告いたします。
■https://start.spring.io/画面に遷移すると、下記のように何も表示されず、何も入力できない画面が表示されて先に進めない。
イメージ説明
イメージ説明

【2019.8.7追記】
rubytomato様の手順の実行結果をご報告いたします。
ブラウザをchromeに変えたら処理を続行できました。
その時の最後のハードコピーです。
イメージ説明

【2019.8.8追記】
rubytomato様の手順の実行結果をご報告いたします。
unit01でプロジェクト更新を行った後の画面です。
イメージ説明

【2019.8.9追記】
rubytomato様の手順の実行結果をご報告いたします。
イメージ説明
イメージ説明
【2019.8.19追記】
rubytomato様の手順の実行結果をご報告いたします。
イメージ説明

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • asahina1979

    2019/08/06 09:02

    maven依存関係を再ダウンロードしよう

    キャンセル

  • usako

    2019/08/06 11:25

    asahina1979様、コメントありがとうございます。
    >maven依存関係を再ダウンロードしよう
    とは、「プロジェクト右クリック」⇒「実行」⇒「Maven install」を行うということでしょうか。

    キャンセル

  • asahina1979

    2019/08/09 06:58

    mvn dependency:purge-local-repository

    か .m2/repository 以下を削除するか

    どっちか

    キャンセル

回答 2

+2

主な原因は、Spring設定ファイルの冒頭部に記載しているXMLスキーマのURLが参照できないか、XMLスキーマで指定しているURLに対するSpringのjarファイルが存在していない場合に発生します。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/07/26 07:55

    A-pZ様、ご回答ありがとうございます。
    質問させていただきたいのですが、「Spring設定ファイル」とはどのファイルを指すのでしょうか?

    キャンセル

  • 2019/08/06 12:29

    SpringのBean定義が書かれているxmlファイルです。applicationContext.xml が一般的です。

    キャンセル

  • 2019/08/06 13:40 編集

    A-pZ様、返信ありがとうございます。
    プロジェクトの中を探してみたのですが、applicationContext.xml というファイルが探せませんでした。代わりにservlet-context,root-contextというファイルが存在しています。確かに両ファイルともにヘッダのほうにhttp=・・・,https=・・・という記述がありEclipse上で、
    - cvc-elt.1: 要素 'beans' の宣言が見つかりません。
    - schema_reference.4: スキーマ文書 'https://www.springframework.org/schema/beans/spring-beans.xsd&#039; を読み取ることに失敗しました。原因は、1) 文書が見つかりませんでした、2) 文書の読み取りができませんでした、3) 文書のルート要素が <xsd:schema> でありません。
    というエラーが発生しており、xmlに記載してあるファイルが見えていないように読めるます。
    ただ、そのサイトをEclipseの内部Webブラウザで指定するとちゃんとサイトやXmlの中身が見れています。何か他に調べるべき場所はありますでしょうか。

    キャンセル

checkベストアンサー

+1

Eclipse2018-09で同じことを行おうとすると、別のエラー(※)が発生して事象を確認できませんでした。

ということですが、お手数でなければ、以下の方法でもう一度インストールのところから環境構築を行ってみてください。

環境構築手順

概要

  • Eclipse 2018-09バージョンをダウンロードから始めます。
  • すでにインストールされているEclipseとは別の場所へインストールします。
  • ワークスペースも新しく作成します。

□事前準備

環境変数pathに通してあるjava.exeの確認

コマンドプロンプトを起動し以下のコマンドを実行。
※実行結果が複数表示されたらその内容を教えてください。

> where java.exe

③環境変数Pathに「C:\pleiades\java\8\bin;」を追記、CLASSPATHに「.」を追記。

上記で追加したC:\pleiades\java\8\bin;を環境変数pathから除外。(コマンドプロンプトから使うことがなければ不要です)
また、環境変数CLASSPATHがこの環境構築のためだけに追加したのであれば、環境変数自体を削除。(他の用途でも利用しているのであれば、削除せず追加した.のみ除外)

ローカルリポジトリのクリーンアップ

※この作業は念のために行います。

ユーザーホームディレクトリにある.m2ディレクトリをエクスプローラで開きます。
ドットから始まるファイルやディレクトリは隠しファイルという扱いなので、エクスプローラーが隠しファイルを表示する設定になっていないと表示されません。
その場合はエクスローラーのアドレスバーに%HOME%\.m2と入力して直接開いてください。

.m2ディレクトリにrepositoryディレクトリがあると思いますが、ここにはMavenがダウンロードしてきたJavaのライブラリがキャッシュされています。
その中から以下の場所にあるspringframeworkディレクトリを削除します。

.m2/repository/org/springframework

Eclipseとワークスペース用のディレクトリの作成

Cドライブ直下にdevという名前のディレクトリを作成、さらにdevの中にworkspace-2018-09というディレクトリを作成。

C:\dev
    |
    `--- \workspace-2018-09

Eclipse 2018-09のダウンロードと展開

※お手数ですがダウンロードからもう一度行ってください。

Pleiades All in One ダウンロード よりEclipse 2018-09をダウンロード。

JavaのWindows 64bit版のFull Editionを選択。
※お使いのWindowsが32bit版であれば32bit版を選択してください。
イメージ説明

ちなみにこのページをスクロールしていくと、このバージョンにはSpring Tool Suite(STS) 3.9.6が同梱されていることが確認できます。
イメージ説明

Downloadボタンをクリックしてダウンロードを始め、ダウンロード画面に表示されているMD5の値をメモします。
イメージ説明

ダウンロードファイルの検証

サイズの大きなファイルをダウンロードしたときは、ファイルが正常であることを検証することをお勧めします。(ファイルが改ざんされていたり、データが欠損していないか確認できます。)

ダウンロードファイルがあるディレクトリでコマンドプロンプトを立ち上げ、以下のコマンドを実行します。

> certutil -hashfile pleiades-2018-09-java-win-64bit-jre_20181004.zip md5

MD5 ハッシュが画面に表示されるのでダウンロード画面に表示されていたMD5の値と同一であることを確認してください。

zipファイルの展開

zipファイルを展開して出来たpleiadesディレクトリをpleiades-2018-19にリネームしてC:\devへ移動させます。

C:\dev
    |
    `--- \pleiades-2018-09
    |
    `--- \workspace-2018-09

□eclipseの起動と設定

C:\dev\pleiades-2018-09\eclipse.exeをダブルクリックして起動します。
ワークスペースはC:\dev\workspace-2018-09を指定します。

ネットワークの設定

usakoさんの環境ではネットワークの設定が必要なようなので、⑧と⑨の設定は同じようにおこなってください。
(私の環境ではプロキシは不要なので、このあたりの設定は行っていません。)

⑧ウィンドウ>設定>一般>ネットワークにて「アクティブ・プロバイダー」をネイティブからマニュアルに変更。
⑨⑧の画面でスキーマ:HTTPおよびHTTPSについて「ホスト」「ポート」(8080)「認証」「ユーザー」「パスワード」を設定、保存。

Spring パースペクティブを開く

ウィンドウ → パースペクティブ → パースペクティブを開く → その他 → Spring
イメージ説明

Spring パースペクティブを開いた直後の状態。
ちなみに、それぞれの枠のことをビューといいます。なので画面左下のサーバーという枠はサーバービューで、画面下中央のコンソールはコンソールビューといいます。(通常はビューは付けずに、サーバーとかコンソールとかで通じますが、この回答ではビューを付けて記載します。)
イメージ説明

サーバーの登録

サーバービューの使用可能なサーバーがありません。このリンクをクリックして新規サーバーを作成してください...をクリック。

下図の新規サーバーの画面でサーバーのタイプにTomcat v8.5 サーバーを選択し完了ボタンをクリック。

イメージ説明

登録されたらサーバビューの緑色のアイコン(サーバーを始動)をクリック。
イメージ説明

コンソールビューにいろいろログが出力されますが一番最後に下記の"Server startup in xxxx ms"と出ていれば成功です。

情報: Server startup in 5441 ms [木 8 01 01:39:16 JST 2019]

赤い■アイコン(サーバを停止)をクリックしてTomcatを停止。

□Spring レガシー・プロジェクトの作成

プロジェクトの作成

ファイル(F) → 新規(N) → Spring レガシー・プロジェクトを選択。
イメージ説明

プロジェクト名に"unit01"と入力、テンプレートにSpring MVC Projectを選択し次へ(N)をクリック。
イメージ説明

パッケージ名に"com.example.app"と入力、完了(F)をクリック。
イメージ説明

プロジェクトが作成された直後の状態。
(ビルドが終わるまで少し時間がかかる場合があります)
イメージ説明

プロジェクトの起動確認

作成した直後の状態でプロジェクトが起動するか確認。

サーバビューのTomcat8をダブルクリックしモジュールタブをクリック、Webモジュールの設定画面でWebモジュールの追加...ボタンをクリック。
イメージ説明

unit01を追加しOKをクリック。
イメージ説明

アプリケーションを追加したらサーバビューのサーバーを始動をクリック。
ブラウザで次のURLにアクセスし、画面に"Hello world!"と表示されていれば成功です。

http://localhost:8080/app/

確認出来たら、赤い■アイコン(サーバを停止)をクリックしてTomcatを停止。

pom.xmlの編集

以下の箇所を編集。

変更点その1

<properties>
  <java-version>1.6</java-version>
  <org.springframework-version>3.1.1.RELEASE</org.springframework-version>
  <org.aspectj-version>1.6.10</org.aspectj-version>
  <org.slf4j-version>1.6.6</org.slf4j-version>
</properties>

変更後

<properties>
  <project.build.sourceEncoding>UTF-8</project.build.sourceEncoding>
  <java-version>1.8</java-version>
  <org.springframework-version>4.3.7.RELEASE</org.springframework-version>
  <org.aspectj-version>1.6.10</org.aspectj-version>
  <org.slf4j-version>1.6.6</org.slf4j-version>
</properties>

変更点その2

<!-- Servlet -->
<dependency>
  <groupId>javax.servlet</groupId>
  <artifactId>servlet-api</artifactId>
  <version>2.5</version>
  <scope>provided</scope>
</dependency>
<dependency>
  <groupId>javax.servlet.jsp</groupId>
  <artifactId>jsp-api</artifactId>
  <version>2.1</version>
  <scope>provided</scope>
</dependency>

変更後

<!-- Servlet -->
<dependency>
  <groupId>javax.servlet</groupId>
  <artifactId>javax.servlet-api</artifactId>
  <version>3.1.0</version>
  <scope>provided</scope>
</dependency>
<dependency>
  <groupId>javax.servlet.jsp</groupId>
  <artifactId>javax.servlet.jsp-api</artifactId>
  <version>2.3.0</version>
  <scope>provided</scope>
</dependency>

変更点その3

<plugin>
  <groupId>org.apache.maven.plugins</groupId>
  <artifactId>maven-compiler-plugin</artifactId>
  <version>2.5.1</version>
  <configuration>
      <source>1.6</source>
      <target>1.6</target>
      <compilerArgument>-Xlint:all</compilerArgument>
      <showWarnings>true</showWarnings>
      <showDeprecation>true</showDeprecation>
  </configuration>
</plugin>

変更後

<plugin>
  <groupId>org.apache.maven.plugins</groupId>
  <artifactId>maven-compiler-plugin</artifactId>
  <version>3.8.1</version>
  <configuration>
      <source>1.8</source>
      <target>1.8</target>
      <compilerArgument>-Xlint:all</compilerArgument>
      <showWarnings>true</showWarnings>
      <showDeprecation>true</showDeprecation>
  </configuration>
</plugin>

pom.xmlの編集が終わったら、プロジェクト名を右クリック → Maven(M) → プロジェクトの更新(U)をクリック。
プロジェクトが更新されるとJRE システム・ライブラリーJavaSE-1.8に変更されます。

home.jspの編集

図の場所にあるhome.jspを下記のように編集。
(home.jspのファイルエンコードがUTF-8であることを確認してください。)

イメージ説明

ファイルの先頭に追記。

<%@ page contentType="text/html; charset=UTF-8" %>
<%@ page pageEncoding="UTF-8"%>

以下の箇所を書き換え。

変更前

<h1>
    Hello world!
</h1>

変更後

<h1>
    ハローワールド!
</h1>

サーバービューの"ローカルホスト の Tomcat8(Java8)"を右クリック → クリーン(C)...を選択。
イメージ説明

サーバビューのサーバーを始動をクリック。
http://localhost:8080/app/ にアクセスして変更が反映されていれば成功です。

以上で開発環境の構築は完了です。

□補足

参考記事について

Spring Framework 4.3.7.RELEASEを使った開発の入門記事があったのでお知らせします。

はじめてのSpring MVCアプリケーション

Spring Tool Suite (STS)について

Eclipse 2018-09からSTSが同梱されていますが、それ以前のバージョンでは別途インストールする必要があります。
通常はマーケットプレースからインストールできますが、検索文字に"STS"ではなく"spring"を使うと検索できると思います。

図はEclipse 4.5 Marsの場合
イメージ説明

Windows Defender ファイアウォールについて

eclipseをインストールしてから初めてアプリケーションを起動したときに、図のようなウィンドウが表示されることがあります。
このときにアクセスを許可しないと、正常に動作しないことがあります。

イメージ説明

□追記(2019/08/03)

settings.xmlにプロキシーを追記

mavenのsettings.xmlにプロキシーの設定を記述していなければ、プロキシーの設定を追記してください。
settings.xmlの場所はユーザーホームディレクトリの.m2/settings.xmlです。

以下の内容をsettings.xmlに追記、さらにproxyのusername、password、host、portをお使いの環境にあわせて書き換えてください。(それぞれ2箇所)

  <proxies>
    <proxy>
      <id>optional-1</id>
      <active>true</active>
      <protocol>http</protocol>
      <username>proxyuser</username>
      <password>proxypass</password>
      <host>proxy.host.net</host>
      <port>8080</port>
    </proxy>
    <proxy>
      <id>optional-2</id>
      <active>true</active>
      <protocol>https</protocol>
      <username>proxyuser</username>
      <password>proxypass</password>
      <host>proxy.host.net</host>
      <port>8080</port>
    </proxy>
  </proxies>

書き換えが終わったらeclipseを起動し、以下の設定を行ってください。

ウィンドウ(W) → 設定(P) → Maven → ユーザー設定で設定画面を開き、ユーザー設定のファイルを開くをクリックしてsettings.xmlが表示できることを確認。
その下の設定の更新ボタン、および索引再作成のボタンをそれぞれクリック。
最後に適用して閉じるボタンをクリック。

イメージ説明

プロジェクト名を右クリック → Maven(M) → プロジェクトの更新(U)をクリック。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/08/29 21:51

    > Geckoを搭載したブラウザからアクセスしてるよ」と言っているように思えたのですが、間違っておりますでしょうか。

    ブラウザが送信する"User-Agent"というヘッダ情報をログに出力しています。
    ユーザーエージェントの情報の読み取り方は別途お調べください。詳しく解説している情報が見つかると思います。

    キャンセル

  • 2019/08/30 08:46

    rubytomato様、返信ありがとうございます。
    >詳しく解説している情報が見つかると思います。
    はい!探してみます。
    環境が壊れたことに端を発し、色々なことを学ばせていただきました。まだあやふやな個所もありますが、復習して自分のものとしていきたいと思います。
    長い間、おつきあいいただいて本当に感謝しています。ありがとうございました!

    キャンセル

  • 2019/08/30 18:19

    解決できたようでなによりです。Javaの学習がんばってください。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.34%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る