質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.09%

python 画像認識

解決済

回答 2

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 3,104

score 31

pyautogui を用いて画像認識を行っています。

try:
locate = pyautogui.locateCenterOnScreen('search.png')
pg.click(locate)
except:
pg.alert(text='探索失敗', button='OK')

上記ソースで、pyautogui.locateCenterOnScreen('search.png')が見つからなかった場合に
例外(Except)で補足しています。

上記でも実装できるのですが、IF文のような形で分岐させることはできないでしょうか。

IF pyautogui.locateCenterOnScreen('search.png')
画像発見時の処理
ELSE
画像がなかった時の処理
ENDIF

という風に記述をしたいと考えています。

可能かどうか教えていただきたいです。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

checkベストアンサー

0

pyautogui.locateCenterOnScreen のドキュメントはこちらにあります。

https://pyautogui.readthedocs.io/en/latest/screenshot.html#the-locate-functions

これをみると、見つからない場合は ImageNotFoundException を投げるという仕様になっています。
したがって、例外を用いない方法は不可能です。

コメントを受けての追記: 例外の補足の仕方

ImageNotFoundException は pyscreeze で定義されていますので、次のように import してから使ってください。

from pyscreeze import ImageNotFoundException 

try:
    locate = pg.locateCenterOnScreen('search3.png')
    pg.click(locate)
except ImageNotFoundException:
    pg.alert(text='探索失敗', button='OK')

コメントを受けての追記: pyscreeze の設定変更の仕方

pyautogui の内部で使われている pyscreeze が2度仕様変更しましたが、pyautogui が2度目の仕様変更に追従していないようです。

このため、pyscreeze が2度目の仕様変更の前の振る舞いをするように、以下のように設定してやる必要があります。

import pyautogui as pg
from pyscreeze import ImageNotFoundException 

# pyscreeze の設定
import pyscreeze
pyscreeze.USE_IMAGE_NOT_FOUND_EXCEPTION = True

try:
    locate = pg.locateCenterOnScreen('search3.png')
    pg.click(locate)
except ImageNotFoundException:
    pg.alert(text='探索失敗', button='OK')

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/06/30 21:29

    pyscreeze に以下のような記述がありました。

    # For version 0.1.19 I changed it so that ImageNotFoundException was raised
    # instead of returning None. In hindsight, this change came too late, so I'm
    # changing it back to returning None. But I'm also including this option for
    # folks who would rather have it raise an exception.

    pyautogui は pyscreeze を使っていますが、pyscreeze が2度仕様変更した(一度変更したものを元に戻した)のに対し、
    pyautogui は2回目の仕様変更に追従していないようです。

    このため、pyscreeze が2度目の仕様変更の前の振る舞いをするように設定を変えてやる必要があります。
    設定のしかたを回答に追記します。

    キャンセル

  • 2019/06/30 21:34

    追記しました。

    キャンセル

  • 2019/06/30 22:03

    nunukimさん
    回答ありがとうございます。
    ご丁寧にありがとうございます。 無事実装出来ました。

    キャンセル

0

関数で処理をラップすれば可能です。

def locateCenterOnScreen(path):
    try:
        pyautogui.locateCenterOnScreen('search.png')
        return True
    except 例外クラス:
        return False

ただし『記述できる』だけであって、実際に用いるべきかはまた別の話です。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.09%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る