質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
LINE Messaging API

LINE Messaging APIは、メッセージの送信・返信ができるAPIです。Web APIを経由しアプリケーションサーバとLINEのAPIでやり取りが可能。複数のメッセージタイプや分かりやすいAPIリファレンスを持ち、グループチャットにも対応しています。

Flask

FlaskはPython用のマイクロフレームワークであり、Werkzeug・Jinja 2・good intentionsをベースにしています。

Heroku

HerokuはHeroku社が開発と運営を行っているPaaSの名称です。RubyやNode.js、Python、そしてJVMベース(Java、Scala、Clojureなど)の複数のプログラミング言語をサポートしている。

Python 3.x

Python 3はPythonプログラミング言語の最新バージョンであり、2008年12月3日にリリースされました。

Redis

Redisは、オープンソースのkey-valueデータストアで、NoSQLに分類されます。すべてのデータをメモリ上に保存するため、処理が極めて高速です。

受付中

heroku workerが機能しない

yuudai
yuudai

総合スコア0

LINE Messaging API

LINE Messaging APIは、メッセージの送信・返信ができるAPIです。Web APIを経由しアプリケーションサーバとLINEのAPIでやり取りが可能。複数のメッセージタイプや分かりやすいAPIリファレンスを持ち、グループチャットにも対応しています。

Flask

FlaskはPython用のマイクロフレームワークであり、Werkzeug・Jinja 2・good intentionsをベースにしています。

Heroku

HerokuはHeroku社が開発と運営を行っているPaaSの名称です。RubyやNode.js、Python、そしてJVMベース(Java、Scala、Clojureなど)の複数のプログラミング言語をサポートしている。

Python 3.x

Python 3はPythonプログラミング言語の最新バージョンであり、2008年12月3日にリリースされました。

Redis

Redisは、オープンソースのkey-valueデータストアで、NoSQLに分類されます。すべてのデータをメモリ上に保存するため、処理が極めて高速です。

0回答

0評価

0クリップ

1閲覧

投稿2019/05/29 05:47

編集2022/01/12 10:55

前提・実現したいこと

worker.pyを動かしてそこからLINEにプッシュメッセージを送りたい
herokuでschedulerとRedis To Goをアドオンしています。
コマンドからheroku openをすると404not found errorが出ますがLINEにメッセージを送るとmain.pyに定義した文章が返ってくるのでmain.pyは正常に動いています。コマンドからheroku ps を実行するとwebとworkerはどちらのステータスもupです。
perfect_order.pyのプッシュメッセージの機能以外は正常に動くことは確認済み。プッシュメッセージ機能は確かめれてない。

発生している問題・エラーメッセージ

heroku logs

2019-05-29T04:51:50.859704+00:00 heroku[router]: at=info method=GET path="/" host=perfect-order-bot.herokuapp.com request_id=37c18843-f27e-474f-bdd7-c3664babae7a fwd="54.87.245.134" dyno=web.1 connect=1ms service=3ms status=404 bytes=385 protocol=https 2019-05-29T04:51:50.857872+00:00 app[web.1]: 10.7.159.85 - - [29/May/2019:13:51:50 +0900] "GET / HTTP/1.1" 404 232 "-" "curl/7.58.0" 2019-05-29T04:51:50.821173+00:00 app[scheduler.9440]: % Total % Received % Xferd Average Speed Time Time Time Current 2019-05-29T04:51:50.821409+00:00 app[scheduler.9440]: Dload Upload Total Spent Left Speed 2019-05-29T04:51:50.857335+00:00 app[scheduler.9440]: 2019-05-29T04:51:50.857342+00:00 app[scheduler.9440]: <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 3.2 Final//EN"> 2019-05-29T04:51:50.857344+00:00 app[scheduler.9440]: <title>404 Not Found</title> 2019-05-29T04:51:50.857345+00:00 app[scheduler.9440]: <h1>Not Found</h1> 2019-05-29T04:51:50.857347+00:00 app[scheduler.9440]: <p>The requested URL was not found on the server. If you entered the URL manually please check your spelling and try again.</p> 2019-05-29T04:51:50.981185+00:00 heroku[scheduler.9440]: Process exited with status 0

該当のソースコード

main.py

from flask import Flask, request, abort from linebot.exceptions import ( InvalidSignatureError, LineBotApiError ) from linebot.models import ( FollowEvent, MessageEvent, TextMessage, TextSendMessage, ImageMessage, ImageSendMessage, TemplateSendMessage, ButtonsTemplate, PostbackTemplateAction, MessageTemplateAction, URITemplateAction ) import os from perfect_order import perfect_order_USDJPY from rq import Queue from worker import conn import settings # 軽量なウェブアプリケーションフレームワーク:Flask app = Flask(__name__) q = Queue(connection=conn) result = q.enqueue(perfect_order_USDJPY) line_bot_api = settings.line_bot_api handler = settings.handler @app.route("/callback", methods=['POST']) def callback(): # get X-Line-Signature header value signature = request.headers['X-Line-Signature'] # get request body as text body = request.get_data(as_text=True) app.logger.info("Request body: " + body) # handle webhook body try: handler.handle(body, signature) except InvalidSignatureError: abort(400) return 'OK' # MessageEvent @handler.add(MessageEvent, message=TextMessage) def handle_message(event): line_bot_api.reply_message( event.reply_token, TextSendMessage(text='暇人か!') ) if __name__ == "__main__": port = int(os.getenv("PORT", 5000)) app.run(host="0.0.0.0", port=port)

perfect_order.py

import pandas as pd from oandapyV20 import API from oandapyV20.exceptions import V20Error from oandapyV20.endpoints.pricing import PricingStream import oandapyV20.endpoints.instruments as instruments import time import schedule import datetime from linebot.models import ( TextSendMessage, ) from linebot.exceptions import ( InvalidSignatureError, LineBotApiError ) import settings line_bot_api = settings.line_bot_api access_token = OANDAのアクセストークン #perfect order message def message1(): user_id = lineのユーザーID messages = TextSendMessage(text="ドル円でパーフェクトオーダーが発生しました。") try: line_bot_api.push_message(user_id, messages=messages) except LineBotApiError as e: # error handle print(e) def get_data(): api = API(access_token=access_token, environment="practice") #15分足2000個 params = { "count": 2000, "granularity": "M15" } #ドル円ローソク足データ取得 r = instruments.InstrumentsCandles(instrument="USD_JPY", params=params) api.request(r) # ストリーミングの最初の1件目のデータを確認 r.response['candles'][0] rate = pd.DataFrame.from_dict({r.response['candles'][i]['time']: r.response['candles'][i]['mid'] for i in range(0,len(r.response['candles'])) for j in r.response['candles'][i]['mid'].keys()}, orient='index', ) rate.index = pd.to_datetime(rate.index) #EMAを求める ema = pd.DataFrame() ema['ema_10'] = rate['c'].ewm(span=10).mean() ema['ema_20'] = rate['c'].ewm(span=20).mean() ema['ema_40'] = rate['c'].ewm(span=40).mean() ema['ema_80'] = rate['c'].ewm(span=80).mean() ema['ema_320'] = rate['c'].ewm(span=320).mean() #計算したデータはseries型なのでデータフレームにする。そうしないとエラーが出るから。 ema_10 = pd.DataFrame(ema['ema_10']).reset_index() ema_20 = pd.DataFrame(ema['ema_20']).reset_index() ema_40 = pd.DataFrame(ema['ema_40']).reset_index() ema_80 = pd.DataFrame(ema['ema_80']).reset_index() ema_320 = pd.DataFrame(ema['ema_320']).reset_index() return ema_10, ema_20, ema_40, ema_80, ema_320 scheduler1 = schedule.Scheduler() #scheduler2 = schedule.Scheduler() def perfect_order_classifier(): ema_10, ema_20, ema_40, ema_80, ema_320 = get_data() #10分前がパーフェクトオーダーじゃない場合今がパーフェクトオーダーかどうか計算する if not ema_10.iat[-2, -1] < ema_20.iat[-2, -1] < ema_40.iat[-2, -1] < ema_80.iat[-2, -1] < ema_320.iat[-2, -1] \ and not ema_10.iat[-2, -1] > ema_20.iat[-2, -1] > ema_40.iat[-2, -1] > ema_80.iat[-2, -1] > ema_320.iat[-2, -1]: #下降トレンド if ema_10.iat[-1, -1] < ema_20.iat[-1, -1] < ema_40.iat[-1, -1] < ema_80.iat[-1, -1] < ema_320.iat[-1, -1]: print("Perfect Order Now") message1() #上昇トレンド elif ema_10.iat[-1, -1] > ema_20.iat[-1, -1] > ema_40.iat[-1, -1] > ema_80.iat[-1, -1] > ema_320.iat[-1, -1]: print("Perfect Order Now") message1() else: print("Not Perfect Order") else: print("Perfect Order Now") #5分毎にperfect_order_classifierを実行する scheduler1.every(5).minutes.do(perfect_order_classifier) def perfect_order_USDJPY(): while True: scheduler1.run_pending() time.sleep(1)

worker.py

import os import redis from rq import Worker, Queue, Connection listen = ['high', 'default', 'low'] redis_url = os.getenv('REDISTOGO_URL', 'redis://localhost:6379') conn = redis.from_url(redis_url) if __name__ == '__main__': with Connection(conn): worker = Worker(map(Queue, listen)) worker.work()

settings.py

import os from linebot import ( LineBotApi, WebhookHandler ) # LINE line_bot_api = LineBotApi(os.getenv('LINE_CHANNEL_ACCESS_TOKEN')) handler = WebhookHandler(os.getenv('LINE_CHANNEL_SECRET')

試したこと

ここに問題に対して試したことを記載してください。

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

Plocfile

web: gunicorn main:app --log-file - worker: python worker.py

requirements.txt

Flask==1.0.2 line-bot-sdk==1.8.0 numpy==1.16.2 oandapy==0.0.9 oandapyV20==0.6.3 pandas==0.24.2 plotly==3.8.1 requests==2.21.0 schedule==0.6.0 gunicorn==19.9.0 datetime==4.3 rq==1.0 bottle==0.12.16 redis==3.2.1

runtime.txt

python-3.7.3

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

LINE Messaging API

LINE Messaging APIは、メッセージの送信・返信ができるAPIです。Web APIを経由しアプリケーションサーバとLINEのAPIでやり取りが可能。複数のメッセージタイプや分かりやすいAPIリファレンスを持ち、グループチャットにも対応しています。

Flask

FlaskはPython用のマイクロフレームワークであり、Werkzeug・Jinja 2・good intentionsをベースにしています。

Heroku

HerokuはHeroku社が開発と運営を行っているPaaSの名称です。RubyやNode.js、Python、そしてJVMベース(Java、Scala、Clojureなど)の複数のプログラミング言語をサポートしている。

Python 3.x

Python 3はPythonプログラミング言語の最新バージョンであり、2008年12月3日にリリースされました。

Redis

Redisは、オープンソースのkey-valueデータストアで、NoSQLに分類されます。すべてのデータをメモリ上に保存するため、処理が極めて高速です。