質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.03%

Laravelのパスワードリセットで独自バリデーションを使いたい

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 4,263

score 18

Laravelデフォルトのパスワードリセット機能を使って、パスワードに独自のバリデーションをかけたいです。バリデーションを制御できずに困っています。

バージョンは5.8です。

やったこと

Illuminate\Foundation\Auth\ResetsPasswords.phpを参考に
ResetPasswordControllerにrulesメソッドとvalidationErrorMessagesメソッドをオーバーライドしました。

// ResetPasswordController

protected function rules()
{
        return [
            'token' => 'required',
            'email' => 'required|email',
            'password' => 'required|confirmed|min:6', //min:8→min:6
        ];
}
protected function validationErrorMessages()
{
        return [
             'password.min' => '最低6文字',
        'password.confirmed' => '一致しません',
        ];
}

バリデーションの挙動

パスワードリセットには2種類のバリデーションがあるようで、内部のバリデーションを制御できずに困っています。

オーバーライドしたrulesメソッドは、tokenやemailの形式が正しいかのみバリデーションしています。

'token' => 'required',
'email' => 'required|email',
'password' => 'required|confirmed|min:8',


tokenやメールアドレスが一致しているかは内部でバリデーションしているようです。

ここが問題でpasswordに関しても内部でバリデーションを行っているようです。

上記のオーバーライドした状態で8文字未満のパスワードを入力すると、なぜかemailのエラーになります。エラーメッセージが英語なので、制御できない内部のバリデーションに引っかかっている状態です。at least six charactersになってる理由も謎です...

/* 
   resources\views\auth\passwords\reset.blade.php
   8文字未満のパスワードを入力
*/ 

{{ $errors->first('email') }}
// "Passwords must be at least six characters and match the confirmation."

{{ $errors->first('password') }}
// ""


8文字以上入力した上でconfirmedを不一致にしてみると、オーバーライドした独自バリデーションによって制御されます。

/* 
   resources\views\auth\passwords\reset.blade.php
   8文字以上入力した上でconfirmedが不一致
*/

{{ $errors->first('email') }}
// ""

{{ $errors->first('password') }}
// "一致しません"


挙動を見る限り、内部のバリデーションを優先的にチェックしてエラー文を表示しています。

  • 内部のpasswordバリデーションに引っかかるとemailのエラーになる
  • 内部のバリデーションは最低8文字のはずなのにエラー文が at least six characters になる

といった挙動になる理由がわかりません。

またどうすれば内部のバリデーションを制御できますか?

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • xenbeat

    2019/04/02 02:40 編集

    念のため、独自バリデーションとやらを実装する前(デフォルト)は正しい挙動をしていた(いる)のですよね?

    キャンセル

  • akomit

    2019/04/02 03:34

    はい、そうです。

    オーバーライドする前は、8文字未満だと「The password must be at least 8 characters.」と正常なエラー文になります。

    キャンセル

回答 1

checkベストアンサー

+1

「内部のバリデーション」と呼んでいる処理は\Illuminate\Auth\Passwords\PasswordBrokerが行っていますが、validatorメソッドでコールバックを設定することでデフォルト以外の動作にカスタマイズすることができます。(ちなみにデフォルトの動作はvalidatePasswordWithDefaultsが行っていますが長さ8文字以上のチェックがハードコードされています)

    /**
     * Set a custom password validator.
     *
     * @param  \Closure  $callback
     * @return void
     */
    public function validator(Closure $callback)
    {
        $this->passwordValidator = $callback;
    }

コールバックの引数についてはvalidateNewPasswordを参照してください。

   public function validateNewPassword(array $credentials)
    {
        if (isset($this->passwordValidator)) {
            [$password, $confirm] = [
                $credentials['password'],
                $credentials['password_confirmation'],
            ];

            return call_user_func(
                $this->passwordValidator, $credentials
            ) && $password === $confirm;
        }

        return $this->validatePasswordWithDefaults($credentials);
    }

もしオーバーライドしたrulesでのバリデーションで十分なのでしたら、追加のチェックは必要ないのでコールバックではtrueを返すだけで良いと思います。

処理に使用するPaswordBroker\Illuminate\Foundation\Auth\ResetsPasswordsトレイトのbrokerメソッドで取得するようになっているので、

    /**
     * Get the broker to be used during password reset.
     *
     * @return \Illuminate\Contracts\Auth\PasswordBroker
     */
    public function broker()
    {
        return Password::broker();
    }

このメソッドを\App\Http\Controllers\Auth\ResetPasswordControllerでオーバーライドしてその中でPasswordBrokerを返す前にvalidatorを呼んでやればいいでしょう。

例えば以下のようになると思います。

    // \App\Http\Controllers\Auth\ResetPasswordControllerで

    public function broker()
    {
        $broker = Password::broker();
        $broker->validator(function(array $credentials) { return true; });
        return $broker;
    }

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/04/02 23:56

    できました!ありがとうございます。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.03%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る