質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
OpenCV

OpenCV(オープンソースコンピュータービジョン)は、1999年にインテルが開発・公開したオープンソースのコンピュータビジョン向けのクロスプラットフォームライブラリです。

Java

Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。

Android

Androidは、Google社が開発したスマートフォンやタブレットなど携帯端末向けのプラットフォームです。 カーネル・ミドルウェア・ユーザーインターフェイス・ウェブブラウザ・電話帳などのアプリケーションやソフトウェアをひとつにまとめて構成。 カーネル・ライブラリ・ランタイムはほとんどがC言語/C++、アプリケーションなどはJavaSEのサブセットとAndroid環境で書かれています。

Kotlin

Kotlinは、ジェットブレインズ社のアンドリー・ブレスラフ、ドミトリー・ジェメロフが開発した、 静的型付けのオブジェクト指向プログラミング言語です。

受付中

Matをトリミングしようとするとエラーが発生してしまう。

m-mega
m-mega

総合スコア54

OpenCV

OpenCV(オープンソースコンピュータービジョン)は、1999年にインテルが開発・公開したオープンソースのコンピュータビジョン向けのクロスプラットフォームライブラリです。

Java

Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。

Android

Androidは、Google社が開発したスマートフォンやタブレットなど携帯端末向けのプラットフォームです。 カーネル・ミドルウェア・ユーザーインターフェイス・ウェブブラウザ・電話帳などのアプリケーションやソフトウェアをひとつにまとめて構成。 カーネル・ライブラリ・ランタイムはほとんどがC言語/C++、アプリケーションなどはJavaSEのサブセットとAndroid環境で書かれています。

Kotlin

Kotlinは、ジェットブレインズ社のアンドリー・ブレスラフ、ドミトリー・ジェメロフが開発した、 静的型付けのオブジェクト指向プログラミング言語です。

1回答

0評価

0クリップ

261閲覧

投稿2022/04/05 08:21

実現したいこと

以前に質問させていただいた内容1
以前に質問させていただいた内容2
と同じように、OpenCVのプレビューを指定範囲でトリミングする処理を、MainActivityで実装したいです。

わからないこと

これまでと同じ方法で、「Mat(Mat!, Rect!)」関数を使用して指定した矩形範囲でMatをトリミングしたいのですが、Mat()関数の部分でエラーが出てしまいます。
これまで実装した内容と比較してどこが問題なのかが分からない状態です。

エラー内容
None of the following functions can be called with the arguments supplied. <init>(IntArray!, Int) defined in org.opencv.core.Mat <init>(Mat!, Array<(out) Range!>!) defined in org.opencv.core.Mat <init>(Mat!, Range!) defined in org.opencv.core.Mat <init>(Mat!, Rect!) defined in org.opencv.core.Mat <init>(Size!, Int) defined in org.opencv.core.Mat

内容としては、「以下の関数はいずれも、指定された引数では呼び出すことができません。」となっています。
現在のコードでは引数をMatとRectで指定しているはずなのですが、なぜか上記のエラーが出てしまいます。

MainActivity.kt

kotlin

import ... private var trimLeft = 0 private var trimTop = 0 private var trimRight = 100 private var trimBottom = 100 private var mMat: Mat? = null private var mMatChange: Mat? = null private var mMatTrim: Mat? = null private var trimArea: Rect? = null private var newBitmap: Bitmap? = null class MainActivity : AppCompatActivity(), CvCameraViewListener2 { // カメラの設定 private var mOpenCvCameraView: CameraBridgeViewBase? = null override fun onStart() { super.onStart() var havePermission = true if (checkSelfPermission(Manifest.permission.CAMERA) != PackageManager.PERMISSION_GRANTED) { requestPermissions( arrayOf(Manifest.permission.CAMERA), CAMERA_PERMISSION_REQUEST_CODE ) havePermission = false } if (havePermission) { mOpenCvCameraView!!.setCameraPermissionGranted() } } @TargetApi(Build.VERSION_CODES.M) override fun onRequestPermissionsResult( requestCode: Int, permissions: Array<String>, grantResults: IntArray ) { if (requestCode == CAMERA_PERMISSION_REQUEST_CODE && grantResults.size > 0 && grantResults[0] == PackageManager.PERMISSION_GRANTED) { mOpenCvCameraView!!.setCameraPermissionGranted() } super.onRequestPermissionsResult(requestCode, permissions, grantResults) } @SuppressLint("ClickableViewAccessibility") override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) { super.onCreate(savedInstanceState) setContentView(R.layout.activity_main) val textLeft: TextView = findViewById(R.id.txtRectLeft) val textTop: TextView = findViewById(R.id.txtRectTop) val textRight: TextView = findViewById(R.id.txtRectRight) val textBottom: TextView = findViewById(R.id.txtRectBottom) val trimView = findViewById<TrimView>(R.id.trim_view) // 矩形のサイズをテキストに変換してxmlに反映する trimView.setOnActionUpListener { rect: Rect -> val strLeft = """${rect.left}""".trimIndent() val strTop = """${rect.top}""".trimIndent() val strRight = """${rect.right}""".trimIndent() val strBottom = """${rect.bottom}""".trimIndent() // 矩形のサイズをxmlに反映 textLeft.text = strLeft textTop.text = strTop textRight.text = strRight textBottom.text = strBottom } // ボタンを押したらゲーム画面へ val btnStart :Button = findViewById(R.id.btnStart) // Viewの取得 btnStart.setOnClickListener { val intent = Intent(this,GamePlayActivity::class.java) // 遷移元と遷移先の設定 // 矩形の情報を受け渡す intent.putExtra("RECT_LEFT",textLeft.text.toString()) intent.putExtra("RECT_TOP",textTop.text.toString()) intent.putExtra("RECT_RIGHT",textRight.text.toString()) intent.putExtra("RECT_BOTTOM",textBottom.text.toString()) startActivity(intent) // 遷移の実行 } ... // OpenCVの設定 ... } public override fun onResume() { super.onResume() mOpenCvCameraView!!.enableView() } public override fun onDestroy() { super.onDestroy() if (mOpenCvCameraView != null) mOpenCvCameraView!!.disableView() } override fun onCameraViewStarted(width: Int, height: Int) { mMatChange = Mat(height, width, CvType.CV_8UC4) } override fun onCameraViewStopped() { mMatChange?.release() } private fun detectOrange(img:Mat):Boolean { Core.inRange(img, Scalar(5.0, 100.0, 100.0), Scalar(15.0, 255.0, 255.0), img) return compareContourOrange(detectContour(img)) } private fun detectContour(img:Mat): Int { // 輪郭の情報を取得 ... return contours.size } private fun compareContourOrange(size:Int):Boolean { // 取得したオレンジ色の輪郭サイズを比較 val maxarea = 20.0 if(size > maxarea){ ... return true } else { return false } } override fun onCameraFrame(inputFrame: CameraBridgeViewBase.CvCameraViewFrame): Mat? { mMat = inputFrame.rgba() Imgproc.cvtColor(mMat, mMatChange, Imgproc.COLOR_RGBA2BGR) Imgproc.cvtColor(mMatChange, mMatChange, Imgproc.COLOR_BGR2HSV) trimArea = Rect(trimLeft, trimTop, trimRight, trimBottom) // トリミング範囲指定 mMatTrim = Mat(mMatChange, trimArea) // トリミング // mMatTrim = mMatChange // オレンジ色の輪郭面積に応じた処理を実行 detectOrange(mMatTrim!!) newBitmap = Bitmap.createBitmap(mMatTrim!!.width(), mMatTrim!!.height(), Bitmap.Config.ARGB_8888) Utils.matToBitmap(mMatTrim, newBitmap) return mMat } // カメラのパーミッション companion object { ... } }
該当箇所

kotlin

override fun onCameraFrame(inputFrame: CameraBridgeViewBase.CvCameraViewFrame): Mat? { mMat = inputFrame.rgba() Imgproc.cvtColor(mMat, mMatChange, Imgproc.COLOR_RGBA2BGR) Imgproc.cvtColor(mMatChange, mMatChange, Imgproc.COLOR_BGR2HSV) trimArea = Rect(trimLeft, trimTop, trimRight, trimBottom) // trimArea = Rect(0, 0, 200, 200) // トリミング範囲指定テスト mMatTrim = Mat(mMatChange, trimArea) // トリミング // mMatTrim = mMatChange // 引数mMatChangeがMat型であることのテスト detectOrange(mMatTrim!!) newBitmap = Bitmap.createBitmap(mMatTrim!!.width(), mMatTrim!!.height(), Bitmap.Config.ARGB_8888) Utils.matToBitmap(mMatTrim, newBitmap) return mMat }

trimAreaはRect型で宣言しています。
変数の値に問題があるのかと思い直接値を設定してもみましたが(コメントアウトの部分)、エラーは解消されませんでした。

そのため、mMatChange変数に問題があると思い、変数がMat型であるかどうか確認するために、Mat型を引数にとる「detectOrange()」関数に値を渡してみましたが、問題なくOpenCVの処理が実行されました。
つまり、mMatChange変数もMat型が指定されていると思われます。

また、別のActivityで同じようにトリミングの処理を実装してみましたが、そちらでは問題なくトリミングしたエリアに対してOpenCVの処理が実行されていました。

GamePlayActivity.kt

kotlin

package jp.gr.java_conf.coskx.targetinggame import ... private var ... class GamePlayActivity: Activity(), CvCameraViewListener2 { // カメラの設定 private var mOpenCvCameraView: CameraBridgeViewBase? = null override fun onStart() { ... } @TargetApi(Build.VERSION_CODES.M) override fun onRequestPermissionsResult( ... ) { ... } @RequiresApi(Build.VERSION_CODES.R) override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) { super.onCreate(savedInstanceState) setContentView(R.layout.activity_game_play) // 遷移前のactivityから値を受け取る trimLeft = intent.getStringExtra("RECT_LEFT")!!.toInt() trimTop = intent.getStringExtra("RECT_TOP")!!.toInt() trimRight = intent.getStringExtra("RECT_RIGHT")!!.toInt() trimBottom = intent.getStringExtra("RECT_BOTTOM")!!.toInt() val view = findViewById<View>(R.id.view) view.post { // MainActivityで取得したbitmap単位での値をMat用に変換する ... } // OpenCVの設定 System.loadLibrary("opencv_java4") mOpenCvCameraView = findViewById<View>(R.id.camera_view) as CameraBridgeViewBase mOpenCvCameraView!!.setCvCameraViewListener(this) mOpenCvCameraView!!.setMaxFrameSize(960, 720) } public override fun onResume() { super.onResume() mOpenCvCameraView!!.enableView() } public override fun onDestroy() { super.onDestroy() if (mOpenCvCameraView != null) mOpenCvCameraView!!.disableView() } override fun onCameraViewStarted(width: Int, height: Int) { mMatChange = Mat(height, width, CvType.CV_8UC4) } override fun onCameraViewStopped() { mMatChange?.release() } private fun detectOrange(img:Mat):Boolean { Core.inRange(img, Scalar(5.0, 100.0, 100.0), Scalar(15.0, 255.0, 255.0), img) // オレンジ色の輪郭の面積に応じた処理を実行 return compareContourGreen(detectContour(img)) } private fun detectContour(img:Mat): Int { // 輪郭の情報を取得 ... return contours.size } private fun compareContourGreen(size:Int):Boolean { val maxarea = 20.0 if(size > maxarea){ ... return true } else { return false } } override fun onCameraFrame(inputFrame: CameraBridgeViewBase.CvCameraViewFrame): Mat? { mMat = inputFrame.rgba() Imgproc.cvtColor(mMat, mMatChange, Imgproc.COLOR_RGBA2BGR) Imgproc.cvtColor(mMatChange, mMatChange, Imgproc.COLOR_BGR2HSV) trimArea = Rect(trimLeft, trimTop, trimRight, trimBottom) mMatTrim = Mat(mMatChange, trimArea) // トリミング detectOrange(mMatTrim!!) newBitmap = Bitmap.createBitmap(mMatTrim!!.width(), mMatTrim!!.height(), Bitmap.Config.ARGB_8888) Utils.matToBitmap(mMatTrim, newBitmap) return mMat } // カメラのパーミッション companion object { ... } }

2つのコードの相違点を比較してみたのですが、現状原因がわかっていない状態です。

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

hoshi-takanori

2022/04/05 12:35

Rect の import はどうなってますか?
jimbe

2022/04/05 15:44

つまり、 "Rect" というクラスは、org.opencv.core パッケージと android.graphics パッケージに存在します。同じ名前で使い方が同じでも、パッケージが違えば異なるクラスです。 Mat の第2引数は org.opencv.core.Rect のはずですが、 trimArea はどちらの Rect でしょうか。
m-mega

2022/04/06 05:00 編集

ご回答いただきありがとうございます。 MainActivityで使用しているRectは、「import android.graphics.Rect」で宣言しております。 そのため、ご指摘の通り別パッケージの別クラスを呼び出してしまっているようです。 Rectの宣言の際に、型を「org.opencv.core.Rect」と指定してみます。 ありがとうございます。一度試してみます。
m-mega

2022/04/06 06:51

上記の通り修正を加えることで、問題なくRectでトリミングを行うことができました。 ご回答いただき誠にありがとうございました!

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

OpenCV

OpenCV(オープンソースコンピュータービジョン)は、1999年にインテルが開発・公開したオープンソースのコンピュータビジョン向けのクロスプラットフォームライブラリです。

Java

Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。

Android

Androidは、Google社が開発したスマートフォンやタブレットなど携帯端末向けのプラットフォームです。 カーネル・ミドルウェア・ユーザーインターフェイス・ウェブブラウザ・電話帳などのアプリケーションやソフトウェアをひとつにまとめて構成。 カーネル・ライブラリ・ランタイムはほとんどがC言語/C++、アプリケーションなどはJavaSEのサブセットとAndroid環境で書かれています。

Kotlin

Kotlinは、ジェットブレインズ社のアンドリー・ブレスラフ、ドミトリー・ジェメロフが開発した、 静的型付けのオブジェクト指向プログラミング言語です。