質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.38%

  • SQL

    3152questions

    SQL(Structured Query Language)は、リレーショナルデータベース管理システム (RDBMS)のデータベース言語です。大きく分けて、データ定義言語(DDL)、データ操作言語(DML)、データ制御言語(DCL)の3つで構成されており、プログラム上でSQL文を生成して、RDBMSに命令を出し、RDBに必要なデータを格納できます。また、格納したデータを引き出すことも可能です。

  • PostgreSQL

    1429questions

    PostgreSQLはオープンソースのオブジェクトリレーショナルデータベース管理システムです。 Oracle Databaseで使われるPL/SQLを参考に実装されたビルトイン言語で、Windows、 Mac、Linux、UNIX、MSなどいくつものプラットフォームに対応しています。

SQLにてIDごとのカウント結果をまとめて一つの表にする

解決済

回答 3

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 253

inu_inu

score 9

お世話になっております。
よろしくお願いします。

やりたいこと

下記①②のような表があったとき、IDごとに特定のNumberのカウントを取得するビュー③を作成したいです。
※①のテーブルではNumber=1~3, ②のテーブルではNumber=12だけカウント
①元テーブル1

ID Number1
田中 1
高橋 2
高橋 4
斉藤 1
斉藤 3
斉藤 3
斉藤 12

②元テーブル2

ID Number2
田中 3
2
12
12

③作成したいビュー

ID countOf_1 countOf_2 countOf_3 countOf_12
田中 1 0 0 0
高橋 0 1 0 0
斉藤 1 0 2 0
0 0 0 2

試したこと

IDごとのカウントは下記二つの方法で試してみて、取得できました。

※方法1
SELECT DISTINCT t1.ID, COUNT(*) AS countOf_1
FROM 元テーブル1 t1
WHERE t1.Number = 1
GROUP BY t1.ID;
※別Numberや元テーブル2の取得はFROM句とWHERE句を変更するだけなので省略します
※方法2
①元テーブル1
SELECT DISTINCT t1.ID,
       COUNT(CASE WHEN t1.Number = 1 THEN 'X' ELSE NULL END) AS countOf_1,
       COUNT(CASE WHEN t1.Number = 2 THEN 'X' ELSE NULL END) AS countOf_2,
FROM 元テーブル1 t1
GROUP BY t1.ID;

②元テーブル2
SELECT DISTINCT t2.ID,
       COUNT(CASE WHEN t2.Number = 3 THEN 'X' ELSE NULL END) AS countOf_3
FROM 元テーブル2 t2
GROUP BY t2.ID;


方法1だと、それぞれで取得した表を一つにまとめることができませんでした。
調べた結果、外部結合で実施できるのだと思いましたが、どう書けばいいかわかりませんでした。

また方法2だと、テーブル1から取得した結果は一つの表にまとめられましたが、テーブル2から取得した結果を結合することができませんでした。

ご教授のほど、よろしくお願いします。

追記

正しい例を提示していませんでした。申し訳ございません。
元テーブル1と元テーブル2のカラム"Number"は実際には違うカラム名となります。
またyambejp様、sazi様のご回答を参考に実行すると結合された表は作成されるのですが、countof_1~4のsum結果が実際と異なってしまいました。
コードを記載します(※また実際と異なるといけないため、条件など実際の環境に合わせたコードを載せています)

select coalesce(tbl1.ID, tbl2.ID) as ID
     , sum(case tbl1.Number1 when 1 then 1 else 0 end) as countOf_1
     , sum(case tbl1.Number1 when 2 then 1 else 0 end) as countOf_2
     , sum(case tbl1.Number1 when 3 then 1 else 0 end) as countOf_3
     , sum(case tbl2.Number2 when 12 then 1 else 0 end) as countOf_12
from TABLE1 tbl1 full join TABLE2 tbl2
     on   tbl1.ID = tbl2.ID
      and tbl1.Number1 in (1,2,3)
      and tbl2.Number2 = 12
group by coalesce(tbl1.ID, tbl2.ID)
order by coalesce(tbl1.ID, tbl2.ID);
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 3

checkベストアンサー

+3

一つもないのはNULLじゃないくて0でよいのでは?

  • 元データ
create table tbl1(ID varchar(10),Number int);
insert into tbl1 values
('田中',1),
('高橋',2),
('斉藤',1),
('斉藤',2),
('斉藤',2),
('斉藤',3);

create table tbl2(ID varchar(10),Number int);
insert into tbl2 values
('田中',3),
('林',2),
('林',3),
('林',3);
  • 集計
select ID
,sum(case Number when 1 then 1 else 0 end) as countOf_1
,sum(case Number when 2 then 1 else 0 end) as countOf_2
,sum(case Number when 3 then 1 else 0 end) as countOf_3
from(
select * from tbl1 where Number in (1,2)
union all select * from tbl2 where Number =3
) as t1
group by ID

追記

UNIONでちがうカラム名のものを結合する場合、1行目のselectのカラム名が優先されます。
必要に応じて適当なエイリアスを振ってあげるとわかりやすくなるでしょう

create table tbl1(ID varchar(10),Number1 int);
insert into tbl1 values
('田中',1),
('高橋',2),
('高橋',4),
('斉藤',1),
('斉藤',3),
('斉藤',3),
('斉藤',12);

create table tbl2(ID varchar(10),Number2 int);
insert into tbl2 values
('田中',3),
('林',2),
('林',12),
('林',12);


select ID
,sum(case Number when 1 then 1 else 0 end) as countOf_1
,sum(case Number when 2 then 1 else 0 end) as countOf_2
,sum(case Number when 3 then 1 else 0 end) as countOf_3
,sum(case Number when 12 then 1 else 0 end) as countOf_4
from(
select ID,Number1 as Number from tbl1 where Number1 in (1,2,3)
union all select ID,Number2 from tbl2 where Number2 =12
) as t1
group by ID;

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/02/22 11:25

    ご認識の通りです。
    テーブルについても修正させていただきました。もともと記載していた表部分を修正しています。

    キャンセル

  • 2019/02/22 11:32

    追記しておきました

    キャンセル

  • 2019/02/22 12:10

    ありがとうございます、実現したいデータが出力されました。
    UNIONについても、sazi様・Orlofsky様のJOINについても、私の認識していた動きが誤っていたことに気づくことができました。
    でUNIONしたカラムについても、UNION前のエイリアスが反映されることも知らなかったため、非常に助かりました。

    キャンセル

+3

また方法2だと、テーブル1から取得した結果は一つの表にまとめられましたが、テーブル2から取得した結果を結合することができませんでした。

ヒントはJOIN。ひとつのSELECTで複数のテーブルから情報を取得できます。

なお、養子や結婚で苗字が変わった時の対応もできるようにきちんとテーブル設計するのもモラルです。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/02/22 10:15

    JOINの考え方について、「テーブルから取得した複数の表を作って、複数の表を結合していく」と考えていましたが、「テーブルから取得して一つの大きな表を作り、そこから絞り込む条件によって再度表を成形する」ような考えなのですね。(表現下手ですが)
    もう少し考えてみたいと思います。
    また名字に関して、今回例として上記二つのカラムと値を用いましたが、実際はIDに対して別カラムで名字に該当する値を持たせているため、結婚時なども対応できるようにしています。ありがとうございます。

    キャンセル

+3

union か full join ですね。
union はyambejpさんが回答されているので、full joinを。
データはyambejpさんのをお借りしてます。

select coalesce(tbl1.id, tbl2.id) as id
     , sum(case tbl1.Number when 1 then 1 else 0 end) as countOf_1
     , sum(case tbl1.Number when 2 then 1 else 0 end) as countOf_2
     , sum(case tbl2.Number when 3 then 1 else 0 end) as countOf_3
from tbl1 full join tbl2
     on   tbl1.id = tbl2.id 
      and tbl1.number in (1,2)
      and tbl2.number = 3
group by coalesce(tbl1.id, tbl2.id)
order by coalesce(tbl1.id, tbl2.id)

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/02/22 13:26

    この質問内にあるSQLに不備があるなら、確認はしていただきたいと思いますが、table1とtable2の内容を比較するような事がないならunionの方が良いと思いますので、そこまで追跡されなくても大丈夫です。

    キャンセル

  • 2019/02/22 13:52

    比較することはないです。比較せず単純に合わせて表示するならUNIONの方がより適切ということでしょうか。
    別の方法もご教授していただきありがとうございます。非常に勉強になりました。

    キャンセル

  • 2019/02/22 14:21

    先ずはunionの方が記述がシンプルだという事。
    速度的にもunionの方が早そうな気がしますが、それは実行計画で確認されて下さい。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.38%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る

  • SQL

    3152questions

    SQL(Structured Query Language)は、リレーショナルデータベース管理システム (RDBMS)のデータベース言語です。大きく分けて、データ定義言語(DDL)、データ操作言語(DML)、データ制御言語(DCL)の3つで構成されており、プログラム上でSQL文を生成して、RDBMSに命令を出し、RDBに必要なデータを格納できます。また、格納したデータを引き出すことも可能です。

  • PostgreSQL

    1429questions

    PostgreSQLはオープンソースのオブジェクトリレーショナルデータベース管理システムです。 Oracle Databaseで使われるPL/SQLを参考に実装されたビルトイン言語で、Windows、 Mac、Linux、UNIX、MSなどいくつものプラットフォームに対応しています。