質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.61%

データベースの正規化:第三正規形の分け方

解決済

回答 2

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 392

score 127

データベースの正規化について学習しているのですが、第三正規形の分け方がよくわからないです。
こちらのサイトでは、第三正規形で商品マスタには商品コードと商品名のみが記載されています。

テーブル全体では、

売上番号、商品コード、売上日、店舗コード、単価、数量、金額


を保持するテーブルと

店舗コード、店舗名


を保持するテーブルと

商品コード、商品名


を保持するテーブルに分けられています。
ここでの「単価」は商品の一個単位の値段のことを指しており、「金額」は単価×数量の小計金額を指していると理解しています。
個人的に、単価も商品マスタに移動させて、金額の項目を削除することができるのではないかと思ったのですが、間違いでしょうか?
なぜ単価は商品マスタに移動せず、あわせて元のテーブル(主テーブルとでも呼ぶのでしょうか)には金額が残るのでしょうか?

teratailで聞くようなことではないかもしれませんが、ご教示いただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • m.ts10806

    2019/02/21 10:29 編集

    > teratailで聞くようなことではないかもしれませんが
    なぜ、このようなことを書くのでしょうか?要件だけにしてもらったほうが回答は得やすくなります。
    もし本当に聞くようなことではないと思っているのでしたら、聞くような内容を質問してください。
    色々話があった最後に「知らんけど」って付け足されたらイラっとしません?それと同じです。

    キャンセル

回答 2

checkベストアンサー

+2

単価は定価(希望小売価格)と違って店舗単位で変更される可能性があるからです。
店舗Aに100円、店舗Bに120円、店舗Cに150円で売る・・・みたいな感じですね
もちろんこれをパターン化して正規化することは可能ですが
集計の効率を考えると単価としてデータテーブルに持たせるのが一般的です

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/02/21 10:36

    ご回答いただきありがとうございます。
    単価とはそのように理解すべきものなのですね。
    集計の効率を考えるとそこまでテーブルを分ける必要もない例にもなっているということですね。
    ありがとうございました!

    キャンセル

+1

リンク先の説明では単価を持った商品マスタも説明されています。
単に正規化の説明が長くなるので単価まで含めなかっただけでしょう。
説明の流れとしては、あなたの解釈は正しいと思います。

ただ、実際の設計では、商品マスタに単価を持たせたとしても、売上テーブルに単価を残す場合もあります。
それは売上金額の内訳(単価X数量)としてです。
売値としての単価は変更される場合がありますので、記録として保持するという意味合いです。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/02/21 11:49

    ご回答いただきありがとうございます。
    必ずしも別にする方がいいというわけでもないということですね。
    単価×数量で求められる金額のような値は導出項目で正規化の過程でいらなくなる、というような記述をどこかで読んだため、削除するものだと思っておりました。
    お教えいただきありがとうございました!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.61%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る