質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.36%

  • JavaScript

    18713questions

    JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

ひらがなの頭文字でのフィルタリング方法について

解決済

回答 2

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 367

hobby2018

score 5

ひらがなの頭文字を選択するとその対象が表示される
ような処理が含まれるwebアプリをjavascriptで作っています。
濁音や半濁音の頭文字はありません。

例えば、「あいうえお」の「あ」をクリックすると「あ」から
始まるひらがなの学校名が出てきます。

「はひふへほ」の「へ」を選択した場合に「べっぷしょうがっこう」
などの「べ」にマッチさせる場合に何かうまい方法はないでしょうか?

現在は、手作業でswitch文にて変換処理を噛ませて判定して
おります。

switch (char) {
     case 'ぎ':
        char = 'き';
        break;
    case 'じ':
        char = 'し';
        break;
    case 'ぷ':
        char = 'ふ';
        break;
    default:
        break;
}

追記
データは連想配列の配列で持っています。

Array[{name: "名前", furigana:"ひらがなのふりがな"}, {name: "名前", furigana:"びらがなのふりがな"}, {name: "名前", furigana:"あひらがなのふりがな"}, {name: "名前", furigana:"いひらがなのふりがな"}, ・・・]

上記配列に対して、「ひ」から{name: "名前", furigana:"ひらがなのふりがな"}, {name: "名前", furigana:"びらがなのふりがな"}のように取り出したいです。

現状は、furiganaの1文字目が「び」だったらswitch文で「ひ」に変換して
マッチするかどうかをみています。「び」をいちいち「ひ」にする処理がいまいちで
網羅的に手作業で作らないといけないですし。何かよい手はないかと。

ネット銀行で、あいうえおの表をクリックすると銀行名が出てきますが
濁音で始まる銀行名はどうやってマッチさせているのか?うまい方法は
あるのかといった疑問です。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • kei344

    2019/02/11 01:00

    「「あ」をクリックすると「あ」から始まるひらがなの学校名が出てきます。 」をどう実現しているかによるのでは。絞り込み方法の概要がわかるコードとデータをどう持っているかなど、質問文に追記していただけませんか?

    キャンセル

回答 2

checkベストアンサー

+3

const
  M = new Map,
  D = [
    {name: "名前1", furigana:"ひらがなのふりがな"},
    {name: "名前2", furigana:"びらがなのふりがな"},
    {name: "名前3", furigana:"あひらがなのふりがな"},
    {name: "名前4", furigana:"いひらがなのふりがな"}
  ];

'かが きぎ くぐ けげ こご さざ しじ すず せぜ そぞ ただ ちぢ つづ てで とど はばぱ ひびぴ ふぶぷ へべぺ ほぼぽ'
  .split (/\s/g).forEach (a => M.set (a[0], new RegExp ('^(' + a.split ('').join ('|') + ')')));

function getReg (f) {
  return M.has (f) ? M.get (f): new RegExp ('^' + f);
}


let rst = D.filter (function (a) { return this.test (a.furigana) }, getReg ('ひ'));
console.log (rst);

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/02/11 16:43

    簡潔かつ全く無駄のないコードの提示ありがとうございます。

    キャンセル

0

銀行では濁点・半濁点を分離しているようです。

【JavaScriptで濁音・半濁音を清音と濁点・半濁点に分解する - Note to Self】
http://sonaiyuutemo.hatenablog.jp/entry/2018/02/20/163809

全銀フォーマットでは濁点・半濁点も1文字とカウントするため分離する必要がある


データ側で「頭文字」という項目を作るとか、そもそも「furigana」が表示対象でないなら濁点・半濁点を取ってしまうとか、提示したもののように対照表を作って処理するとかそのあたりでしょうか。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/02/11 16:35

    回答ありがとうございます。データ側で対処する発想は私にはなかったです。やはり対象表での処理になりそうです。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.36%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る

  • JavaScript

    18713questions

    JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。