質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.61%

複数のUIImageViewを組み合わせたものを、画質を落とすことなくPDFにしたい

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,421

score 26

前提・実現したいこと

![イメージ説明]
上の画像のように、ピンクのUIImageView(getimage)と
「写真を配置」と書かれたUIImageView(getphoto)を
二つstoryboardで設置しています。
getphotoは、タッチすることで好きなように回転、移動、拡大縮小できるようになっています。
また、getphotoにはカメラロールから選択した画像が表示されるようになっています。

好きなようにgetphotoを動かした後、getphotoとピンクのUIImageView(getimage)が重なった状態でPDFにしたいのですが、このままPDFにし拡大すると画質が荒くなってしまいます。

画質が荒くなってしまうのを避けるため、UIImageViewを拡大してからPDFにしたいのですが現在画質を保ったままPDFにすることができないでいます。

ご教授何卒よろしくお願いいたします。

該当のソースコード

import UIKit


class ViewController2: UIViewController, UIGestureRecognizerDelegate,UIImagePickerControllerDelegate,UINavigationControllerDelegate {

    @IBOutlet var rotationRecognizer: UIRotationGestureRecognizer!

    @IBOutlet var pinchRecognizer: UIPinchGestureRecognizer!

    var scale:CGFloat = 1.0
    var Rotation:CGFloat = 0.0
    var affine1:CGAffineTransform = CGAffineTransform()
    var affine2:CGAffineTransform = CGAffineTransform()
    var screenWidth:CGFloat = 0
    var screenHeight:CGFloat = 0
    var photowidth:CGFloat = 0
    var photoheight:CGFloat = 0
    var pickerphotoheight:CGFloat = 0
    var imageHeight:CGFloat = 0
    var imagerect:CGRect = CGRect(x:0,y:0,width:0,height:0)



    let bin1: UIImage = UIImage(named:"bin1-1.jpg")!

    @IBOutlet weak var getimage: UIImageView!
    @IBOutlet weak var getphoto: UIImageView!

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

 // Screen Size の取得
        screenWidth = self.view.bounds.width
        screenHeight = self.view.bounds.height

        let imageHeight = screenWidth * 210.0 / 143.5
        let imagerect:CGRect = CGRect(x:0, y:0, width:screenWidth, height:imageHeight)
        UserDefaults.standard.set(screenWidth, forKey: "screenWidth")
        UserDefaults.standard.set(imageHeight, forKey:"imageHeight")


        // ImageView frame をCGRectで作った矩形に合わせる
        getimage.frame =  imagerect;


        // 画像の中心をスクリーンの中心位置に設定
        getimage.center = CGPoint(x:screenWidth/2, y:screenHeight/2)

       //デリゲート先に自分を設定する。
        rotationRecognizer.delegate = self
        pinchRecognizer.delegate = self
        //アフィン変換の初期値を設定する。
        prevEndPinch = getphoto.transform
        prevEndRotate = getphoto.transform
        prevPinch = getphoto.transform
        prevRotate = getphoto.transform


        // タッチ操作を enable
        getphoto.isUserInteractionEnabled = true

    getimage.image = bin1
}

    //ドラッグ終了時のアフィン変換
    var prevEndPinch:CGAffineTransform = CGAffineTransform()
    var prevEndRotate:CGAffineTransform = CGAffineTransform()
       //ドラッグ中の前回アフィン変換
    var prevPinch:CGAffineTransform = CGAffineTransform()
    var prevRotate:CGAffineTransform = CGAffineTransform()



    @IBAction func pinchPhoto(_ sender: UIPinchGestureRecognizer) {
    print("pinch!")
        //前回ドラッグ終了時の拡大縮小を引き継いだアフィン変換を行う。
        let nowPinch =
            prevEndPinch.scaledBy(x: sender.scale, y: sender.scale)

        //拡大縮小と回転のアフィン変換を合わせたものを登録する。
        getphoto.transform = prevRotate.concatenating(nowPinch)


        //今回の拡大縮小のアフィン変換をクラス変数に保存する。
        prevPinch = nowPinch

        if(sender.state == UIGestureRecognizerState.ended) {
            //ドラッグ終了時の拡大終了のアフィン変換をクラス変数に保存する。
            prevEndPinch = nowPinch
        }
    }


    @IBAction func rotatePhoto(_ sender: UIRotationGestureRecognizer){

        print("rotate!")
        //前回ドラッグ終了時の回転を引き継いだアフィン変換を行う。
        let nowRotate = prevEndRotate.rotated(by: sender.rotation)

        //拡大縮小と回転のアフィン変換を合わせたものをラベルに登録する。
        getphoto.transform = prevPinch.concatenating(nowRotate)

        //今回の回転のアフィン変換をクラス変数に保存する。
        prevRotate = nowRotate

        if(sender.state == UIGestureRecognizerState.ended) {
            //ドラッグ終了時の回転のアフィン変換をクラス変数に保存する。
            prevEndRotate = nowRotate
        }

    }

//画像の移動↓

    //タッチしたビューの中心とタッチした場所の座標のズレを保持する変数
    var gapX:CGFloat = 0.0  // x座標
    var gapY:CGFloat = 0.0  // y座標


    // タッチした位置で最初に見つかったところにあるビューを取得してしまおうという魂胆
    override func touchesBegan(_ touches: Set<UITouch>, with event: UIEvent?) {
        // 最初にタッチした指のみ取得
        if let touch = touches.first {
            print("touchbegin!")
            // タッチしたビューをviewプロパティで取得する
            if let touchedView = touch.view {
                // tag1のものを動かす
                if touchedView.tag == 1 {
                    // タッチした場所とタッチしたビューの中心座標がどうずれているか?
                    gapX = touch.location(in: view).x - touchedView.center.x
                    gapY = touch.location(in: view).y - touchedView.center.y
                    // 例えば、タッチしたビューの中心のxが50、タッチした場所のxが60→中心から10ずれ
                    // この場合、指を100に持って行ったらビューの中心は90にしたい
                    // ビューの中心90 = 持って行った場所100 - ずれ10
                    touchedView.center = CGPoint(x: touch.location(in: view).x - gapX, y: touch.location(in: view).y - gapY)
                }
            }
        }
    }

    override func touchesMoved(_ touches: Set<UITouch>, with event: UIEvent?) {
        // touchesBeganと同じ処理だが、gapXとgapYはタッチ中で同じものを使い続ける

        // 最初にタッチした指のみ取得
        if let touch = touches.first {
            // タッチしたビューをviewプロパティで取得する
            if let touchedView = touch.view {
                // tag1のものを動かす
                if touchedView.tag == 1 {
                    // gapX,gapYの取得は行わない
                    touchedView.center = CGPoint(x: touch.location(in: view).x - gapX, y: touch.location(in: view).y - gapY)


                }
            }
        }
    }

    override func touchesEnded(_ touches: Set<UITouch>, with event: UIEvent?) {

        // gapXとgapYの初期化
        gapX = 0.0
        gapY = 0.0
    }

    override func touchesCancelled(_ touches: Set<UITouch>, with event: UIEvent?) {
        // touchesEndedと同じ処理
        self.touchesEnded(touches, with: event)
    }


    //カメラロールから写真を選択する処理
    @IBAction func choosePicture() {
        // カメラロールが利用可能か?
        if UIImagePickerController.isSourceTypeAvailable(.photoLibrary) {
            // 写真を選ぶビュー
            let pickerView = UIImagePickerController()
            // 写真の選択元をカメラロールにする
            // 「.camera」にすればカメラを起動できる
            pickerView.sourceType = .photoLibrary
            // デリゲート
            pickerView.delegate = self
            // ビューに表示
            self.present(pickerView, animated: true)
        }
    }






    // 写真を選んだ後に呼ばれる処理
    func imagePickerController(_ picker: UIImagePickerController, didFinishPickingMediaWithInfo info: [String : Any]) {
        // 選択した写真を取得する
        let image = info[UIImagePickerControllerOriginalImage] as! UIImage

        getphoto.frame = CGRect(x: 0, y: 0, width: screenWidth / 3, height: screenHeight / 3)


        getphoto.center = CGPoint(x:screenWidth/2, y:screenHeight/2)


        // ビューに表示する
        self.getphoto.image = image



        // 写真を選ぶビューを引っ込める
        self.dismiss(animated: true)

    }



        //リコグナイザーの同時検知を許可するメソッド
    func gestureRecognizer(_ gestureRecognizer: UIGestureRecognizer, shouldRecognizeSimultaneouslyWith otherGestureRecognizer: UIGestureRecognizer) -> Bool {
        return true
    }

override func didReceiveMemoryWarning() {
    super.didReceiveMemoryWarning()
    // Dispose of any resources that can be recreated.
}

    // ファイルを保存するURLを返す
    func getDocumentsDirectory() -> URL {
        let paths = FileManager.default.urls(for: .documentDirectory, in: .userDomainMask)
        let documentsDirectory = paths[0]
        return documentsDirectory
    }

    // ファイルに画像を保存する
    func saveImageToDocumentsDirectory(image: UIImage, name: String) {
        if let data = UIImagePNGRepresentation(image) {
            let filename = getDocumentsDirectory().appendingPathComponent(name)
            try? data.write(to: filename)
        }
    }

   /////プレビュー画面へ


    @IBAction func push(_ sender: Any) {
        print("push")
 let pdfData = NSMutableData()

        //どんな大きさ、位置のものを表示するのか
        //UIGraphicsBeginImageContextWithOptions(getimage.frame.size, false, 0.0)
        UIGraphicsBeginPDFContextToData(pdfData, CGRect(x: 0, y: 0, width: screenWidth, height: imageHeight), nil)
        UIGraphicsBeginPDFPage()

        guard let pdfContext = UIGraphicsGetCurrentContext() else { return }
        self.view.layer.render(in: pdfContext)
        UIGraphicsEndPDFContext()

        if let documentDirectories = NSSearchPathForDirectoriesInDomains(.documentDirectory, .userDomainMask, true).first {
            let documentsFileName = documentDirectories + "/test.pdf"
            //パスを保存して次の画面で表示させる
            UserDefaults.standard.set(documentsFileName, forKey:"filePath")
            debugPrint(documentsFileName)
            pdfData.write(toFile: documentsFileName, atomically: true)

        }

    }


}

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

Swiftのversionは4.1.2
Xcodeのversionは9.4.1

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

たぶんですが、self.view.layer.render(in: pdfContext)
では、画面のスクショを保存するようなもので、おっしゃるとおり元の画質は期待できません。

UImageViewではなくUIImageViewが持っているimage(UIImage型)を直接pdfContextに対してdrawするようなコードにしてみてください。

まずは適当な位置やサイズでいいので、UIImageを描画してみて、PDFにしたものを拡大表示して
画質が期待しているものになっているか、の確認からしてみてはいかがでしょうか。

それが出来たらピンクの背景にしたり
画像の姿勢をUIImageViewに合わせたりする方法を順次調べてもらえれば良いかなと思います。

#他にもっと簡単な方法があったらすみません...


追記:

手元でも検証しました。

import UIKit

class ViewController: UIViewController {
    override func touchesBegan(_ touches: Set<UITouch>, with event: UIEvent?) {
        let path = (NSSearchPathForDirectoriesInDomains(.documentDirectory, .userDomainMask, true)[0] as NSString).appendingPathComponent("test.pdf")

        let bounds = CGRect(x: 0, y: 0, width: 320, height: 480)
        if UIGraphicsBeginPDFContextToFile(path, bounds, nil) {
            UIGraphicsBeginPDFPageWithInfo(bounds, nil)

            let img = UIImage(named: "Hoge")
            img?.draw(in: CGRect(x: 0, y: 0, width: 20, height: 20))

            UIGraphicsEndPDFContext()
            print("OK: \(path)")
        }
    }
}

小さく画像を書き出していますが、
イメージ説明

PDFを拡大すると、ちゃんとオリジナルの解像度が維持されていることがわかります。
イメージ説明


更に追記:

これをPDF作成時に呼んでもらえれば高画質のままPDFに画像が載るはずです。

    /// カレントコンテキストに対してUIImageViewが持つimageをUIImageViewの姿勢のまま描画します。
    private func draw(imageView: UIImageView) {
        guard let image = imageView.image else { return }
        guard let ctx = UIGraphicsGetCurrentContext() else { return }
        let orgTransform = imageView.transform
        imageView.transform = .identity
        let orgFrame = imageView.frame
        imageView.transform = orgTransform

        ctx.saveGState()
        ctx.translateBy(x: +orgFrame.midX, y: +orgFrame.midY)
        ctx.concatenate(orgTransform)
        ctx.translateBy(x: -orgFrame.midX, y: -orgFrame.midY)

        image.draw(in: orgFrame.aspectFit(contentSize: image.size, stretchble: true, integer: false))

        ctx.restoreGState()
    }

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/02/06 18:20 編集

    ありがとうございます!

    let pdfImageView = UIImageView(image: bin)
    let gamen:CGRect = CGRect(x: 0, y: 0, width: screenWidth, height: imageHeight) //追加

    UIGraphicsBeginPDFContextToData(pdfData, gamen, nil)

    let pdfContext1 = UIGraphicsGetCurrentContext() //追加
    pdfContext1?.scaleBy(x: pdfImageView.bounds.width/screenWidth, y: pdfImageView.bounds.height/imageHeight) //追加
    print("pdfContex1 = \(pdfContext1)") //追加

    UIGraphicsBeginPDFPage()

    guard let pdfContext2 = UIGraphicsGetCurrentContext() else { return }
    print("pdfContex2 = \(pdfContext2)") //追加
    bin.draw(in: gamen)
    draw(imageView: getphoto)

    UIGraphicsEndPDFContext()

    このような感じでコーディングしてみたのですがサイズ変更が出来ていないようでした。
    初歩的なことで申し訳ないのですがご教授よろしくお願いします、、。

    キャンセル

  • 2019/02/07 15:02

    ああ、すみません、UIGraphicsBeginPDFPage()の後で.scaleByしてみてください。この辺は動かなくてもいろいろやってみてください。私もいつまでも手取り足取りというわけにはいきませんので。

    キャンセル

  • 2019/02/07 18:04

    全体的に画質を保ったままサイズを変えることができました!
    いろいろ質問にお答えいただきありがとうございます、、。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.61%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る