質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.45%

  • Java

    16198questions

    Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。

  • Android

    7420questions

    Androidは、Google社が開発したスマートフォンやタブレットなど携帯端末向けのプラットフォームです。 カーネル・ミドルウェア・ユーザーインターフェイス・ウェブブラウザ・電話帳などのアプリケーションやソフトウェアをひとつにまとめて構成。 カーネル・ライブラリ・ランタイムはほとんどがC言語/C++、アプリケーションなどはJavaSEのサブセットとAndroid環境で書かれています。

  • Android Studio

    4371questions

    Android Studioは、 Google社によって開発された、 Androidのネイティブアプリケーション開発に特化した統合開発ツールです。

  • canvas

    319questions

    HTML5の<canvas>要素用のタグです。CanvasはHTML5から導入された、二次元の図形描写が可能な要素です。

android 開発 マス目に沿って点を描画したい

解決済

回答 2

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 276

tokutoku453

score 5

androidStudioを使用してお絵描きアプリを作っています。
現在お絵描きの基本的な機能を実装しマス目を描画するところまでは実装 イメージ説明
今躓いているところはこちらの実装したマス目に沿ってドットを描画することです。
今現在の実装している処理だとマス目に沿って描画できずマス目が関係ない状態になっています。

1月7日 20:47分追記
イメージ説明

アドバイスを元にコードを実装したところこのような結果になりました。思っていた通りにものすごく近づいたので嬉しいです!!
ACTION_MOVEを入れて、動かしているので下の4つの線のようにマス目からずれている描画になっています。1マスなら問題ない?のですが
3*3だと少し見苦しいものになっているので少し修正したいと思います。やっぱり見苦しいのでACTION_MOVEを外して始点と終点をつなぐ形のほうが見やすかったりするのでしょうか?

import android.content.Context;
import android.graphics.Canvas;
import android.graphics.Color;
import android.graphics.Paint;
import android.graphics.Path;
import android.graphics.Rect;
import android.util.AttributeSet;
import android.view.MotionEvent;
import android.view.View;
import java.util.ArrayList;
import java.util.List;


public class DrawingView extends View {



    // 履歴
    private List<DrawLine> lines;
    // 現在、描いている線の情報
    private Paint paint;
    private Path path;
    private Rect rect;
    private Paint paint1;

    // 線の履歴(座標+色)
    class DrawLine {
        private Paint paint;
        private Path path;
        private Rect rect;
        private Paint paint1;


        DrawLine(Path path, Paint paint, Rect rect) {
            this.paint = new Paint(paint);
            this.path = new Path(path);
            this.rect = new Rect(rect);
            //this.paint1 = new Paint(paint);
        }


        void draw(Canvas canvas) {
            canvas.drawPath(this.path, this.paint);
        }
    }

    public DrawingView(Context context) {
        super(context);
    }



    public DrawingView(Context context, AttributeSet attrs) {
        super(context, attrs);

        this.path = new Path();

        this.paint = new Paint();

        this.rect = new Rect();



        this.paint.setStyle(Paint.Style.STROKE);
        // this.paint.setStrokeJoin(Paint.Join.MITER);//これがあると角が丸くなる
        this.paint.setStrokeCap(Paint.Cap.SQUARE);
        this.paint.setAntiAlias(true);
        this.paint.setStrokeWidth(30);


        this.lines = new ArrayList<DrawLine>();


    }

    @Override
    protected void onDraw(Canvas canvas) {
        super.onDraw(canvas);


        // キャンバスをクリア
        canvas.drawColor(Color.WHITE);
        // 履歴から線を描画
        for (DrawLine line : this.lines) {
            line.draw(canvas);
        }
        // 現在、描いている線を描画
        canvas.drawPath(this.path, this.paint);

        Paint paint1 = new Paint(Color.WHITE);
        paint1.setColor(Color.BLACK);
        paint1.setStyle(Paint.Style.STROKE);//ペン先に合わせて色が一緒に代わってしまうので保留

        for (int i = 0; i < 101; i++) {
        for (int j = 0; j < 101; j++) {
         int a = 30;
        Rect rect = new Rect(a * i, a * j, a * (i + j) - 1, a * (i + j) - 1);

         canvas.drawRect(rect, paint1);



        }
    }
}



    @Override
    public boolean onTouchEvent(MotionEvent event) {


        float dx = event.getX();
        float dy = event.getY();

        int x = (int) (dx - dx % 30) +15;
        int y = (int) (dy - dy % 30) +15;

     


        switch (event.getAction()) {
            case MotionEvent.ACTION_DOWN:
                this.path.moveTo(x, y);
                this.path.lineTo(x, y);
                break;
           // case MotionEvent.ACTION_MOVE:
                //this.path.lineTo(x, y);  ←こちらの処理を無効化して、始点と終点の間に線を引く処理を可能にし直線を引けるようにした
               // break;

            case MotionEvent.ACTION_UP:
                this.path.lineTo(x, y);
                // 指を離したので、履歴に追加する
               this.lines.add(new DrawLine(this.path, this.paint, this.rect));
                // パスをリセットする
                // これを忘れると、全ての線の色が変わってしまう
                this.path.reset();
                break;

        }
        invalidate();
        return true;
    }

    public void delete() {
        // 履歴をクリア
        this.lines.clear();
        // 現在の線をクリア
        this.path.reset();
        invalidate();
    }

    public void setPen(int color){
        this.paint.setColor(color);
    }

    public void setStrokeWidth(float width){
        this.paint.setStrokeWidth(width);

    }
}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

+2

ドット絵の描画を実現したいのであれば、方針を考え直したほうが良さそうです。
直線をマス目に近似することもできなくはないですが、いろいろと手間がかかります。

以下の方針で実装し直してみてください。

  1. マス目に対応するオブジェクトの配列を用意。それぞれにPaintとRectFを持たせる
  2. ViewのonSizeChangedで各マス目の矩形の位置を決定する
  3. onDrawではマス目の配列を元にcanvasに矩形と枠線を描画する
  4. onTouchEventではタッチ位置に対応するマスを配列から探し色を塗る(マス目のPaintに色を設定する)

※マス目の矩形と枠線は1回では描画できないので、Paintを別に用意するとよいです。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/01/07 18:09

    できればご自分で実装されるのがいいと思いますが、適当に実装してみたものをここに置いておきますのでご参考までに。 https://gist.github.com/kakajika/1cb63119015ed4a7c684daf52e10a1e8

    キャンセル

  • 2019/01/07 19:40

    細かい回答と助言ありがとうございます。色々試してみたいと思います。

    キャンセル

  • 2019/01/07 19:43

    こちらはDrawingView上に実装したほうがいいのでしょうか?それとも別にjavaクラスを作って実装したほうがわかりやすいのでしょうか?

    キャンセル

  • 2019/01/07 22:39

    どちらでもいいと思いますよ。gistを見てもらうと分かると思いますが、直線を使ってどうのこうのするよりずっと簡単に実装できるはずです。

    キャンセル

checkベストアンサー

+1

線の枠内にきっちり収まる四角を描画したいということならば、タップした座標そのもので描画するのではなく、線の間隔で丸める必要がありますね。例えば、座標が31.234なら30、93.1386なら90といった具合に。これで求まるのは「タップ位置からの直近の線の交点」なので、これに「線の間隔の1/2」を加算したところに四角を描画すれば、きっちり収まるようになると思います。

        float dx = event.getX();
        float dy = event.getY();

        int x = (int) (dx - dx % 30) + 15;
        int y = (int) (dy - dy % 30) + 15;

こんなんでいけるんじゃないだろうか?

斜めに描くのは、DrawLineでは無理じゃないでしょうか。なぞりながら描画していくのであれば、座標を取得して上記の式で計算しながら、「その場所には四角を描画済みか?」調べて、未描画地点であれば四角を描く・・・みたいな感じ?

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/01/07 20:28

    すみません 助言ありがとうございます 実装して実験してみたいと思います。

    キャンセル

  • 2019/01/07 20:39

    こちら実装してみたので 画像を差し替えてみます

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.45%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る

  • Java

    16198questions

    Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。

  • Android

    7420questions

    Androidは、Google社が開発したスマートフォンやタブレットなど携帯端末向けのプラットフォームです。 カーネル・ミドルウェア・ユーザーインターフェイス・ウェブブラウザ・電話帳などのアプリケーションやソフトウェアをひとつにまとめて構成。 カーネル・ライブラリ・ランタイムはほとんどがC言語/C++、アプリケーションなどはJavaSEのサブセットとAndroid環境で書かれています。

  • Android Studio

    4371questions

    Android Studioは、 Google社によって開発された、 Androidのネイティブアプリケーション開発に特化した統合開発ツールです。

  • canvas

    319questions

    HTML5の<canvas>要素用のタグです。CanvasはHTML5から導入された、二次元の図形描写が可能な要素です。