質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.38%

  • PHP

    25048questions

    PHPは、Webサイト構築に特化して開発されたプログラミング言語です。大きな特徴のひとつは、HTMLに直接プログラムを埋め込むことができるという点です。PHPを用いることで、HTMLを動的コンテンツとして出力できます。HTMLがそのままブラウザに表示されるのに対し、PHPプログラムはサーバ側で実行された結果がブラウザに表示されるため、PHPスクリプトは「サーバサイドスクリプト」と呼ばれています。

  • WordPress

    9389questions

    WordPressは、PHPで開発されているオープンソースのブログソフトウェアです。データベース管理システムにはMySQLを用いています。フリーのブログソフトウェアの中では最も人気が高く、PHPとHTMLを使って簡単にテンプレートをカスタマイズすることができます。

  • MySQL

    7293questions

    MySQL(マイエスキューエル)は、TCX DataKonsultAB社などが開発するRDBMS(リレーショナルデータベースの管理システム)です。世界で最も人気の高いシステムで、オープンソースで開発されています。MySQLデータベースサーバは、高速性と信頼性があり、Linux、UNIX、Windowsなどの複数のプラットフォームで動作することができます。

$wpdbを使い【指定タームを持つ記事を対象にする場合】について教えて下さい。

受付中

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 286

daijin

score 5

前提・実現したいこと

お世話になります。WordPressの$wpdbについての質問になります。宜しくお願い致します。

記事に紐づくユーザー情報「count」がありまして、それを$wpdbを介して取得し、ランキングを表示しております。

それはできたのですが、取得対象の記事を指定タームの記事にしたい。というところで現在、悪戦苦闘しております。

発生している問題

次に示す該当のソースコード【1】において、
WHERE = ( $targets )
によってIDが58のタームを持つ記事を対象にしたいがこれができない。

尚該当のソースコード【2】で全ての記事を対象とするものはできている。

該当のソースコード【1】

// 【1】指定ターム(58)を対象にするこのコードが機能しない
function CountRanking_tarm ( $tarmId ){
    $tarmId = '58';
    global $wpdb;
    // IDが58のタームを持つnewsの記事を対象とする
    $targets = $wpdb->get_results( "
        SELECT tr.object_id 
        FROM $wpdb->term_relationships AS tr INNER 
        JOIN $wpdb->term_taxonomy AS tt ON tr.term_taxonomy_id = tt.term_taxonomy_id 
        WHERE post_type = 'news'
        WHERE tt.term_id = $tarmId
    " );  
    // 対象の記事から「count」の数のランキングを作る
    $counts = $wpdb->get_results( "
        SELECT p.post_author AS user_id, sum(m.meta_value) AS SumUser
        FROM  $wpdb->posts AS p, $wpdb->postmeta AS m
        WHERE = ( $targets )
        AND p.post_status = 'publish'
        AND m.meta_key = 'count'
        GROUP BY p.post_author
        ORDER BY m.meta_value DESC LIMIT 10
    " );    
    // ランキングを出力する
    $result = '';
    foreach ( $counts as $count ) {
        $result .= '<ul>'
        $result .= '<li>'.get_avatar($count->user_id, 95).'</li>';
        $result .= '</ul>'
    }
    return $result;
}

該当のソースコード【2】

// 【2】全ての記事を対象にするこのコードは機能する
function CountRanking_all (){
    global $wpdb;
    // 全ての記事から「count」の数のランキングを作る
    $counts = $wpdb->get_results( "
        SELECT p.post_author AS user_id, sum(m.meta_value) AS SumUser
        FROM  $wpdb->posts AS p, $wpdb->postmeta AS m
        WHERE p.ID = m.post_ID
        AND p.post_status = 'publish'
        AND m.meta_key = 'count'
        GROUP BY p.post_author
        ORDER BY m.meta_value DESC LIMIT 10
    " );    
    // ランキングを出力する
    $result = '';
    foreach ( $counts as $count ) {
        $result .= '<ul>'
        $result .= '<li>'.get_avatar($count->user_id, 95).'</li>';
        $result .= '</ul>'
    }
    return $result;
}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

+2

いろいろ想像で補って SQL を修正。

動いていると書かれている ソースコード【2】の SQL 部分  $counts = $wpdb->get_results("〜") を利用して書いてます。 $tarmId を引数で渡したいとかは、工夫してみてください。

とりあえず、テストしていませんが、こんな感じで、記載すれば動くのではないでしょうか。
ソースコード【2】 の内容と同じ感じで、 news の ターム 58 の投稿者と count の合計が得られるはずです。

外部から 引数を与える場合は、不正な文字を処理しないために prepare を利用した方が良いので、利用しています。

(略)
    $tarmId = 58;
    $counts = $wpdb->get_results( $wpdb->prepare( "
        SELECT p.post_author AS user_id, sum(m.meta_value) AS SumUser
        FROM  $wpdb->posts AS p, $wpdb->postmeta AS m
        WHERE p.ID = m.post_ID
        AND p.ID IN ( SELECT tr.object_id 
            FROM $wpdb->term_relationships AS tr, $wpdb->posts AS p, $wpdb->term_taxonomy AS tt
            WHERE p.post_type = 'news'
            AND tt.term_id = %s
            and p.id = tr.object_id 
            AND tr.term_taxonomy_id = tt.term_taxonomy_id 
            )
        AND p.post_status = 'publish'
        AND m.meta_key = 'count'
        GROUP BY p.post_author
        ORDER BY m.meta_value DESC LIMIT 10
    ", $tarmId ) );    
(略)

参考: https://wpdocs.osdn.jp/関数リファレンス/wpdb_Class

なお、$wpdb を使うのであれば、SQL について最低限の理解は必要ですので、SQL も学習するようにしましょう。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/12/07 17:19

    DBOnlineさんわかりやすいですね!ありがとうございます。
    あと今回のターム58なんですが、これは元からあるタグでなく独自に作ったタームですが、その点でできなくなることはありませんよね?

    キャンセル

  • 2018/12/07 21:13 編集

    こんばんは。ご提示頂いたソースコードで出来ない原因が分かったかもしれません。

    集計したいのは
    「指定タームに属す投稿、のcount」ではなくて、
    「指定タームに属す投稿、にされたコメント、のcount」です。

    つまり、コメントについているデータが「count」で、コメントの投稿タイプが「news」です。

    キャンセル

  • 2018/12/07 21:17 編集

    以上のことを踏まえてみると、

    AND p.ID IN (
    )
    の中で

    WHERE p.post_type = 'news'
    のように投稿タイプを指定するのは良さそうですが、

    AND tt.term_id = %s
    のようにタームを指定するのは間違ってそうです。

    なぜならターム58は、「コメント(投稿タイプnews)」ではなくて、その親の記事が持っているタームだからです。

    図にしますとこうです。

    記事 → これがターム58
    |
    |- Aさんのコメント(news)→ ここにcountがついてる
    |
    |- Bさんのコメント(news)→ ここにcountがついてる
    |

    このようにターム58の記事にされたコメントについているデータが「count」なので、

    AND tt.term_id = %s
    のようにタームを指定するのは

    AND p.ID IN (
    )
    の中ではなく外に置いた方が良いのかな?と思ったのですが、、

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.38%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る

  • PHP

    25048questions

    PHPは、Webサイト構築に特化して開発されたプログラミング言語です。大きな特徴のひとつは、HTMLに直接プログラムを埋め込むことができるという点です。PHPを用いることで、HTMLを動的コンテンツとして出力できます。HTMLがそのままブラウザに表示されるのに対し、PHPプログラムはサーバ側で実行された結果がブラウザに表示されるため、PHPスクリプトは「サーバサイドスクリプト」と呼ばれています。

  • WordPress

    9389questions

    WordPressは、PHPで開発されているオープンソースのブログソフトウェアです。データベース管理システムにはMySQLを用いています。フリーのブログソフトウェアの中では最も人気が高く、PHPとHTMLを使って簡単にテンプレートをカスタマイズすることができます。

  • MySQL

    7293questions

    MySQL(マイエスキューエル)は、TCX DataKonsultAB社などが開発するRDBMS(リレーショナルデータベースの管理システム)です。世界で最も人気の高いシステムで、オープンソースで開発されています。MySQLデータベースサーバは、高速性と信頼性があり、Linux、UNIX、Windowsなどの複数のプラットフォームで動作することができます。