質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.64%

Cloud Functionsを使っての FireBase Blazeプランの料金について

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 1,120
退会済みユーザー

退会済みユーザー

Firebase のよくある質問 (Blaze プランの無料使用と Spark プランの無料使用には、どのような違いがありますか?。)には

200 万回呼び出し/月 まで無料使用できる
とあります。

この回数についてよく分かりません。

例えば、Facebookで

・homeを開いて、
・新着メッセージタブをタップで開いて、
・該当ユーザのメッセージページに遷移して、
・テキストを入力してリプライを送信する。

ここまでの操作を単純な回数に置き換えると、4回呼び出し となるのでしょうか?

Cloud Functionsと検索エンジンをFireStoreに同期したいと思っていて、無料使用したいので
呼び出しについて簡単にでも教えて頂きたいと思っています。
よろしくお願いします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • xenbeat

    2018/12/02 19:11

    質問が理解できません。Cloud Functionsをどこでどのように使う想定なのか具体的に説明ください。

    キャンセル

  • 退会済みユーザー

    退会済みユーザー

    2018/12/03 16:25

    Cloud Functionsをどこでどのように使う想定か具体的に質問しても、結局のところ無料使用できるかどうかは"使い方による"としか言えないと思うんですよね。なので、"呼び出し"は何を指すのか、例をあげて質問しています。理解していただけないでしょうか?

    キャンセル

  • xenbeat

    2018/12/03 17:57 編集

    > "呼び出し"は何を指すのか、例をあげて質問しています。 → 単純に(Facebookの例えは無視して)Functionsの呼び出し料金について知りたいという理解でよろしいですか?ちなみにFunctionsの料金は呼び出し以外にもコンピューティング時間やネットワーキングも考慮されます。その上で聞きたいことを再確認しますが、呼び出し料金だけにフォーカスした回答で良いのでしょうか?

    キャンセル

回答 1

checkベストアンサー

+1

こんにちは
知っている範囲+憶測でお答えします

Sparkプラン:外部ネットワークへの通信NG(Google所有サービスとなら可)
Blazeプラン:外部ネットワークへの通信OK

Cloud Functions 料金体系

ここからは下は憶測

200 万回呼び出し/月 まで無料使用できる
とあります。
この回数についてよく分かりません。

呼び出し回数は恐らくトリガーされた回数なので呼び出された後Cloud Functions内部で発生した作業数は関係ないと思います。
作業数(CPUへの負荷)や通信量は料金体系表GB 秒CPU秒に当たるのではないでしょうか?

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/12/05 00:05

    回答ありがとうございます。フォローさせてもらいました。
    >>呼び出し回数は恐らくトリガーされた回数
    これはfunctionsが外部の検索エンジンに呼び出されて、それに応じてfunctionsがトリガーされた(方向は検索エンジン)という意味でしょうか?

    >>作業数(CPUへの負荷)や通信量は料金体系表のGB 秒とCPU秒に当たるのではないでしょうか?
    ここは呼び出し回数とは関係ないだろうと、私も調べて思いました。勉強になりました。

    キャンセル

  • 2018/12/05 02:25

    フォローありがとうございます
    Functionがトリガーされた回数というのは言い換えれば下記のようなFunction固有のURLにアクセスされた回数です
    https://us-central1-example-project.cloudfunctions.net/myfunction

    検索エンジンに呼び出されるというのはよくわからないですが使用用途としては以下のような感じです

    ●ファイルサーバーにファイルがアップロードされたらトリガーしてFirestoreなどにファイルの情報を登録する

    ●slackなどのチャットツールでBOTに特定のコマンドが送られた際にトリガーしてレスポンスを返す

    キャンセル

  • 2018/12/05 08:51 編集

    返信いただいた内容 分かりやすかったです 助かります もっと調べてみます。
    また別に似た質問をすると思うので、もしお時間があって見かけましたら宜しくお願いします。
    ありがとうございました。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.64%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る