質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.50%

RailsでCSVファイルの保存場所はどこにすればいいのでしょうか?

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 321

koume

score 133

Rails5.1.3でWebアプリケーション制作の勉強をしています。
「県名」「市区町村」「町域」の住所選択用セレクトボックスを作成したいのですが、
サイト上で「CSVファイルをダウンロードして自身の管理しているサーバーに格納します。」との説明がありました。
ダウンロードして解凍したファイルは 13tokyo.csv と 14kanaga.csv です。
初心者なのでよくわからないのですが、13tokyo.csv、14kanaga.csv を保存する場所はどこに保存すれ場所いいのでしょうか?
app/view/customer/13tokyo.csvのようにcustomerフォルダの下に格納すればいいのでしょうか?

どなたか教えていただけないでしょうか?宜しくお願いします。
サイト上のコードは以下になります。これを応用して使用したいのですがよくわかりません。

HTMLコード

<form onsubmit="return selectbox_check();">
  <p>
    県名  :<select name="pref" id="pref" onChange="setMenuAddressItem(0,this[this.selectedIndex].attributes['title'].value)">
      <option title="0" value="0" selected>----</option>
      <option title="13tokyo" value="東京都">東京都</option>
      <option title="14kanaga" value="神奈川県">神奈川県</option>
    </select>
  </p>
  <p>
    市区町村:<select name="city" id="city" onChange="setMenuAddressItem(1,document.getElementById('pref')[document.getElementById('pref').selectedIndex].attributes['title'].value)">
      <option value="0" selected>----</option>
    </select> 
  </p>
  <p>
    町域  :<select name="town" id="town">
      <option value="0" selected>----</option>
    </select> 
  </p>
  <input type="submit" value="検索">
</form>
JavaScriptコード

/** セレクトボックス切り替え関数 **/
function set_menu_address_item(i_type, s_filename){
  if(s_filename != '0'){
    var o_xmlreq = new XMLHttpRequest(); // HTTPでファイルを読み込むためのXMLHttpRrequestオブジェクトを生成
    var s_filepass = 'http://localhost/csv/' + s_filename + '.csv'; // 読み込むファイルのパスを指定
    o_xmlreq.open('get', s_filepass, true); // アクセスするファイルを指定
    o_xmlreq.send(null); // HTTPリクエスト発行

    // レスポンスが返ってきたら続きの処理を行う
    o_xmlreq.onload = function(){
      var a_pref = o_xmlreq.responseText.split("\r\n"); // 改行を区切り文字として行を要素とした配列を生成

      if(i_type == 0){
        // セレクトボックス初期化
        while ( document.getElementById('city').options.length > 0 ) {
          document.getElementById('city').removeChild(document.getElementById('city').firstChild);
        }
        while ( document.getElementById('town').options.length > 0 ) {
          document.getElementById('town').removeChild(document.getElementById('town').firstChild);
        }
        document.getElementById('city').options[0] = new Option('----','0');  //OPTION1番目
        document.getElementById('town').options[0] = new Option('----','0');  //OPTION1番目
        var i_check_index = 0;
        for( var i=1; i<a_pref.length; i++ ){
          // 各行ごとにカンマで区切った文字列を要素とした配列を生成
          var a_pref_disassembly = a_pref[i].split(',');
          if( a_pref_disassembly.length <= 1 ){
            continue;
          }
          var s_city_name = a_pref_disassembly[9].replace(/"/g, '');
          if(document.getElementById('city').options[i_check_index].text != s_city_name){
            document.getElementById('city').options[i_check_index + 1] = new Option(s_city_name,s_city_name);
            i_check_index++;
          }
        }
      } else {
        // セレクトボックス初期化
        while ( document.getElementById('town').options.length > 0 ) {
          document.getElementById('town').removeChild(document.getElementById('town').firstChild);
        }
        // 選択中の要素を抜き出す
        var s_selected_city_name = document.getElementById('city').value;
        document.getElementById('town').options[0] = new Option('----','0');  //OPTION1番目
        var i_check_index = 0;
        for( var i=1; i<a_pref.length; i++ ){
          // 各行ごとにカンマで区切った文字列を要素とした配列を生成
          var a_pref_disassembly = a_pref[i].split(',');
          if( a_pref_disassembly.length <= 1 ){
            continue;
          }
          var s_city_name = a_pref_disassembly[9].replace(/"/g, '');
          var s_town_name = a_pref_disassembly[11].replace(/"/g, '');
          if((s_selected_city_name == s_city_name) && (' ' != s_town_name) && (document.getElementById('town').options[i_check_index].text != s_town_name)){
            document.getElementById('town').options[i_check_index + 1] = new Option(s_town_name,s_town_name);
            i_check_index++;
          }
        }
      }
    }
  } else {
    // セレクトボックス初期化
    while ( document.getElementById('city').options.length > 0 ) {
      document.getElementById('city').removeChild(document.getElementById('city').firstChild);
    }
    while ( document.getElementById('town').options.length > 0 ) {
      document.getElementById('town').removeChild(document.getElementById('town').firstChild);
    }
    document.getElementById('city').options[0] = new Option('----','0');  //OPTION1番目
    document.getElementById('town').options[0] = new Option('----','0');  //OPTION1番目
  }
}

/** セレクトボックス入力チェック関数 **/
function selectbox_check(){
  if(document.getElementById('pref').selectedIndex == 0){
    window.alert('県名を選択してください。');
    return false;
  }
  if(document.getElementById('city').selectedIndex == 0){
    window.alert('市区町村名を選択してください。');
    return false;
  }
  if(document.getElementById('town').selectedIndex == 0){
    window.alert('町域名を選択してください。');
    return false;
  }
  return true;
}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

ちょうど似た様なことをしていまして、app/assets/に、csvというディレクトリを作り、そこに.csvファイルを置いていますので、このようになります
'app/assets/csv/bank.csv'
で、以下のようにしてクラスメソッドでcsvを読み込んでデータベースに書き込むようにしております

class Bank < ApplicationRecord
  require 'csv'

  has_many :branches

  def self.readfile
    CSV.foreach('app/assets/csv/bank.csv') do |fg|
      obj = new

      obj.id = fg[0]
      obj.bank_no = fg[0]
      obj.bank_name = fg[3]
      obj.bank_phonetic = fg[2]

      obj.save
    end
  end

end

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/12/01 12:06

    お礼の回答が遅くなり大変失礼しました。
    保存場所だけでなく使用例まで教えてくださり助かりました。
    今後とも宜しくお願いいたします。

    キャンセル

同じタグがついた質問を見る