質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.55%

wordpressページネーションを特定のカスタムポストタイプで非表示にしたい

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 358

shimirey

score 10

■環境
wordpress4.9.8
使用テーマ http://preview.themeforest.net/item/zephyr-material-design-theme/

■実現したいこと
現在、zephyrというテーマの機能で、ブログページで次の投稿と前の投稿が表示されるページネーションをONにする設定にしております。
イメージ説明

この設定でカスタムポストタイプのページでもこの機能が有効になるのですが、
特定のカスタムポストタイプのページだけはこのページネーション機能をOFFにしたいとおもっております。
CSSでdisplay:noneするのではなく、出力条件を変えたいのですが、どのような記述にすればいいかお助けいただけませんでしょうか?

ページネーション部分を含むテーマのテンプレートファイルのコードは以下のようになっております。

            <?php
            while ( have_posts() ) {
                the_post();

                $the_content = apply_filters( 'the_content', get_the_content() );

                // The page may be paginated itself via <!--nextpage--> tags
                $pagination = us_wp_link_pages(
                    array(
                        'before' => '<div class="w-blog-pagination"><nav class="navigation pagination">',
                        'after' => '</nav></div>',
                        'next_or_number' => 'next_and_number',
                        'nextpagelink' => '>',
                        'previouspagelink' => '<',
                        'link_before' => '<span>',
                        'link_after' => '</span>',
                        'echo' => 0,
                    )
                );

                // If content has no sections, we'll create them manually
                $has_own_sections = ( strpos( $the_content, ' class="l-section' ) !== FALSE );
                if ( ! $has_own_sections ) {
                    $the_content = '<section class="l-section"><div class="l-section-h i-cf">' . $the_content . $pagination . '</div></section>';
                } elseif ( ! empty( $pagination ) ) {
                    $the_content .= '<section class="l-section"><div class="l-section-h i-cf">' . $pagination . '</div></section>';
                }

                echo $the_content;

                // Post comments
                if ( comments_open() OR get_comments_number() != '0' ) {
                    // Hotfix for events calendar plugin
                    if ( ! is_post_type_archive( 'tribe_events' ) ) {
                        ?>
                        <section class="l-section for_comments">
                        <div class="l-section-h i-cf"><?php
                            wp_enqueue_script( 'comment-reply' );
                            comments_template();
                            ?></div>
                        </section><?php
                    }
                }
            }
            ?>

自分で試したこととしては、
条件分岐はひとまず後で書くとして、ページネーションを非表示にできるようにするためfunctions.phpに

remove_filter('the_content', 'pagination');


と書いてみましたが、変化なしでした。
アクションフックやフィルターフックの使い方自体が
よく理解できてないところもあり、かなり的外れなコードかもしれませんが、
何卒ご教示お願いいたします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

us_wp_link_pages()がどのようなコードなのか分からないので条件分岐で。

} elseif ( ! empty( $pagination ) ) {
↓のように変更
} elseif ( ! empty( $pagination ) && get_post_type( get_the_ID() ) !== '除外したい投稿タイプ名' ) {


条件分岐が嫌ならus_wp_link_pages()の開示をどうぞ。

追記

<?php if ( us_get_option( 'post_nav' ) AND ! empty( $prevnext ) && ! in_array( get_post_type(), array( 'A', 'B', 'C' ) ): ?>


とか。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/11/07 02:51 編集

    回答いただきありがとうございます!
    us_wp_link_pages()の元コードの記載場所が見つけられなかったので、
    ご教示いただいたコードにテンプレートファイルを修正しました。

    実は下記を変更しても修正できなかったので、よく見直してみたら
    出力しているコードが別の箇所にありました。
    失礼いたしました。それが下記になります。

    1つの投稿タイプを除外したい場合は、
    ご教示いただいた && get_post_type( get_the_ID() ) !== '除外したい投稿タイプ名'
    でいけたのですが、複数の投稿タイプを除外に設定がうまくできませんでした。

    もしよろしければこれを複数の投稿タイプ除外にするには、どのようにコードを変えればいいかヒントをいただけないでしょうか?何卒よろしくお願いいたします。


    <?php
    if ( us_get_option( 'post_nav' ) AND ! empty( $prevnext ) && get_post_type( get_the_ID() ) !== 'hogehoge' ): ?>
    <section class="l-section for_blognav">
    <div class="l-section-h i-cf">
    <div class="w-blognav">
    <?php foreach ( $prevnext as $key => $item ): ?>
    <a class="w-blognav-<?php echo $key ?>" href="<?php echo $item['link'] ?>">
    <span class="w-blognav-meta"><?php echo $item['meta'] ?></span>
    <span class="w-blognav-title"><?php echo $item['title'] ?></span>
    </a>
    <?php endforeach; ?>
    </div>
    </div>
    </section>
    <?php endif; ?>

    キャンセル

  • 2018/11/07 08:16

    横あいから失礼致します。
    カスタム投稿を複数指定するなら、この条件分岐タグが便利かもしれません。
    https://wpdocs.osdn.jp/関数リファレンス/is_singular

    キャンセル

  • 2018/11/07 13:05

    上記ページ参考に
    !is_singular( array( 'newspaper', 'book' ) ); で除外条件でいけました!
    大変助かりました、ありがとうございます!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.55%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる