質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.80%

mod_dosdetector でDoS対策, BANが予定よりも早く解除される

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 3,479

score 126

CentOS 6.6の環境でmod_dosdetectorをインストールし、以下のような設定しました。

1. httpd.confにincludeするmod_dosdetectorのconfファイル設定内容

DoSDetection On
DoSPeriod 10
DoSThreshold 10
DoSHardThreshold 30
DoSBanPeriod 60
DoSTableSize 100
DoSIgnoreContentType ^(image/|application/|text/javascript|text/css)

上記の設定であれば、10秒の内10回以上のリクエストが送信された際に、警告ログがながれています。HardThresholdの場合にも同じように30回以上のリクエストを送信し、エラー画面をRewriteするように以下に記載しました。

RewriteEngine On
RewriteCond %{ENV:SuspectHardDoS} =1
RewriteRule .* DoSDetection.html [L]

しかし、エラー画面を出力するまでは想定していた挙動だったのですが、
設定では60秒間BANを継続せず、何度やってみても5秒~10秒の間でBANが解除されて元の画面にアクセスできるようになってしまいます。
DoSBanPeriodを極端に大きな数値にしてみても結果は同じでした。

私の設定が間違っているのでしょうか?未だに原因が究明できず困っています。お力添えをお願い致します。
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

mod_dosdetector.c の「#define _DEBUG」を有効にしてログを見たところ、以下のような状況でした。

  1.  アクセスがあると内部のカウンタが +1
  2.  カウンタ > DoSThreshold で DoS と判定 : SuspectDoS=1
  3.  カウンタ > DoSHardThreshold で HardDoS と判定 : SuspectHardDoS=1
  4.  カウンタは DosPeriod ごとに一定数減算される
  5.  カウンタ <= DoSHardThreshold になった場合、SuspectHardDoS=1 をセットしているスコープ({ apr_table_setn()関数 } 箇所)を外れるので、SuspectHardDoS が未定義に戻る。DosBanPeriod 内であっても。
  6.  一方、SuspectDoS=1 は DosBanPeriod までは維持される。

内部では DosBanPeriod 内と判断しているけれど、それとは別に SuspectHardDoS=1 はカウンタ値で決まっているようです。この挙動は作者が意図したものなのか、バグなのかはわかりません。

なので、DosBanPeriod 内かどうかを判定するには %{ENV:SuspectHardDoS} ではなく %{ENV:SuspectDoS} を使うといいと思います。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2015/09/04 16:14

    有難うございました。無事、意図した挙動を実現することが出来ました。
    何のために別のカウンタを見ているのか作者に直接お尋ねしてみたいところではありますね。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.80%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る