質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.54%

standardsqlで、ユーザー数の期間比較のやり方がわからない

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 664

akm2929

score 10

特定の2期間で、ユーザー数、翌週再訪率を比較したいが、以下のように書いたところ、2つの期間それぞれ別でほしいデータがでてきて、最後のCLとFIの2つのビューをどうjoinさせればいいのかわからなくなった。

#standardsql
--UUのidとインストール日のビュー
with q_users as (
  select 
  user_id
  ,parse_date("%Y%m%d",min(event_date)) as DLday
  from 
  `テーブル`
  ,unnest(event_params) as event_params
  where 
  _TABLE_SUFFIX between "20180707"
  and 
  FORMAT_DATE("%Y%m%d" ,DATE_SUB(CURRENT_DATE() ,interval 1 DAY))
  and 
  event_name = "select_content"
  and 
  event_params.key ="item_name"
  and (
      event_params.value.string_value = 'x_close_button'
      or
      event_params.value.string_value = 'x_done_button'
    )
    and
     app_info.install_source = 'iTunes'
    and
      date(TIMESTAMP_ADD(timestamp_micros(user_first_touch_timestamp), interval device.time_zone_offset_seconds SECOND)) > "日付"
    and
      date(TIMESTAMP_ADD(timestamp_micros(user_first_touch_timestamp), interval device.time_zone_offset_seconds SECOND)) < CURRENT_DATE('Asia/Tokyo')
    and
      date(TIMESTAMP_ADD(timestamp_micros(user_first_touch_timestamp), interval device.time_zone_offset_seconds SECOND)) = parse_date("%Y%m%d", event_date)
    and
      user_id is not null
    group by 
      user_id
  limit 10000
)

, T1 as (
  select q_users.user_id
  ,DLday
  ,case 
  when isReturned is null then false
  else isReturned
  end isReturned

  from 
    q_users
  left join 
  `翌週再訪のテーブル(id | 再訪してたらtrue)` as W1Returned_Users
  on 
  q_users.user_id = W1Returned_Users.id
)

,CL as (
  select 

  count(*) user_count
  ,countif(isReturned) w1_user_count
  ,countif(isReturned)/count(*) return_ratio
  from 
  T1
  where 
  DLday between 'yyyy-mm-dd' and 'yyyy-mm-dd'
)

,FI as (
  select 

  count(*) user_count
  ,countif(isReturned) w1_user_count
  ,countif(isReturned)/count(*) return_ratio
  from 
  T1
  where 
  DLday between 'yyyy-mm-dd' and 'yyyy-mm-dd'  
)
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

CLもFIも1件に集約されるから、単純に直積でいいのではないでしょうか。

select * from CL, FI


※q_usersで直積使用してるので、理解はされているのかと思いますが。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/10/31 12:11

    回答ありがとうございます。
    2期間の比較のため、CLとFIでそれぞれ条件で指定してる期間が違うせいか、エラーがでてしまします…
    例:
    CL→where DLday between '2018-10-21' and '2018-10-28'
    FI→where DLday between '2018-09-21' and '2018-09-28'
    のようにしています。
    これは関係ないのでしょうか、、?
    ちなみに直積でのエラー文はredashで以下のようにでています。
    Error running query: Duplicate column names in the result are not supported. Found duplicate(s): user_count, w1_user_count, return_ratio

    キャンセル

  • 2018/10/31 12:16

    そのエラーは、項目にCLやFIの修飾を付けていないから、どちらか分からないよ、というエラーです。
    CL.user_count as CL_user_countなどとしてみて下さい。

    キャンセル

  • 2018/10/31 22:57

    ありがとうございます!エラーが消えました。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.54%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる