質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.51%

  • PHP

    24024questions

    PHPは、Webサイト構築に特化して開発されたプログラミング言語です。大きな特徴のひとつは、HTMLに直接プログラムを埋め込むことができるという点です。PHPを用いることで、HTMLを動的コンテンツとして出力できます。HTMLがそのままブラウザに表示されるのに対し、PHPプログラムはサーバ側で実行された結果がブラウザに表示されるため、PHPスクリプトは「サーバサイドスクリプト」と呼ばれています。

  • Twitter

    790questions

    Twitterは、140文字以内の「ツイート」と呼ばれる短文を投稿できるサービスです。Twitter上のほぼ全ての機能に対応するAPIが存在し、その関連サービスが多く公開されています。

  • OAuth

    123questions

    OAuth(Open Authorization)は、APIを通して保護されたリソース(サードパーティのアプリケーション)へアクセスする為のオープンプロトコルです。

【Twitter】OAuthでログインしたユーザの代わりに投稿する方法はないでしょうか?

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 568

hasshy

score 26

WebサイトにOAuthでログインしたユーザーに、変わって自動投稿をする機能を実装したいと考えています。

サーバーサイドでログイン、および投稿を行う想定です。 
言語はPHPを使用し、
Twitter周りの処理はTwitterOAuthというライブラリを使用します。

 手順

ログイン処理と、投稿は一連の流れではありません。
ログイン処理完了後、任意のタイミングで投稿処理を行います。  

 ログイン処理

  1. OAuth認証遷移ページ(login.php)にアクセスしリクエストトークンを取得
    その際に、oauth_tokenと、oauth_token_secretをセッションに退避する
  2. OAuth認証遷移ページからTwitterのOAuthログイン画面に遷移
  3. ログインに成功したらコールバック用ページ(callback.php)に戻って、oauth_verifierとoauth_tokenからアクセストークンを取得  

 投稿処理

ここがまだ解決できていません。
想定している手順は、下記です。

  1. ログイン時に取得した情報からアクセストークンを取得
    oauth_tokenとoauth_token_secretで個人の情報を取得、
    コールバック時に取得したoauth_verifierと組み合わせて、

  2. アクセストークンからユーザーの接続情報を取得

  3. ユーザー情報を元にTweetを投稿

 困っていること

前項でふれましたが、ログインした後に任意のタイミングで投稿することができません。
アクセストークンを取得する時に必要な、oauth_verifierとoauth_tokenは、セッションで管理しているので、取り出して使うことができるのですが、 
その情報で実行すると次のようなエラーが表示されます。

atal error: Uncaught Abraham\TwitterOAuth\TwitterOAuthException: 現在この機能は一時的にご利用いただけません

 ソース

下記の構成にしています。
まず、login.phpにアクセス、OAuth認証が終わったら、post.htmlに遷移します。

  • login.php:OAuth認証に必要な情報を取得して、認証画面に遷移させる
  • callback.php:OAuth認証で接続した時の情報を元に、接続したユーザーの情報を取得、セッションに保持する
  • post.html: 自動投稿用のボタン(リンク)を設置したページ
  • autopost.php:  post.htmlでボタンが押されたら、決められた内容をPostする。

 login.php

<?php

    // セッションを作る
    session_start();

    // ライブラリ読み込み
    require "vendor/autoload.php";
    use Abraham\TwitterOAuth\TwitterOAuth;

    $consumerKey = "***";
    $consumerSecrect = "***";
    $callback = "http://localhost:8000/callback.php";

    $twitterConnect = new TwitterOAuth(
        $consumerKey,
        $consumerSecrect
    );

    $requestToken = $twitterConnect->oauth(
        'oauth/request_token',
        array('oauth_callback' => $callback)
    );

    // 取得した情報をセッションに保存
    $_SESSION['oauth_token'] = $requestToken['oauth_token'];
    $_SESSION['oauth_token_secret'] = $requestToken['oauth_token_secret'];

    // twitterの認証画面へリダイレクトURLを取得
    $url = $twitterConnect->url(
        'oauth/authorize',
        array(
            'oauth_token' => $requestToken['oauth_token']
        )
    );

    // twitter認証画面へリダイレクト
    header('Location:' . $url);
    exit;

?>

 callback.php

<?php

    // セッションを作る
    session_start();

    // 読み込み
    require "vendor/autoload.php";
    use Abraham\TwitterOAuth\TwitterOAuth;

    $consumerKey = "***";
    $consumerSecrect = "***";

    // セッション退避
    $oauthToken = $_SESSION['oauth_token'];
    $oauthTokenSecret = $_SESSION['oauth_token_secret'];

    // ログインしたユーザで自動投稿を行う
    $twitterConnect = new TwitterOAuth(
        $consumerKey,
        $consumerSecrect,
        $oauthToken,
        $oauthTokenSecret
    );

    // アクセストークンを取得
    $accessToken = $twitterConnect->oauth(
        'oauth/access_token',
        array(
            'oauth_verifier' => $_GET['oauth_verifier'],
            'oauth_token'=> $_GET['oauth_token']
        )
    );

    // 任意のタイミングでポストしたいので、アクセストークの取得に必要な値を退避
    $_SESSION['oauth_verifier'] = $_GET['oauth_verifier'];

    // アクセストークンからユーザー情報を取得
    $userConnect = new TwitterOAuth(
        $consumerKey,
        $consumerSecrect,
        $accessToken['oauth_token'],
        $accessToken['oauth_token_secret']
    );

    //アカウントの有効性を確認するためのエンドポイントを取得
    $userInfo = $userConnect->get('account/verify_credentials');

    if(isset($userInfo->id_str)){

        // tweetの内容設定
     // 検証のために、ログインしたユーザーで投稿
        // こちらは問題なく投降できました。
        $params = [
          'status' => 'ログイン成功',
        ];

        // ツイートする
        $result = $userConnect->post(
            'statuses/update',
            $params
        );


        $_SESSION['user_info'] = $userInfo;
        header("Location:index.php");
        exit;
    }
    else
    {
        header("Location:error.html");
        exit;
    }
?>

 post.html

<!DOCTYPE html>
<html lang="en" dir="ltr">
    <head>
        <meta charset="utf-8">
        <title>投降ページ</title>
    </head>
    <body>
        <h1>投降ページ</h1>
        <a href="autopost.php">メッセージ投稿</p>
    </body>
</html>

 autopost.php

ここが解決できていません。

<?php
    session_start();

    require "vendor/autoload.php";
    use Abraham\TwitterOAuth\TwitterOAuth;

    $consumerKey = "***";
    $consumerSecrect = "***";

    $twitterConnect = new TwitterOAuth(
        $consumerKey,
        $consumerSecrect,
        $_SESSION['oauth_token'],
        $_SESSION['oauth_token_secret']
    );

    // アクセストークン取得
    $accessToken = $twitterConnect->oauth(
        'oauth/access_token',
        [
            'oauth_verifier' => $_SESSION['oauth_verifier'],
            'oauth_token' => $_SESSION['oauth_token']
        ]
    );

    // アクセストークンを元にユーザー情報を取得
    $userConnect = new TwitterOAuth(
        $consumerKey,
        $consumerSecrect,
        $accessToken['oauth_token'],
        $accessToken['oauth_token_secret']
    );


    // tweetの内容設定
    $params = [
      'status' => 'テスト',
    ];

    // ツイートする
    $result = $userConnect->post('statuses/update', $params);
    header('Location: index.html');
    exit();


 ?>

 出来る事

  • OAuthでログインして、OAuthトークンを取得、セッションに管理することが出来る
  • ログイン処理完了後ではなく、投稿時に一緒にログインして投稿する場合は成功します。  
    $_GET['oauth_verifier']で取得したoauth_verifierを使えるので投稿できます。  
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

check解決した方法

0

アクセストークンはそもそも、使い回しできました。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

同じタグがついた質問を見る

  • PHP

    24024questions

    PHPは、Webサイト構築に特化して開発されたプログラミング言語です。大きな特徴のひとつは、HTMLに直接プログラムを埋め込むことができるという点です。PHPを用いることで、HTMLを動的コンテンツとして出力できます。HTMLがそのままブラウザに表示されるのに対し、PHPプログラムはサーバ側で実行された結果がブラウザに表示されるため、PHPスクリプトは「サーバサイドスクリプト」と呼ばれています。

  • Twitter

    790questions

    Twitterは、140文字以内の「ツイート」と呼ばれる短文を投稿できるサービスです。Twitter上のほぼ全ての機能に対応するAPIが存在し、その関連サービスが多く公開されています。

  • OAuth

    123questions

    OAuth(Open Authorization)は、APIを通して保護されたリソース(サードパーティのアプリケーション)へアクセスする為のオープンプロトコルです。