質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.92%

SPI通信を用いたプログラマブル波形発生器(AD5932)のプログラムについて

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 912

score 15

 前提・実現したいこと

dspicを用いてSPI通信を介して波形発生器(AD5932)の掃引周波数をチャンネルごとに変更したい。
例)
1CH:0.1~1MHz
2Ch:0.01~0.1MHz

1CHおよび2CHを交互に動作させたい

 発生している問題・エラーメッセージ

1パターンの周波数掃引(0.1~1MHz)を1CHおよび2CHに適用することはできていますが、チャンネルごとに掃引周波数を変更する方法が分かりません。

 該当のソースコード

/***  SPI設定パラメータ クロック15MHz(Max20MHz) ***/
unsigned int SPICONValue =  FRAME_ENABLE_OFF & FRAME_SYNC_INPUT &
                            ENABLE_SDO_PIN & SPI_MODE16_ON & SPI_SMP_ON & SPI_CKE_ON&
                            CLK_POL_ACTIVE_HIGH & MASTER_ENABLE_ON &
                            SEC_PRESCAL_1_1 & PRI_PRESCAL_1_1;
unsigned int SPISTATValue = SPI_ENABLE & SPI_IDLE_CON &
                            SPI_RX_OVFLOW_CLR;

/** AD5932の初期設定 **/
void DDSset(void)
{
/* コントロールレジスタ書き込み */
 SPI_CS=0;
 WriteSPI1(0x6F7);
 delay_ns(500);
 SPI_CS=1;
 delay_ns(1000);
/* 開始周波数設定 (0.1~1MHz)*/
 SPI_CS=0;
 WriteSPI1(0xC312);//LSB
 delay_ns(500);
 SPI_CS=1;
 delay_ns(1000);
 SPI_CS=0;
 WriteSPI1(0xD008);//MSB
 delay_ns(500);
 SPI_CS=1;
 delay_ns(1000);
/* 周波数インクリメント設定 */
 SPI_CS=0;
 WriteSPI1(0x209F);//LSB
 delay_ns(500);
 SPI_CS=1;
 delay_ns(1000);
 SPI_CS=0;
 WriteSPI1(0x3000);//MSB
 delay_ns(500);
 SPI_CS=1;
 delay_ns(1000);
/* インクリメント数設定 */
 SPI_CS=0;
 WriteSPI1(0x1FA0);
 delay_ns(500);
 SPI_CS=1;
 delay_ns(1000);
/* インクリメント・インターバル設定 */
 SPI_CS=0;
 WriteSPI1(0x4000);
 delay_ns(500);
 SPI_CS=1;
 delay_ns(1000);
}

/*** タイマ2 割り込み処理関数 ***/
void __attribute__((__interrupt__, __shadow__))_T2Interrupt(void)
{
 IFS0bits.T2IF=0;//割込みフラグクリア
 dds_CTRL=1;
 delay_ns(200);
 dds_CTRL=0;
 SigIn[0] = ReadADC12(0);// Input to A/D converter ()
 Data_new = SigIn[0]+0x8000;//0~FFFFで与える 0x8000=32768
 n=n+1;

 // 最大値検出(トーナメント) //
 if((Data_new > TopDataV) )
 {
  TopDataV = Data_new;
  TopDataf = n;
 }

/***  掃引終了判定* **/
 if(n>=4000)
 {
  count=count+1;
  Vmin[count]=TopDataV;
  fmin[count]=TopDataf;
  TopDataV=0;
  TopDataf=0;

// swiching // 
    if(TX==1 && RX==4){TX3();TX=3;RX3();RX=3;}//1CH
else if(TX==3 && RX==3){TX1();TX=1;RX4();RX=4;ftx=1;}//2CH    

  if(ftx==1){ftx=0;count=0;} 

  dds_Int=1;
  delay_ns(200);
  n=0;
  dds_Int=0;
 }
}

/*** メイン関数 ***/
void main(void)
{
 /// Open SPI クロック 30MHz/1=30MHz(33ns)
 OpenSPI1(SPICONValue,SPISTATValue); 
 INTCON1bits.NSTDIS=1;//多重割り込み禁止
 SPI_CS=1;
 dds_CTRL=1;

 /** DDSの初期設定 **/
 DDSset();//掃引周波数決定
 dds_Int=0;
 CloseSPI1();

 ///初期ch定義
 TX1();TX=1;
 RX4();RX=4;

 /// ADC初期設定 
 OpenADC12(Config1,Config2,Config3,ConfigPort,ConfigScan);    
 SetChanADC12(Channel0);

 //タイマ2設定,OPEN
 Fs2=400000;//Tscan=0.2s_20000,Tscan=0.05s_80000
 SetTime2 = ((Fcy/Fs2)+1);//((30MHz/240000) + 1)
 OpenTimer2(T2_ON & T2_GATE_OFF & T2_PS_1_1 & T2_SOURCE_INT , SetTime2);
 ConfigIntTimer2(T2_INT_PRIOR_4& T2_INT_ON); 

  while(1)
    { }

 補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

dsPIC30f3013
c言語
MPLAB
AD5932

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

AD5392のデータシートを見ると、コマンド中のビットでCHの切り替えをしているようですが、これがうまくいかないということですか?
現状はどういう動作となるのでしょうか

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/10/01 13:15 編集

    回答ありがとうございます。
    現状は"DDSset"関数によって周波数掃引の動作設定を行い、メイン関数で初期設定を行っています。
    そして、タイマ2の割り込み処理の度、"dds_CTRL"がローレベルになることで指定された周波数インクリメントを行います。
    4000回の割り込み処理が行われ、その時のCHのデータの最大値を抽出し次のCHに移行し、同様の掃引周波数で処理を行います。
    現在、すべてのチャンネルを同様の掃引周波数で行っていますが、各チャンネル毎に掃引周波数を変えて同様の処理を行いたいと考えています。

    キャンセル

  • 2018/10/01 16:51

    CHごとに別のタイマでタイマ割り込みをかけ、同様の処理をCHごとに行えばいいという話になりますが、これのどこがわからないのでしょうか

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.92%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る