質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.51%

  • Android

    7296questions

    Androidは、Google社が開発したスマートフォンやタブレットなど携帯端末向けのプラットフォームです。 カーネル・ミドルウェア・ユーザーインターフェイス・ウェブブラウザ・電話帳などのアプリケーションやソフトウェアをひとつにまとめて構成。 カーネル・ライブラリ・ランタイムはほとんどがC言語/C++、アプリケーションなどはJavaSEのサブセットとAndroid環境で書かれています。

  • Android Studio

    4297questions

    Android Studioは、 Google社によって開発された、 Androidのネイティブアプリケーション開発に特化した統合開発ツールです。

canvas上にドットを打ち込めるようにしたいのですが

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 366

tokutoku453

score 5

今、androidstudioでドット絵を打てるアプリを開発してます。
canvas上に線を引く・消しゴムで消す・線の太さを変えるが実装されています。
しかし、線を引くことはできるのですが、ドット絵を打つアプリを開発しているんので線を引くではなく点で打つを実装したいです。
ですが、線の太さを変更したり、続けて描画するを変更しているのですがなぜかうまくいきません。
何かいい方法などはあるのでしょうか?
9/27 19:00追記
drawingviewのDrawLineの部分をDrawPointに変えて点を打てるようにしたいのですがやっぱり線で描画されてしまいます。
Pointに変換する以外で線を引くのではなくタッチ時点で点を打てるようにする方法はあるのでしょうか

drawingbiew.java

package e.toku.myapplication;

import android.content.Context;
import android.graphics.Canvas;
import android.graphics.Color;
import android.graphics.Paint;
import android.graphics.Path;
import android.util.AttributeSet;
import android.view.MotionEvent;
import android.view.View;
import java.util.ArrayList;
import java.util.List;


public class DrawingView extends View {
    // 履歴
    private List<DrawLine> lines;
    // 現在、描いている線の情報
    private Paint paint;
    private Path path;

    // 線の履歴(座標+色)
    class DrawLine {
        private Paint paint;
        private Path path;

        DrawLine(Path path, Paint paint) {
            this.paint = new Paint(paint);
            this.path = new Path(path);
        }

        void draw(Canvas canvas) {
            canvas.drawPath(this.path, this.paint);
        }
    }

    public DrawingView(Context context) {
        super(context);
    }

    public DrawingView(Context context, AttributeSet attrs) {
        super(context, attrs);

        this.path = new Path();

        this.paint = new Paint();
        this.paint.setStyle(Paint.Style.STROKE);
        this.paint.setAntiAlias(true);
        //this.paint.setStrokeWidth(15);

        this.lines = new ArrayList<DrawLine>();
    }

    @Override
    protected void onDraw(Canvas canvas) {
        super.onDraw(canvas);

        // キャンバスをクリア
        canvas.drawColor(Color.WHITE);
        // 履歴から線を描画
        for(DrawLine line : this.lines) {
            line.draw(canvas);
        }
        // 現在、描いている線を描画
        canvas.drawPath(this.path, this.paint);

    }

    @Override
    public boolean onTouchEvent(MotionEvent event) {
        float x = event.getX();
        float y = event.getY();

        switch (event.getAction()) {
            case MotionEvent.ACTION_DOWN:
                this.path.moveTo(x, y);
                break;
            case MotionEvent.ACTION_MOVE:
                this.path.lineTo(x, y);
                break;
            case MotionEvent.ACTION_UP:
                this.path.lineTo(x, y);
                // 指を離したので、履歴に追加する
                this.lines.add(new DrawLine(this.path, this.paint));
                // パスをリセットする
                // これを忘れると、全ての線の色が変わってしまう
                this.path.reset();
                break;
        }
        invalidate();
        return true;
    }

    public void delete() {
        // 履歴をクリア
        this.lines.clear();
        // 現在の線をクリア
        this.path.reset();
        invalidate();
    }

    public void setPen(int color){
        this.paint.setColor(color);
    }

    public void setStrokeWidth(float width){
        this.paint.setStrokeWidth(width);
    }
}

mainactivty

package e.toku.myapplication;

import android.app.Activity;
import android.graphics.Color;
import android.os.Bundle;
import android.os.CpuUsageInfo;
import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.view.View;
import android.view.Window;
import android.widget.Button;
import android.widget.Toast;
import android.widget.SeekBar;


public class MainActivity extends AppCompatActivity implements View.OnClickListener {
    private DrawingView drawingView;
    Button red_button,blue_button,yellow_button,black_button,kesigomu_button;
    Button hutosa1_button,hutosa2_button;



    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        supportRequestWindowFeature(Window.FEATURE_NO_TITLE);
        setContentView(R.layout.activity_main);

//線の色指定
        blue_button= findViewById(R.id.blue_button);
        red_button= findViewById(R.id.red_button);
        yellow_button= findViewById(R.id.yellow_button) ;
        black_button= findViewById(R.id.black_button);
        kesigomu_button= findViewById(R.id.kesigomu_button);

        //線の太さ指定
        hutosa1_button= findViewById(R.id.hutosa1_button);
        hutosa2_button= findViewById(R.id.hutosa2_button);


        blue_button.setOnClickListener(this);
        red_button.setOnClickListener(this);
        yellow_button.setOnClickListener(this);
        black_button.setOnClickListener(this);
        kesigomu_button.setOnClickListener(this);

        hutosa1_button.setOnClickListener(this);
        hutosa2_button.setOnClickListener(this);





        this.drawingView = findViewById(R.id.drawing_view);

        findViewById(R.id.deletebutton).setOnClickListener(deleteDrawing);

    }
    View.OnClickListener deleteDrawing = new View.OnClickListener(){
        @Override
        public void onClick(View view){
            drawingView.delete();
        }
    };


    public void onClick(View v){
        switch(v.getId()){
            //線の色指定
            case R.id.blue_button:
                drawingView.setPen(Color.BLUE);
                Toast.makeText(this,"blue",Toast.LENGTH_SHORT).show();
                break;
            case R.id.red_button:
                drawingView.setPen(Color.RED);
                Toast.makeText(this,"red",Toast.LENGTH_SHORT).show();
                break;
            case R.id.yellow_button:
                drawingView.setPen(Color.YELLOW);
                Toast.makeText(this,"yellow",Toast.LENGTH_SHORT).show();
                break;
            case R.id.black_button:
            drawingView.setPen(Color.BLACK);
            Toast.makeText(this,"black",Toast.LENGTH_SHORT).show();
                break;
            case R.id.kesigomu_button:
                drawingView.setPen(Color.WHITE);
                drawingView.setStrokeWidth(45);
                Toast.makeText(this,"消しゴム",Toast.LENGTH_SHORT).show();
                break;
                //線の太さ指定
            case R.id.hutosa1_button:
                drawingView.setStrokeWidth(15);
                Toast.makeText(this,"太さ中",Toast.LENGTH_SHORT).show();
                break;
            case R.id.hutosa2_button:
                drawingView.setStrokeWidth(30);
                Toast.makeText(this,"太さ大",Toast.LENGTH_SHORT).show();
                break;

        }
    }

    @Override
    public void onPointerCaptureChanged(boolean hasCapture) {

    }


}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • mts10806

    2018/09/27 06:01

    現在はどのようなコードで実現されているのでしょうか?「うまくいかない」だけだとどのようなコードで何が起きているのかわからないのでそのあたりわかる内容を質問本文に追記してください

    キャンセル

  • mts10806

    2018/09/27 06:04

    canvasはhtml5のもので、そのcanvasの操作じたいは自体はJavaScriptなどのはずなので、タグも適宜追加してください。内容次第ですがAndroid特有とは限りませんので

    キャンセル

  • tokutoku453

    2018/09/27 06:10

    失礼いたしました 修正して再び投稿させていただきます

    キャンセル

  • mts10806

    2018/09/27 08:17

    修正ありがとうございます。私みたいにタグで引っ張られる人もいるので…適切なタグ付けって慣れないと難しそうですね

    キャンセル

回答 1

checkベストアンサー

+1

Paintの Cap を指定することで、Pathの始点・終点のまわりにどう描画を行うかを設定できます。デフォルトではCap.BUTTが指定されていてPathが1点のみだと描画がされないので、 Cap.SQUARE か Cap.ROUND を指定してみてください。

  • Capのイメージ

Cap
(この画像は Xamarinのドキュメント からお借りしました)

 追記についての補足

ACTION_DOWNの時点で点を描画したいのなら、上記の設定に加えて

case MotionEvent.ACTION_DOWN:
    this.path.moveTo(x, y);
    this.path.lineTo(x, y); // 同じ位置への線を追加することで、点を描画する
    break;

という風に修正してみてください。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/11/09 06:31

    やはり色々試してみたのですが描画した線を点にすることができませんでした。capの設定の仕方がおかしいということになるのでしょうか?

    キャンセル

同じタグがついた質問を見る

  • Android

    7296questions

    Androidは、Google社が開発したスマートフォンやタブレットなど携帯端末向けのプラットフォームです。 カーネル・ミドルウェア・ユーザーインターフェイス・ウェブブラウザ・電話帳などのアプリケーションやソフトウェアをひとつにまとめて構成。 カーネル・ライブラリ・ランタイムはほとんどがC言語/C++、アプリケーションなどはJavaSEのサブセットとAndroid環境で書かれています。

  • Android Studio

    4297questions

    Android Studioは、 Google社によって開発された、 Androidのネイティブアプリケーション開発に特化した統合開発ツールです。