質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
JSP

JSP(Java Server Pages)とは、ウェブアプリケーションの表示レイヤーに使われるサーバーサイドの技術のことです。

Java

Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。

Eclipse

Eclipseは、IBM社で開発された統合開発環境のひとつです。2001年11月にオープンソース化されました。 たくさんのプラグインがあり自由に機能を追加をすることができるため、開発ツールにおける共通プラットフォームとして位置づけられています。 Eclipse自体は、Javaで実装されています。

解決済

jspからjspへセッションを用いて値を渡したい

nagomi72
nagomi72

総合スコア51

JSP

JSP(Java Server Pages)とは、ウェブアプリケーションの表示レイヤーに使われるサーバーサイドの技術のことです。

Java

Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。

Eclipse

Eclipseは、IBM社で開発された統合開発環境のひとつです。2001年11月にオープンソース化されました。 たくさんのプラグインがあり自由に機能を追加をすることができるため、開発ツールにおける共通プラットフォームとして位置づけられています。 Eclipse自体は、Javaで実装されています。

2回答

0評価

0クリップ

8579閲覧

投稿2018/09/12 06:07

scheduleIndex.jspの値をセッションに保存し、scheduleDetail.jspでセッションに保存された値を取得したいと考えています。

ScheduleToday.javaでセッションに保存した値をscheduleIndex.jspで取得することは成功し、リンクで移動した先のscheduleDetail.jspでも同様にサーブレットクラスでセッションに保存した値を取得しようとしたところ、値がないとのエラーが出ました。

scheduleIndex.jspからscheduleDetail.jspへリンクで移動した段階でサーブレットクラスでセッションに保存された値は消失してしまうため、
scheduleIndex.jspで再びセッションに値を保存する必要があると聞いたため、scheduleIndex.jsp内でセッションに値を再度セットし、再セットしたセッションから値を取得するコードを書いたのですが再度セットがうまくできていません。

変数year_nowはnullではないことは確認できています。

どの部分に問題があるのか、ご教授頂きたく存じます。

scheduleIndex.jsp

<%@ page language="java" contentType="text/html; charset=UTF-8" pageEncoding="UTF-8"%> <!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd"> <html> <head> <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8"> <title>Insert title here</title> <style> div.inputForm { position: absolute; top: 10px; right: 600px; } </style> </head> <body> <% //セッションから値を取得 int year_now = Integer.parseInt((String)request.getAttribute("YEAR")); int month_now = Integer.parseInt((String)request.getAttribute("MONTH")); int day_now = Integer.parseInt((String)request.getAttribute("DAY")); String[] schedule_array = ((String[]) request.getAttribute("SCHEDULEARRAY")); %> <!-- ここでセッションに値を入れているつもりが入っていない --> <% session.setAttribute("TESTYEAR", year_now); %> <!-- ここでjava.lang.NumberFormatException: nullが発生する --> <% int test_year = Integer.parseInt((String)request.getAttribute("TESTYEAR")); %> <%= test_year %> スケジュール詳細ページ&nbsp;<br> <a href="/CalendarJsp/Calendar.jsp?YEAR=<%=year_now%>&MONTH=<%=month_now%>">戻る</a> <table border="1"> <tr> <td>時刻</td> <td>予定</td> </tr> <!-- 0時から23時までを表示 --> <% for (int i = 0; i < 24; i++) { %> <tr> <td><%=i%>:00</td> <!-- <td width="800" height="30"><%= schedule_array[i] %></td> --> <td width="800" height="30"><a href="/CalendarJsp/scheduleDetail.jsp?YEAR=<%=year_now%>&MONTH=<%=month_now%>&DAY=<%=day_now%>"><%= schedule_array[i] %></a></td> </tr> <% } %> </table> <!--セレクトボックスを作っていく まずは年度から --> <div class="inputForm"> <form action="/CalendarJsp/AddSchedule" method="post"> <table> <tr> <td nowrap>日付</td> <td><select name="YEAR"> <% for (int i = year_now; i < year_now + 5; i++) { %> <% //パラメータをプルダウンメニューの初期値にする if (i == year_now) { %> <option value=<%=year_now%> selected><%=i%>年 <% } %> <option value=<%=year_now%>><%=i%>年 <% } %> </select> <select name="MONTH"> <% for (int j = 1; j < 13; j++) { %> <% if (j == month_now) { %> <option value=<%=j%> selected><%=j%>日 <% } %> <option value=<%=j%>><%=j%>月 <% } %> </select> <select name="DAY"> <% for (int k = 1; k < 32; k++) { %> <% if (k == day_now) { %> <option value=<%=k%> selected><%=k%>日 <% } %> <% if (k != day_now) { %> <option value=<%=k%>><%=k%>日 <% } %> <% } %> </select></td> </tr> <tr> <td nowrap>時刻</td> <td><select name="SHOUR"> <% for (int i = 0; i < 24; i++) { %> <option value=<%=i%>><%=i%>時 <% } %> </select> <select name="SMINUTE"> <option value="0">00分 <option value="30">30分 </select> ~ <select name="EHOUR"> <% for (int i = 0; i < 24; i++) { %> <option value=<%=i%>><%=i%>時 <% } %> </select> <select name="EMINUTE"> <option value="0">00分 <option value="30">30分 </select></td> </tr> <tr> <td nowrap>予定</td> <td><input type="text" name="PLAN" value="" size="30" maxlength="100"></td> </tr> <tr> <td valign="top" nowrap>メモ</td> <td><textarea name="MEMO" cols="30" rows="10" wrap="virtual"></textarea></td> </tr> </table> <p> <input type="submit" value="登録する"> <input type="reset" value="入力し直す"> <p> </form> </div> </body> </html>

scheduleToday.java

package servlet; import java.io.IOException; import java.sql.Connection; import java.sql.Date; import java.sql.DriverManager; import java.sql.PreparedStatement; import java.sql.ResultSet; import java.sql.SQLException; import java.sql.Statement; import java.util.ArrayList; import java.util.concurrent.ScheduledExecutorService; import javax.servlet.RequestDispatcher; import javax.servlet.ServletException; import javax.servlet.ServletRequest; import javax.servlet.annotation.WebServlet; import javax.servlet.http.HttpServlet; import javax.servlet.http.HttpServletRequest; import javax.servlet.http.HttpServletResponse; import javax.servlet.http.HttpSession; import javax.xml.crypto.Data; import org.eclipse.jdt.internal.compiler.ast.ArrayAllocationExpression; import org.omg.CosNaming.NamingContextExtPackage.StringNameHelper; import model.Month; @WebServlet("/ScheduleToday") public class ScheduleToday extends HttpServlet { private static final long serialVersionUID = 1L; public void doGet(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response) throws IOException, ServletException { // パラメータ取得 String year_now = request.getParameter("YEAR"); String month_now = request.getParameter("MONTH"); String day_now = request.getParameter("DAY"); // 0埋め String month_shaping = String.format("%02d", Integer.parseInt(month_now)); String day_shaping = String.format("%02d", Integer.parseInt(day_now)); // where旬でつかう String specified_day = year_now + "-" + month_shaping + "-" + day_shaping + " 00:00:00"; // ログイン機能をつけた時に考える int id = 1; String[] schedule_array = new String[24]; for (int i = 0; i < 24; i++) { schedule_array[i] = ""; } response.setContentType("text/html; charset=UTF-8"); Connection conn = null; try { // JDBCドライバを読み込み Class.forName("oracle.jdbc.driver.OracleDriver"); // データベースへ接続 conn = DriverManager.getConnection("jdbc:oracle:thin:@192.168.0.132:1521:xe", "stockuser", "moriara0029"); PreparedStatement stmt = conn.prepareStatement( "SELECT * FROM schedule WHERE ID = ? and scheduledate = to_date(?,'YYYY-MM-DD HH24:MI:SS')"); System.out.println(specified_day); // sql文の値をセット stmt.setInt(1, 1); stmt.setString(2, specified_day); // selectを実行し、結果票を取得 ResultSet rs = stmt.executeQuery(); // 結果表に格納されたレコードの内容を表示 while (rs.next()) { String start_time = rs.getString("STARTTIME"); String end_time = rs.getString("ENDTIME"); String schedule = rs.getString("SCHEDULE"); //0から23の数字と比較したいから時分秒の時分を抜き出し String start_time_time = start_time.substring(11, 13); String start_time_minute = start_time.substring(14, 16); String end_time_time = end_time.substring(11, 13); String end_time_minute = end_time.substring(14, 16); //スケジュール欄に表示させる時間 String totale_time = start_time_time + ":" + start_time_minute + "-" + end_time_time + ":" + end_time_minute + " "; for (int i = 0; i < 24; i++) { String character_conversion = Integer.toString(i); String time_schedule = String.format("%02d", Integer.parseInt(character_conversion)); if (start_time_time.equals(time_schedule)) { schedule_array[i] = totale_time + schedule; } } } } catch (ClassNotFoundException e) { e.printStackTrace(); } catch (SQLException e) { e.printStackTrace(); } catch (Exception e) { e.printStackTrace(); } finally { try { if (conn != null) { conn.close(); } } catch (SQLException e) { e.printStackTrace(); } } System.out.println("sessionにはこいつらをいれるよ.year" + year_now + ":month:" + month_now + ":day:" + day_now); request.setAttribute("YEAR", year_now); request.setAttribute("MONTH", month_now); request.setAttribute("DAY", day_now); request.setAttribute("SCHEDULEARRAY", schedule_array); // ユーザーのスケジュール表示画面へフォワード RequestDispatcher dispatcher = request.getRequestDispatcher("/scheduleIndex.jsp"); dispatcher.forward(request, response); } }

エラー文

9 12, 2018 2:57:42 午後 org.apache.catalina.core.StandardWrapperValve invoke 重大: Servlet.service() for servlet [servlet.ScheduleToday] in context with path [/CalendarJsp] threw exception [An exception occurred processing JSP page /scheduleIndex.jsp at line 35 32: <!-- year_nowにはちゃんと値が入っていることを確認 --> 33: <% System.out.println(year_now); %> 34: <!-- ここでjava.lang.NumberFormatException: nullが発生する --> 35: <% int test_year = Integer.parseInt((String)request.getAttribute("TESTYEAR")); %> 36: <%= test_year %> 37: 38: Stacktrace:] with root cause java.lang.NumberFormatException: null

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

JSP

JSP(Java Server Pages)とは、ウェブアプリケーションの表示レイヤーに使われるサーバーサイドの技術のことです。

Java

Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。

Eclipse

Eclipseは、IBM社で開発された統合開発環境のひとつです。2001年11月にオープンソース化されました。 たくさんのプラグインがあり自由に機能を追加をすることができるため、開発ツールにおける共通プラットフォームとして位置づけられています。 Eclipse自体は、Javaで実装されています。