質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.61%

  • クロスブラウザ

    3questions

    クロスブラウザは、ウェブサイト・ウェブアプリケーション・ライブラリ・コンポーネントを開発する際の慣行であり、これに従うことで、様々なウェブブラウザやレンダリングエンジンでの動作が可能となります。

クロスブラウザ対応はどこまで?

受付中

回答 4

投稿

  • 評価
  • クリップ 2
  • VIEW 1,799

twin_bird

score 207

2015年7月現在、クロスブラウザ対応はどこまで保証していますか?

制作会社、フリーランス、その他様々な立場の方々の対応状況を伺いたいです。
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 4

0

IE9以上の対応にしています。IE9未満では「ご使用のブラウザでは一部正しい表示にはなりません。より新しいブラウザをご使用ください」のメッセージを表示することで対応しています。この場合でも、全ての動作は保証しませんがおおむねレイアウト崩れ無しで閲覧出来るようにしています。

あらかじめ要望が有ればIE8以上の対応で作成しています。
IE7の要望についてはお断りしています。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2015/07/25 00:18

    「ブラウザシェア」で検索して、そろそろ対応しなくていいかな。というバージョンは除外してきました。
    https://webrage.jp/mobile/data/pc_browser_share.html
    IE7は圏外ですのでこの資料の数字を呈示すれば納得していただける場合があります。
    WindowsXPはサポートが切れましたのでそのあたりの説明もします。
    IE7に対応させるのは大変ですので。

    キャンセル

  • 2015/07/25 00:28

    回答ありがとうございます! 

    キャンセル

0

Windowsですと…

IEは「8でも見れないことはない」程度で8以降に対応させています。
基本は9以降ですが、CSS3をメインに使う場合はこれまた「見れないことはない」程度に9と10を対応させている感じですね。
7は「正常に機能しない可能性があります」と警告を出す形で、6はしょっぱなから対象外です。
Edgeはどんな挙動をするかはまだ分からないので今のところ対象外です。とはいえ8月には対応させなければなりませんけどね…たぶん。

FirefoxとChromeは勝手にバージョンが上がるので開発開始時点の最新版を基準として動作保証しています。

その他ですとOpera、Windows Safari、Sleipnirなどですかね。このあたりは明確に保証はしませんが動作チェックはします。


Macは開発開始時点のSafari最新版で動けば大体OKとしています。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2015/07/25 00:26

    回答有難うございます!

    キャンセル

0

案件によって変わりますが、私の会社では、下記のブラウザを基本にしています。
ただし、IE8は場合によっては表現のレベルを下げて対応します。

Windows
・IE8以上
・Firefox最新版
・Google Chrome最新版

Mac
・Safari最新版
・Firefox最新版
・Google Chrome最新版

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2015/07/25 00:39

    回答ありがとう御座います!

    キャンセル

0

受託開発の下請けフリーランスです。

基本的には発注元の指示に従いますが、概ね以下のようなケースが多いです。

▼Windows
・Chrome、Firefox最新版
・IE8以上(※IE8は表現のグレードは落とす)

▼Mac
・Chrome、Firefox、Safari最新版

▼モバイル
・iOS7以上、Android4.x以上

IE8については他の方もおっしゃっているように、CSS3前提の箇所について無理な対応はせず、表現を落とします。

IE7以下については基本的に対象外ですが、PC専用サイトで先方からどうしてもと言われれば別途料金で対応します。

レスポンシブの場合は原則IE9以上ですが、IE8もと言われたらデスクトップファースト方式で対応します。

今の所IE9以上対応でIE8は無視でいい、というクライアントは少数派で、多少表現のグレードは落としてもそれなりには見えるように対応してほしいというケースが大半ですね。

来年以降IE8はサポートが切れるので、そしたらそろそろ無視しても良くなりそうな予感はします。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.61%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • クロスブラウザ

    3questions

    クロスブラウザは、ウェブサイト・ウェブアプリケーション・ライブラリ・コンポーネントを開発する際の慣行であり、これに従うことで、様々なウェブブラウザやレンダリングエンジンでの動作が可能となります。