質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.52%

  • ImageMagick

    94questions

    ImageMagickとは、画像の表示や操作を行うオープンソースのソフトウェアです。プログラムはCで書かれており、GIFやJPEG、PDFなど画像ファイルフォーマット100種類以上に対応しています。

  • Tesseract

    30questions

    Tesseractは、Googleが提供しているオープンソースのOCRエンジンです。機械学習があり60以上の言語に対応でき、日本語の文字認識も可能です。さらに精度を上げることもできます。

Apache Licenseについて

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 203

siita

score 2

現在、ImageMagick と Tesseract-OCR を使用するツールを作成している者です。

上記のどちらも Apache License 2.0 (正確には ImageMagick は Apache License 2.0 ではないと思いますが、ほぼ同等と理解しています) として公開されています。

これらのライブラリを使用するにあたって色々と調べてみてはいるのですが、どのような対応をすべきなのかがはっきりと理解できていません…。

そこで質問なのですが、以下の3点のケースではどういった対応が必要になるのでしょうか。
(もしくは、対応不要なケースもあるのでしょうか)

(1) ビルドしたものをバイナリとして同梱する場合
(2) インストーラーを同梱する場合
(3) インストーラーをユーザーにダウンロード、インストールさせる場合

ソースコードを同梱しないため、ソースコードとは別の箇所に記載する必要がありそうということはわかったのですが、具体的に、どういった内容の記載(著作権表示?ライセンス条項?)を、どこに記載すべきなのかがわかっておりません。

有識者の方、ご回答お願いいたします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

あくまで参考訳ですが、Apache License 2.0の和訳から、再配布に関する条件を抜き出してみます。

あなたは、ソース形式であれオブジェクト形式であれ、変更の有無に関わらず、以下の条件をすべて満たす限りにおいて、成果物またはその派生成果物のコピーを複製したり頒布したりすることができます。

  1. 成果物または派生成果物の他の受領者に本ライセンスのコピーも渡すこと。
  2. 変更を加えたファイルについては、あなたが変更したということがよくわかるような告知を入れること。
  3. (ソースコード頒布する場合なので省略)
  4. 成果物の一部として「NOTICE」に相当するテキストファイルが含まれている場合は、そうしたNOTICEファイルに含まれている帰属告知のコピーを、派生成果物のどこにも関係しないものは除いて、頒布する派生成果物に入れること。その際、次のうちの少なくとも1箇所に挿入すること。(i) 派生成果物の一部として頒布するNOTICEテキストファイル、(ii) ソース形式またはドキュメント(派生成果物と共にドキュメントを頒布する場合)、(iii) 派生成果物によって生成される表示(こうした第三者告知を盛り込むことが標準的なやり方になっている場合)。NOTICEファイルの内容はあくまで情報伝達用であって、本ライセンスを修正するものであってはなりません。あなたは頒布する派生成果物に自分の帰属告知を(成果物からのNOTICEテキストに並べて、またはその付録として)追加できますが、これはそうした追加の帰属告知が本ライセンスの修正と解釈されるおそれがない場合に限られます。

インストーラがある場合はインストール時の利用許諾契約の一部として表示するのが適切でしょうし、そうであってもなくても「配布物にテキストファイルで添付する」、あるいは「アプリケーション内のバージョン情報などから確認できるようにしておく」などの形で「本ライセンスのコピー」を確認できるようにする必要があります(ImageMagickにはNOTICEファイルもありますので、こちらについても同様の対応が必要です)。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/05/28 21:20

    ご回答ありがとうございます!

    ツールはインストーラなしを考えていますので、別途テキストファイル等で添付する必要があるということですね。

    他のところでも理解が進まなかったのが、
    ・本ライセンスのコピーを渡すとは、具体的に何をすればよいのか
     (渡すって表現が曖昧というか、分かりにくいというか…)
    ・NOTICEファイルに含まれている帰属告知のコピーとは、具体的に何をすればよいのか
    といった点でした。

    今回の場合は、
    ・本ライセンスのコピーに関しては、ImageMagickとTesseract-OCRを使っていることをREADMEなどで明示すればよい?
    ・NOTICEファイルに含まれている帰属告知のコピーに関しては、NOTICEファイルを、配布するパッケージ(zip)内にそのまま格納?
    といった対応で問題ないのでしょうか。

    それと、自分の成果物を Apache License 2.0 で公開する場合と、自分の成果物に Apache License 2.0 のものを使用しているときの対応方法の違いもいまいち理解できていません…。

    キャンセル

  • 2018/05/28 21:27

    ライセンスやNOTICEは、一字一句改変せずそのまま同じテキストを提供できるようにしてください。

    キャンセル

  • 2018/05/28 22:31

    ありがとうございます。

    何度も申し訳ないのですが、NOTICEに関してはそのままで理解できたのですが、ライセンスというのは Tesseract-OCR でいうところの以下の文書になりますか?

    https://github.com/tesseract-ocr/tesseract/blob/master/LICENSE

    これを成果物に入れる=私の成果物が Apache License 2.0 で公開という意味なのかな、と思っているのですが…。

    それとも、使っている側としてはこちらを入れておけばいいのでしょうか。

    https://github.com/tesseract-ocr/tesseract/blob/master/COPYING

    キャンセル

  • 2018/05/28 22:42

    「このプログラムではTesseract-OCRというライブラリを使用しています。(Tesseractのライセンスそのまま)」というように、全体にかからないように表示する形で大丈夫です。

    たとえば、Google ChromeやMozilla Firefoxなどでも、内部で各種のFLOSSを使用していますので、それぞれどのライブラリがどんなライセンス条件で提供されているか、表示する画面があります(バージョン情報からたどれます)。

    キャンセル

  • 2018/05/28 23:09

    なるほど、使ってることを明示してからライセンスの情報をそのまま載せればいいのですね!

    例示までしていただいてありがとうございます。
    具体例が確認できたおかげでイメージが沸きました!

    何度もご回答いただき、ありがとうございました。

    キャンセル

  • 2018/05/28 23:13

    あ、最後に一つだけ…。

    私が作成したツールに ImageMagick、Tesseract-OCR のインストーラーを同梱することは、オブジェクト形式での頒布に当たると考えていいでしょうか。
    ユーザーにダウンロードさせるより、同梱されていたほうがいいかと思いまして。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.52%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • ImageMagick

    94questions

    ImageMagickとは、画像の表示や操作を行うオープンソースのソフトウェアです。プログラムはCで書かれており、GIFやJPEG、PDFなど画像ファイルフォーマット100種類以上に対応しています。

  • Tesseract

    30questions

    Tesseractは、Googleが提供しているオープンソースのOCRエンジンです。機械学習があり60以上の言語に対応でき、日本語の文字認識も可能です。さらに精度を上げることもできます。