質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.48%

  • JavaScript

    16983questions

    JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

  • AWS(Amazon Web Services)

    2076questions

    Amazon Web Services (AWS)は、仮想空間を機軸とした、クラスター状のコンピュータ・ネットワーク・データベース・ストーレッジ・サポートツールをAWSというインフラから提供する商用サービスです。

AWS S3のアップロードでAccess Deniedになる

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 780

r-kurokw

score 4

 実現したいこと

AWS Cognitoで認証されたユーザにS3の画像のアップロード, 閲覧, 及び削除権限を与えたい。

 現状

以下のプログラムを作成しましたが、アクセス権限がないと怒られます。

AWS.config.region = region;
AWS.config.update({
    credentials: new AWS.CognitoIdentityCredentials({
        RoleArn: "arn:aws:iam::[Account ID]:role/[Role name]",
        IdentityPoolId: [Cognito IdentityPoolId]
    })
});
var bucket = new AWS.S3({
    params: {
        Bucket: [Bucket name]
    }
});
var params = {
    Key: [File name],
    ContentType: [File type],
    Body: [File]
};
bucket.putObject(params, function(err, data) {
    if (err) console.log(err);
    else console.log(data);
});


エラー内容は以下の通りです。

エラー内容

1回目の実行では、
Missing credential in config
というエラーが出て、2回目以降では、
Access Denied
というエラーが出る挙動も何か関係しているのでしょうか?

原因の可能性としては、

  • IAMロールの設定が間違っている
  • コードに誤りがある

のどちらかにあると思うのですが、ご教授いただけませんでしょうか。。。

 作業内容

IAMのロールを以下のように設定しました。

{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": [
        {
            "Sid": "AllowPublicCognitoIdentity",
            "Effect": "Allow",
            "Action": [
                "cognito-identity:*",
                "mobileanalytics:PutEvents",
                "cognito-sync:*"
            ],
            "Resource": "*"
        },
        {
            "Sid": "AllowPublicS3Bucket",
            "Effect": "Allow",
            "Action": [
                "s3:ListBucket"
            ],
            "Resource": [
                "arn:aws:s3:::[Bucket name]"
            ],
            "Condition": {
                "StringLike": {
                    "s3:prefix": [
                        "cognito/[Cognito App name]/"
                    ]
                }
            }
        },
        {
            "Sid": "AllowPublicS3Object",
            "Effect": "Allow",
            "Action": [
                "s3:GetObject",
                "s3:PutObject",
                "s3:DeleteObject",
                "s3:PutObjectAcl"
            ],
            "Resource": [
                "arn:aws:s3:::[Bucket name]/cognito/[Cognito App name]/${cognito-identity.amazonaws.com:sub}",
                "arn:aws:s3:::[Bucket name]/cognito/[Cognito App name]/${cognito-identity.amazonaws.com:sub}/*"
            ]
        }
    ]
}

 参考にしたページ

Amazon S3: Amazon Cognito ユーザーにバケット内のオブジェクトへのアクセスを許可する
サーバーレスでJavaScript だけで画像ファイルをアップロードする方法

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • lazhuward

    2018/05/09 11:17 編集

    AWS.config.region = region; この部分はマスキングしてますか?それともコードそのままですか?

    キャンセル

  • r-kurokw

    2018/05/09 11:21

    ご連絡ありがとうございます!マスキングしております。実際には`ap-northeast-1`を入れております。

    キャンセル

  • lazhuward

    2018/05/09 11:39 編集

    なるほど。このJSはどこで動かしてますか?AWSのサービスを利用してますか?ローカルならSSLもしくはHTTPポート空いてますか?

    キャンセル

  • r-kurokw

    2018/05/09 11:43

    JSはブラウザサイドで動かしていますので、AWSのサービスではないです。フレームワークとして、Vue.jsを用いております。

    キャンセル

回答 1

checkベストアンサー

0

AWS.config.update({
    credentials: new AWS.CognitoIdentityCredentials({
        RoleArn: "arn:aws:iam::[Account ID]:role/[Role name]",
        IdentityPoolId: [Cognito IdentityPoolId]
    })
});


の RoleArn のところ、Poolとarnが共存しているので不具合が起きているような気がします。
参考にしたページもARN書いて無かったのですが、どこかでROLEARN使っている記事がありましたか?

■FYI
Amazon Cognito » 開発者ガイド
cognitoを使ってログイン画面を作ってみた! 〜ログイン画面作成〜(作業メモ)
Amazon Cognito UserPools を JavaScript から使ってみる

追記1

IAMポリシーを以下にしてみてください。

{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": [
        {
            "Sid": "AllowPublicCognitoIdentity",
            "Effect": "Allow",
            "Action": [
                "cognito-identity:*",
                "mobileanalytics:PutEvents",
                "cognito-sync:*"
            ],
            "Resource": "*"
        },
        {
            "Sid": "AllowPublicS3Bucket",
            "Effect": "Allow",
            "Action": [
                "s3:ListBucket"
            ],
            "Resource": [
                "arn:aws:s3:::[Bucket name]"
            ],
            "Condition": {
                "StringLike": {
                    "s3:prefix": [
                        "cognito/[cognito app name]/"
                    ]
                }
            }
        },
        {
            "Sid": "AllowPublicS3Object",
            "Effect": "Allow",
            "Action": [
                "s3:GetObject",
                "s3:PutObject",
                "s3:DeleteObject",
                "s3:PutObjectAcl"
            ],
            "Resource": [
                "arn:aws:s3:::[Bucket name]/cognito/[cognito app name]/[folder name]/",
                "arn:aws:s3:::[Bucket name]/cognito/[cognito app name]/[folder name]/*"
            ]
        }
    ]
}

追記2

Cognito IAMロールのデフォルトポリシー

{
  "Version": "2012-10-17",
  "Statement": [
    {
      "Effect": "Allow",
      "Action": [
        "mobileanalytics:PutEvents",
        "cognito-sync:*",
        "cognito-identity:*"
      ],
      "Resource": [
        "*"
      ]
    }
  ]
}

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/05/09 15:17

    ご回答いただきありがとうございます!

    RoleArnは、Cognitoのユーザ認証を受けたユーザのみ、S3のアップロードを可能にするために設定していましたが、IdentityPoolIDを指定することで、そこに紐づけられているロールが適用されるので必要なく、共存してしまっているということでしょうか?

    また、RoleArnの設定を消して、再度実行してみましたが、エラーは依然として変化しませんでしたm(._.)m

    キャンセル

  • 2018/05/09 16:15 編集

    ああ、400 bad requestですね。
    クレデンシャル情報がうまく通ってないですね。
    追記したのでIAMポリシーを変更して変わるか試してもらえますか?
    変数も使わずベタ打ちで。

    あと、S3側のバケットポリシーはどうなっていますか?

    キャンセル

  • 2018/05/09 16:25

    この[folder name]というのは、S3に画像をアップロードする際のフォルダ名という認識で合っていますでしょうか?
    また、S3側のバケットポリシーは設定しておりません。

    キャンセル

  • 2018/05/09 16:31

    そうです ${cognito-identity.amazonaws.com:sub} に当たる部分です。

    S3バケットポリシーは了解しました。

    キャンセル

  • 2018/05/09 23:20

    遅くなりました。
    ${cognito-identity.amazonaws.com:sub}の部分を[folder name]に変更すると、「このポリシーはアクセス許可を提供しないいくつかのアクション、リソース、条件の表示を提供します」のようなWarningが出てしまいます。。。

    キャンセル

  • 2018/05/10 10:10

    あ、すみません。ListObjectじゃなくてListBucketでしたか

    キャンセル

  • 2018/05/10 11:35 編集

    今のままですと、切り分けができてませんので、CognitoのIAMロールをデフォルトに戻して

    IAM画面>ロール>該当ロールのリンクを押下>ポリシーのアタッチより
    S3FullAccessを追加してみてください。

    キャンセル

  • 2018/05/10 13:15

    CognitoのIAMを追記2に記載していただいた内容に変更して、そのロールに対してS3FullAccessをアタッチしましたが、エラーは依然として変わりませんでした。。
    ということは、コード側に問題があるということでしょうか。。。

    キャンセル

  • 2018/05/10 13:28

    すみません、putobjectする際に、ACL: "public-read"を付けていたのですが、これを設定せずにアップロードすると、成功しました。

    キャンセル

  • 2018/05/10 15:00

    >putobjectする際に、ACL: "public-read"を付けていた
    上のソースコードには処理がありませんが、連携している他のソースコードでやっていたってことですか?

    キャンセル

  • 2018/05/10 15:56 編集

    そうです。。申し訳ないです。ここから、Cognitoのユーザに限定するように処理を書き換えていこうと思います。ありがとうございます。

    キャンセル

  • 2018/05/10 17:56

    なるほど。了解しました。AWSはどこが原因なのか突き止めるのが難しいので1つ1つ可能性を潰していくことが一番の近道になります。今回のようにポリシーを一旦S3FullAccesとかにしておくと原因を突き止めるのが早いのでおすすめです。
    セキュリティ担保は一番最後にやれば良いので。
    ただ、設定したところは忘れないようにしておいてください。

    キャンセル

  • 2018/05/11 10:20 編集

    なるほど。今回はすごく助かりましたし、勉強させていただきました。いろいろご教授いただきましてありがとうございました!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.48%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • JavaScript

    16983questions

    JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

  • AWS(Amazon Web Services)

    2076questions

    Amazon Web Services (AWS)は、仮想空間を機軸とした、クラスター状のコンピュータ・ネットワーク・データベース・ストーレッジ・サポートツールをAWSというインフラから提供する商用サービスです。