質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.84%

  • PHP

    18679questions

    PHPは、Webサイト構築に特化して開発されたプログラミング言語です。大きな特徴のひとつは、HTMLに直接プログラムを埋め込むことができるという点です。PHPを用いることで、HTMLを動的コンテンツとして出力できます。HTMLがそのままブラウザに表示されるのに対し、PHPプログラムはサーバ側で実行された結果がブラウザに表示されるため、PHPスクリプトは「サーバサイドスクリプト」と呼ばれています。

  • Laravel 5

    1617questions

    Laravel 5は、PHPフレームワークLaravelの最新バージョンで、2014年11月に発表予定です。ディレクトリ構造がが現行版より大幅に変更されるほか、メソッドインジェクションやFormRequestの利用が可能になります。

Laravel5.6 バリデーションチェックの実装でNo messageが返却される

解決済

回答 3

投稿

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 258

ship0890

score 1

 前提・実現したいこと

Laravel5.6でバリデーションチェックの実装をしようとしています。
フォーム入力画面→バリデーションチェック→リダイレクトで元の画面にエラー文言表示
の流れで実装しようとしていますが、「No massege」のエラーとなってしまいます。
初歩的な質問だと思いますが、エラーの原因がわかる方、ご教授ください。

 発生している問題・エラーメッセージ

Symfony \ Component \ HttpKernel \ Exception \ MethodNotAllowedHttpException
No message


また、以下のように実装しています。
概要としては
・postでフォーム送信(blade)
・ルート指定をmiddleware・webで囲む(api.php)
・php artisan make:request XXXXでバリデーションチェック用のクラス作成
→rule、messageをその中で定義
・controllerにてmakeで作成したRequestクラスを使用し、バリデーションチェックを行うように
・元のbladeにリダイレクト。$errorsからメッセージを取り出し、表示する。

 該当のソースコード

blade

<form method="post" action={{ Request::root()."/api/".config('api.version')."reservation/checkconfirm" }}>
{{ csrf_field() }}
--中略--
<input class="submit_button" type="submit" name="submit" value="確認画面へ">
</form>


api.php

Route::group(['middleware' => ['web']], function() {
    Route::group(['namespace' => 'Resv', 'prefix' => '/reservation'], function() {
        Route::post('/inputcustomer', 'CalenderGetController@inputCustomer');
        Route::post('/checkconfirm', 'CalenderGetController@checkConfirm');
    });
});


requestクラス

    public function rules()
    {
        return [
             'name' => 'required|string',
             'kananame' => 'required',
             'phonenumber' => 'required|numeric|between:10,13',
             'postalnumber' => 'required|size:7',
             'address' => 'required|max:255',
        ];
    }

    public function messages()
    {
      return [
        'name.required' => '名前を入力してください',
        'name.string' => '名前は文字列で入力してください',
        'kananame.required' => '名前(カナ)を入力してください',
        'kananame.string' => '名前(カナ)は文字列で入力してください', 
        'phonenumber.required'  => '電話番号を入力してください',
        'phonenumber.numeric'  => '電話番号は数字で入力してください',
        'phonenumber.between:10,13'  => '電話番号は10~13桁で入力してください',
        'postalnumber' => '郵便番号を入力してください',
        'postalnumber' => '郵便番号は7桁で入力してください',
        'address' => '住所を入力してください',
        'address' => '住所は255文字以内で入力してください',
      ];
    }


controller

    public function checkConfirm(checkFormRequest $request) {         
        $inputData = $request->all();
        return view('web.reservation.checkconfirm')->with('inputData',$inputData);
    }


blade内の$errors

    @if (!$errors->isEmpty())
        <div class="alert alert-danger">
        <ul>
        @foreach ($errors->all() as $error)
            <li>{{ $error }}</li>
        @endforeach
        </ul>
        </div>
    @endif

 試したこと

・web.phpもmiddleware・webで囲ってみた
→なにも変わらず
・kanel.phpのmiddlewareGroups・web内に含まれているclassをmiddlewareに移植
→Tha page has expiredの文言がページに表示
・controllerにて、validatorクラスを利用したバリデーションチェック実装方法
→なにも変わらず

 補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

Laravel5.6
php7.2

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 3

checkベストアンサー

+1

バリデーションチェックで問題があった時、GETメソッドで前の画面にリダイレクトされます。
入力画面のルーティングがPOSTしか受け入れていない場合「MethodNotAllowedHttpException」が発生します。

次のようにルーティングのメソッドを修正するか、Route::match()を使って受け入れるメソッドを複数定義して下さい。

入力ページ(GET)→確認処理(POST)

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/05/03 15:12

    ・Route::match()を使用
    ・php artisan make:request XXXXで作成したクラスをバリデーションチェックに使用
    ・bladeにて@if(count($errors))を使用
    することでバリデーションチェックがうまく動くようになったみたいです!

    アドバイスくださり誠にありがとうございますm(__)m

    キャンセル

0

基本的にはルーティングに記述がないことが考えられますね。
しかしあってますもんね。
参考1

もうひとつはcsrf_token()をやってないとNo messageがでる気がします。
参考2

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

0

ざっと見る限りですが、

<form method="post" action={{ Request::root()."/api/".config('api.version')."reservation/checkconfirm" }}>


reservationの前に/が無い事が原因では?
恐らく、http://localhost/laravelSample/public/api/1.0reservation/checkconfirmになっていると思われますが…

後は、api.php

Route::group(['namespace' => 'Resv', 'prefix' => '/reservation'], function() {
    Route::post('/inputcustomer', 'CalenderGetController@inputCustomer');
    Route::post('/checkconfirm', 'CalenderGetController@checkConfirm')->middleware();
});


とすることで、上記のエラーは解消する気がします…

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.84%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • PHP

    18679questions

    PHPは、Webサイト構築に特化して開発されたプログラミング言語です。大きな特徴のひとつは、HTMLに直接プログラムを埋め込むことができるという点です。PHPを用いることで、HTMLを動的コンテンツとして出力できます。HTMLがそのままブラウザに表示されるのに対し、PHPプログラムはサーバ側で実行された結果がブラウザに表示されるため、PHPスクリプトは「サーバサイドスクリプト」と呼ばれています。

  • Laravel 5

    1617questions

    Laravel 5は、PHPフレームワークLaravelの最新バージョンで、2014年11月に発表予定です。ディレクトリ構造がが現行版より大幅に変更されるほか、メソッドインジェクションやFormRequestの利用が可能になります。