質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.33%

ReactのpropTypesについて

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 342

yoppy0066

score 292

https://codesandbox.io/s/github/reactjs/redux/tree/master/examples/real-world

こちらのcontainers/App.jsでpropTypesが宣言されていますが、このコンポーネントを呼び出しているRoot.xxx.jsではpropsとしてここで指定されている値をセットしていません。

こちらはどのような意味のコードとなるか教えていただけないでしょうか?

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

このコードは実際にはRoot.js -> React-Redux -> App.jsという形でReact-Reduxが間に挟まっています。定義されているPropsはreact-reduxのconnect関数が返すラッパーを介してReduxのStateからセットされています。

const mapStateToProps = (state, ownProps) => ({
  errorMessage: state.errorMessage,
  inputValue: ownProps.location.pathname.substring(1)
})

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/03/08 00:41

    ありがとうございます。
    errorMessageとinputValueはreact-reduxを使う場合、つかえる値と考えればよいでしょうか?

    キャンセル

  • 2018/03/08 00:48

    変なこと言ってすみません。
    同ファイル(App.js)のmapStateToPropsですね。。

    キャンセル

  • 2018/03/08 02:29

    ReduxはReactのコンポーネントの外側でアプリの状態管理を行うライブラリで、そこにはどのような値でも保持することができます。たとえばerrorMessageなどはアプリの開発者が決めた値で、それを取り出しているわけです。

    Reduxの開発者による解説ビデオが参考になると思います:
    https://egghead.io/courses/getting-started-with-redux

    >同ファイル(App.js)のmapStateToPropsですね。。

    そうです。目的はApp.jsのなかのReactコンポーネントにReduxのステートをマップしたいという点なので、(Reduxの)Stateを(Reactの)Propにマップしているわけです。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.33%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る