質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.50%

  • JavaScript

    20370questions

    JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

  • jQuery

    8147questions

    jQueryは、JavaScriptライブラリのひとつです。 簡単な記述で、JavaScriptコードを実行できるように設計されています。 2006年1月に、ジョン・レシグが発表しました。 jQueryは独特の記述法を用いており、機能のほとんどは「$関数」や「jQueryオブジェクト」のメソッドとして定義されています。

【jquery】changeイベントで値が変更しない場合を検知することは可能でしょうか?

解決済

回答 2

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 1,140

youthK

score 66

わからないこと

いつもお世話になっております。
今回changeイベントを使い、値が変更しない場合を検知したいのですが、そもそもそれは可能でしょうか?

やりたいこと

ファイルのアップロード時にchangeで検知しているのですが、同一ファイルでは値が同じためアップがされません(されないままで大丈夫です)。
その場合にアラートを出したいのですが、その方法について伺いたいです。

$('#uploadCvPc').on('change', function(event){
        // すでにアップロードされた画像枚数
        var cnt = $('.cv-file-pc img').length;
        lastCnt = cnt;
        var $input = $(this);
        var files = event.target.files;
        $li = $input.closest('.each_file');
        for (var i = 0, f; f = files[i]; i++) {
            cnt += i;
            // アップロード可能枚数の制限
            if(cnt === 20) {
                alert('可能な選択枚数を超えています。(20枚まで選択できます。)');
                return false;
            }
            // 一件ずつアップロード
            (function(f){ // スコープを分離→変数fileName/filetimeをFileオブジェクトごとに用意する
                imageFileUpload(f);
                // entrant_id取得
                var id = $("#id").val();
                var fileName = f.name;
                var filetime = f.lastModified;
                var imgUrl = '{!!url("/img/career_paper/cv/' + id + '/' + fileName + '")!!}';
                var imgLink = '{!!url("/img/career_paper/cv/' + id + '")!!}';
                var reader = new FileReader;
                reader.readAsDataURL(f);
                reader.onloadend = function(){
                    ext = f.name.split(".").pop(); // ファイル拡張子取得
                    linkUrl = imgLink + '/' + filetime + '.' + ext;
                    var fileReader = this;
                    // 画像以外の拡張子の場合アイコンを表示
                    if(ext === 'pdf') { // pdfファイル
                        fileUrl = '{!!url("/img/portal/pdfIcon.jpeg")!!}';
                    } else if(ext === 'csv' || ext === 'xls' || ext === 'xlsx' || ext === 'xlsm') { // エクセルファイル
                        fileUrl = '{!!url("/img/portal/excelIcon.jpg")!!}';
                    } else if(ext === 'zip') { // zipファイル
                        fileUrl = '{!!url("/img/portal/zipIcon.jpeg")!!}';
                    } else if(ext === 'pptx'){
                        fileUrl = '{!!url("/img/portal/powerpointIcon.jpg")!!}';
                    } else if(ext === 'doc' || ext === 'docx'){
                        fileUrl = '{!!url("/img/portal/wordIcon.jpg")!!}';
                    } else if(ext === 'jpg' || ext === 'JPG' || ext === 'jpeg' || ext === 'png' || ext === 'bmp' || ext === 'gif'){
                        fileUrl = fileReader.result;
                    }
                    if(fileUrl){
                        var thumb = '<div style="margin: 15px 10px 0 10px;width:200px;float: left;" class="cv-file-pc box"><a href="' + linkUrl + '" target=”_blank”><img src="' + fileUrl + '" width="200px" height="210px" style="max-width: 200px; max-height: 210px;height: -webkit-fill-available;margin-top:5px;" alt="'+ i +'"><input type="hidden" name="id" value="{{request()->input('id')}}"><input type="hidden" name="filename" value="' + imgUrl + '"><input type="hidden" name="filetime" value="' + filetime + '"></a><span style="width: 70px; height: 19px; text-align: center; margin-top: 5px;margin: 0 auto;float: right;cursor : pointer;" class="delete_btn bt-photo02 ui-bt-nomal ui-opaimg">削除</span></div>';
                        $li.append(thumb);
                    } else {
                        alert('ファイルのタイプが適切ではありません。');
                    }
                };
            })(f);
        }
        // 追加アップロード分を合わせて枚数をカウント
        sum = lastCnt + i;
        $('#inputFiletext').text('経歴書 ' + sum + '枚 選択中');
    });
<label style="text-align: center; width: 150px; margin: 0 auto; padding: 10px;" class="bt-photo02 ui-bt-nomal ui-opaimg">経歴書を添付する
                <input type="file" id="uploadCvPc" class="input_file" name="img_file[]" value="経歴書をアップロード" style="display:none;" multiple>
                <input type="hidden" id="id"name="id" value="{{request()->input('id')}}">
            </label>

ご教授いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • unz.hori

    2018/02/01 09:56

    何がやりたいのかが良くわかりません。changeイベントは変更があった時に発生するイベントではないですか?

    キャンセル

  • LineOfLightning

    2018/02/01 10:04

    ユーザーがどんな操作をした時にその操作を検知したいのかを具体的な操作例を提示してください。

    キャンセル

  • youthK

    2018/02/01 10:06

    失礼いたしました。「やりたいこと」の欄を追記しましたのでご確認いただけますでしょうか。

    キャンセル

  • unz.hori

    2018/02/01 10:29

    「値が同じため」とはファイル名が同一のためということでしょうか?スクリプトを追っていってそれが判定されるところでアップロードしない場合にメッセージを出せばいい気がしますが...

    キャンセル

回答 2

checkベストアンサー

+2

#uploadCvPcのchangeイベント内で#uploadCvPcを消して作り直せば毎回リセット可能だと思います。前回のアップロードしたファイル名をどこかに保存しておけばアラートも出せます。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/02/01 11:13

    ご回答ありがとうございます。
    アラートを出すようにする場合どのように記載すればよいでしょうか?
    イメージがわいておりません・・・

    キャンセル

  • 2018/02/01 11:19

    どの部分がわからないのでしょうか。
    $('#uploadCvPc').on('change' の外に変数を置いて、そこに直近のファイルを置いておいてファイル名等比較すればよいのでは?

    キャンセル

  • 2018/02/01 11:25

    forループをchangeイベント内に記述しているのですが、changeの外に書くとなると、別途ループ処理を書くことになるのでしょうか?

    キャンセル

  • 2018/02/01 11:30

    複数ファイル名が必要なら配列で保存しておけば良いでしょう。

    キャンセル

+1

同じファイルを選んだ場合の挙動はchangeを発火したりしなかったり
ブラウザによってまちまちのようです。
どうしてもというのであればclick時に一度valueを別にとっておいて
value自体を消してしまうやり方が考えられますが
ファイル選択ダイアログでキャンセルしてもデータは消えたままなので
良し悪しだと思います

$(function(){
  $('[type=file]').on({
    'click':function(){
      $(this).data("val",$(this).val());
      $(this).val('');
    },
    'change':function(){
      if($(this).data("val")==$(this).val()){
        alert("同じファイル");
      }
    },
  });
});
<input type="file">

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

同じタグがついた質問を見る

  • JavaScript

    20370questions

    JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

  • jQuery

    8147questions

    jQueryは、JavaScriptライブラリのひとつです。 簡単な記述で、JavaScriptコードを実行できるように設計されています。 2006年1月に、ジョン・レシグが発表しました。 jQueryは独特の記述法を用いており、機能のほとんどは「$関数」や「jQueryオブジェクト」のメソッドとして定義されています。