質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.51%

  • Excel

    1924questions

    Excelは、マイクロソフト社が開発しているデータ集計や分析を行う表計算ソフトの一つです。文書作成や表計算、資料作成などの多彩な機能を備えており、統合パッケージであるMicrosoft Officeに含まれています。

関数内で指定するセルに対し、行の部分を別の関数で取得したい

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 287

pumiea

score 4

同一ブックで、以下のような2つのワークシートがあります。

シート名:S1

   A B C
1 フェーズ 案件 担当者
2 完了案件
3 A社 佐藤
4 B社 田中
5 作業中
6 C社 山田
7 D社 鈴木
8 E社 田中
9 F社 鈴木
10 G社 田中

シート名:S2

A B
1 S1

シート:S2 から、シート:S1 の「作業中」より下にあるC列の作業者名を、個別にカウントしようとしています。
この場合は以下のような関数で対応可能です。

ex)田中の作業中件数をカウント
=COUNTIF(INDIRECT(C1&"!C5:C10"),"田中")

なお、 シート:S1 の「作業中」のセル番地はA5に固定されておらず動的に変わります。
そのため上記INDIRECT内の「C5」の「5」の部分を、MATCH関数などで都度取得できればと思いました。

「"C"&MATCH("作業中",'S1'!A1:A100,0)」のような書き方をすることで
結果的に「C5」のように実現したいのですが構文エラーでうまくいきません。
対処についてどなたかご教示いただけますでしょうか。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

問題点?

>構文エラーでうまくいきません
とのことですが、考え方は間違っていませんので、ケアレスミスなどではないかと思います。

提示いただいた式のようにINDIRECTを使うなら、以下の式で取得可能と思います。
=COUNTIF(INDIRECT(C1&"!C" & MATCH("作業中",'S1'!A1:A100,0) & ":C10"), "田中")

どこかスペルミスなどないですか?
COUNTIFINDIRECTMATCHの構文はそれぞれ動くものを組めているようですので、組み合わせる際の,&漏れ、ダブルクォートや括弧の括りのズレなどがあやしいかもしれません。

問題点の見つけ方

こういった問題が起きた時、関数をひとつずつ切り出して思った結果になっているか確認してみると問題点が見つけやすくなります。

まずは
=MATCH("作業中",'S1'!A1:A100,0)5を返すことの確認

これができていたら次は
=INDIRECT(C1&"!C" & "5" & ":C10")がS1シートのC5:C105を指していることの確認
※これはこのままでは確認が難しいので、その範囲を数字で埋めて=SUM(INDIRECT(C1&"!C" & "5" & ":C10"))などとすると確認しやすいです。

といった具合に進めていくと、問題点が見つけやすくなります。

INDIRECT以外では

余談になりますが、INDIRECTは実際のセルの動き(行挿入や削除など)に追従できないため不便なことがあります。

INDIRECTを使わずにセル範囲を指定する場合はOFFSETが使えます。

例)OFFSET('S1'!C1, 4, 0, 6, 1)がC5:C10となります。

・第1引数には、OFFSETの起点となるセルを指定します。

・第2・3引数は、範囲指定の基点セルの指定です。第1引数のセルから何行・何列ずらすかという指定をします。
(例ではC1から5行・0列ずらしているので、C5セルが範囲の起点となります)

・第4・5引数は、範囲指定の行数・列数です。
(例ではC5から6行・1列分の範囲としているのでるので、C5:C10の範囲となります)

これを今回の式に組み込んでみます。
今回の式で使うにあたり、範囲の最下行である10行目以降、C列にデータがないようでしたら、
=COUNTIF(OFFSET('S1'!C1, MATCH("作業中",'S1'!A1:A100,0)-1, 0, 100, 1),"田中")
という感じでできると思います。
この場合、A列に"作業中"の記載された行より下100行分が範囲になります。

10行目以降を範囲に含めたくない場合は少し面倒です。
MATCHで見つけた行を10行から引いてあげる必要があるからです。
=COUNTIF(OFFSET('S1'!C1, MATCH("作業中",'S1'!A1:A100, 0) - 1, 0, 10 - MATCH("作業中",'S1'!A1:A100,0) - 1, 1),"田中")

最後は少し面倒な話になりましたが、一例ということで参考になれば幸いです。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/01/30 00:06

    詳細にご教示いただき本当にありがとうございます。
    ご提示いただいた式で希望通りの動作となりました。

    仰るとおり、ダブルクォートとシングルクォートの箇所に誤りがありました。
    関数を一つずつ組み合わせたつもりでしたが、
    別シート参照の際のクォーテーションの使い方を間違えていたようです。

    またOFFSETについても詳しくご説明いただきありがとうございます。
    とても分かりやすく大変勉強になりました。
    範囲の終点も考えるべき課題でしたが、こちらを使用することで解消できました。

    キャンセル

同じタグがついた質問を見る

  • Excel

    1924questions

    Excelは、マイクロソフト社が開発しているデータ集計や分析を行う表計算ソフトの一つです。文書作成や表計算、資料作成などの多彩な機能を備えており、統合パッケージであるMicrosoft Officeに含まれています。