質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.52%

  • Swift

    7275questions

    Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

swiftでAVCapturePhotoSettingsのプロパティを使って写真に位置情報を記録したい。

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 305

前提・実現したいこと

swiftでAVCapturePhotoSettingsのプロパティを使って写真に位置情報を記録したい。
アップルのサンプルコードと、こちらのサイトを参考にさせていただきました。https://qiita.com/BlueEventHorizon/items/cda4661d98af768ae5d9

発生している問題・エラーメッセージ

カメラで撮影ができない。位置情報を保存するプロパティにエラーが出来る。

Expected '{' to start getter definition

該当のソースコード

import UIKit
import CoreLocation
import AVFoundation
import ImageIO
import Photos


class CameraViewController: UIViewController,  CLLocationManagerDelegate, AVCaptureFileOutputRecordingDelegate  {


    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

    cameraButton.isEnabled = false
                photoButton.isEnabled = false

        previewView.session = session

                switch AVCaptureDevice.authorizationStatus(for: .video) {
            case .authorized:
                                break

            case .notDetermined:

                sessionQueue.suspend()
                AVCaptureDevice.requestAccess(for: .video, completionHandler: { granted in
                    if !granted {
                        self.setupResult = .notAuthorized
                    }
                    self.sessionQueue.resume()
                })

            default:

                setupResult = .notAuthorized
        }

                */
        sessionQueue.async {
            self.configureSession()
        }
    }

//字数制限により省略

    var metadata: [String : Any] { get set }
            func configure(location: CLLocation)
            {
            var photoSettings = AVCapturePhotoSettings()


            // Capture HEIF photo when supported, with flash set to auto and high resolution photo enabled.

            if  self.photoOutput.availablePhotoCodecTypes.contains(.hevc) {


            photoSettings = AVCapturePhotoSettings(format: [AVVideoCodecKey: AVVideoCodecType.hevc])


            }

            if self.videoDeviceInput.device.isFlashAvailable {
                photoSettings.flashMode = .auto
            }

            photoSettings.isHighResolutionPhotoEnabled = true

            if !photoSettings.__availablePreviewPhotoPixelFormatTypes.isEmpty {
                photoSettings.previewPhotoFormat = [kCVPixelBufferPixelFormatTypeKey as String: photoSettings.__availablePreviewPhotoPixelFormatTypes.first!]
            }
            if self.livePhotoMode == .on && self.photoOutput.isLivePhotoCaptureSupported { // Live Photo capture is not supported in movie mode.
                let livePhotoMovieFileName = NSUUID().uuidString
                let livePhotoMovieFilePath = (NSTemporaryDirectory() as NSString).appendingPathComponent((livePhotoMovieFileName as NSString).appendingPathExtension("mov")!)
                photoSettings.livePhotoMovieFileURL = URL(fileURLWithPath: livePhotoMovieFilePath)
            }

            if self.depthDataDeliveryMode == .on && self.photoOutput.isDepthDataDeliverySupported {
                photoSettings.isDepthDataDeliveryEnabled = true
            } else {
                photoSettings.isDepthDataDeliveryEnabled = false
            }

            // Use a separate object for the photo capture delegate to isolate each capture life cycle.
            let photoCaptureProcessor = PhotoCaptureProcessor(with: photoSettings, willCapturePhotoAnimation: {
                    DispatchQueue.main.async {
                        self.previewView.videoPreviewLayer.opacity = 0
                        UIView.animate(withDuration: 0.25) {
                            self.previewView.videoPreviewLayer.opacity = 1
                        }
                    }
                }, livePhotoCaptureHandler: { capturing in
                    /*
                        Because Live Photo captures can overlap, we need to keep track of the
                        number of in progress Live Photo captures to ensure that the
                        Live Photo label stays visible during these captures.
                    */
                    self.sessionQueue.async {
                        if capturing {
                            self.inProgressLivePhotoCapturesCount += 1
                        } else {
                            self.inProgressLivePhotoCapturesCount -= 1
                        }

                        let inProgressLivePhotoCapturesCount = self.inProgressLivePhotoCapturesCount
                        DispatchQueue.main.async {
                            if inProgressLivePhotoCapturesCount > 0 {
                                self.capturingLivePhotoLabel.isHidden = false
                            } else if inProgressLivePhotoCapturesCount == 0 {
                                self.capturingLivePhotoLabel.isHidden = true
                            } else {
                                print("Error: In progress live photo capture count is less than 0")
                            }
                        }
                    }
                }, completionHandler: { photoCaptureProcessor in
                    // When the capture is complete, remove a reference to the photo capture delegate so it can be deallocated.
                    self.sessionQueue.async {
                        self.inProgressPhotoCaptureDelegates[photoCaptureProcessor.requestedPhotoSettings.uniqueID] = nil
                    }
                }
            )

            /*
                The Photo Output keeps a weak reference to the photo capture delegate so
                we store it in an array to maintain a strong reference to this object
                until the capture is completed.
            */
            self.inProgressPhotoCaptureDelegates[photoCaptureProcessor.requestedPhotoSettings.uniqueID] = photoCaptureProcessor
            self.photoOutput.capturePhoto(with: photoSettings, delegate: photoCaptureProcessor)

    }
        }
    }
    private func setMeta(location: CLLocation) -> Dictionary<String, Any>
    {
        // メタデータ
        //exif情報を準備する
        let gps = NSMutableDictionary()
        var exif = Dictionary<String, Any>()
        var meta = Dictionary<String, Any>()

        // 位置情報
        gps.setObject(location.timestamp,   forKey: kCGImagePropertyGPSDateStamp as! NSCopying)
        gps.setObject(location.timestamp,   forKey: kCGImagePropertyGPSTimeStamp as! NSCopying)

        // 経度の設定

        // 緯度情報を取得
        var latitude = location.coordinate.latitude
        var gpsLatitudeRef = "N"        // 北緯
        if latitude < 0
        {
            latitude = -latitude;       // マイナス値はプラス値に反転
            gpsLatitudeRef = "S"        // 南緯
        }
        gps.setObject(gpsLatitudeRef,   forKey: kCGImagePropertyGPSLatitudeRef as! NSCopying)
        gps.setObject(latitude,         forKey: kCGImagePropertyGPSLatitude as! NSCopying)

        // 経度情報を取得
        var longitude = location.coordinate.longitude
        var gpsLongitudeRef = "E"       // 東経
        if longitude < 0
        {
            longitude = -longitude;     // マイナス値はプラス値に反転
            gpsLongitudeRef = "W"       // 西経
        }
        gps.setObject(gpsLongitudeRef,  forKey: kCGImagePropertyGPSLongitudeRef as! NSCopying)
        gps.setObject(longitude,        forKey: kCGImagePropertyGPSLongitude as! NSCopying)

        gps.setObject(0,                forKey: kCGImagePropertyGPSAltitudeRef as! NSCopying)
        gps.setObject(0,                forKey: kCGImagePropertyGPSAltitude as! NSCopying)

        exif[kCGImagePropertyGPSDictionary as String] = gps

        exif[kCGImagePropertyExifUserComment as String] = "コメント"

        meta[kCGImagePropertyExifDictionary as String] = exif

        return meta
    }

//字数制限により省略
extension AVCaptureVideoOrientation {
    init?(deviceOrientation: UIDeviceOrientation) {
        switch deviceOrientation {
        case .portrait: self = .portrait
        case .portraitUpsideDown: self = .portraitUpsideDown
        case .landscapeLeft: self = .landscapeRight
        case .landscapeRight: self = .landscapeLeft
        default: return nil
        }
    }

    init?(interfaceOrientation: UIInterfaceOrientation) {
        switch interfaceOrientation {
        case .portrait: self = .portrait
        case .portraitUpsideDown: self = .portraitUpsideDown
        case .landscapeLeft: self = .landscapeLeft
        case .landscapeRight: self = .landscapeRight
        default: return nil
        }


    }





}
extension AVCaptureDevice.DiscoverySession {
    var uniqueDevicePositionsCount: Int {
        var uniqueDevicePositions: [AVCaptureDevice.Position] = []

        for device in devices {
            if !uniqueDevicePositions.contains(device.position) {
                uniqueDevicePositions.append(device.position)
            }
        }

        return uniqueDevicePositions.count
}
}

試したこと

var metadata: [String : Any] { get set }に格納するのは分かっていますが、その書き方が分かりません。

補足情報(言語/FW/ツール等のバージョンなど)

より詳細な情報

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • fuzzball

    2018/01/16 13:39

    どこでエラーが出るのでしょうか?

    キャンセル

  • huyuhimituhiro

    2018/01/16 16:25

    申し訳ございません。 var metadata: [String : Any] { get set }の部分です。

    キャンセル

回答 1

checkベストアンサー

0

var metadata: [String : Any] { get set }

というのは、そういう風に定義されてるいるよ、ということで自分で書かなくてもいいです。
参考にしている記事のように、

photoSettings.metadata = self.setMeta(location: location)

でいけると思うのですが、同じようにしない(出来ない)理由がありますか?

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/01/16 17:07

    そういう風定義されているとの説明だけで、書く必要なかったのですね。ありがとうございました。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.52%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • Swift

    7275questions

    Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています