質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

91.27%

  • Vue.js

    232questions

Vue(vue cli)のサーバーでの実行方法

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 43

nieve

score 1

初心者で申し訳なさ過ぎるのですが、
ローカル環境にvue cliでインストールして作成したサイトをレンタルサーバーに入れてみたのですが、真っ白で、エラーもおきず。。。(「指定しているcssが見つからない」は出ているのですが。。。/localhostのサイトは見れています)

どうしたら実行できるのか、なのか、なにかの設定が間違っているから、なのかの検討もついておらず、ざっくりした質問になってしまうのですが、
どうしたらレンタルサーバー上のサイトを見ることができるでしょうか?

■追記↓↓■
すみません。いろいろ情報を追記いたします。

[vue.js]
gitからテンプレートを落としてきたものに必要なコンポーネントや画像、cssを追加したもの
↓テンプレート
[vuejs-templates/webpack]
https://github.com/vuejs-templates/webpack

[サーバー]
・webcrow(phpオプション無)

[ディレクトリ]
●ローカル開発環境
localhost/[下記ディレクトリ・ファイル]

●サーバー
host/test/[下記ディレクトリ・ファイル]

├── build
│   ├── build.js
│   ├── check-versions.js
│   ├── logo.png
│   ├── utils.js
│   ├── vue-loader.conf.js
│   ├── webpack.base.conf.js
│   ├── webpack.dev.conf.js
│   ├── webpack.prod.conf.js
│   └── webpack.test.conf.js
├── config
│   ├── dev.env.js
│   ├── index.js
│   ├── prod.env.js
│   └── test.env.js
├── config.rb
├── index.html
├── node_modules
│   └── [略]
├── package-lock.json
├── package.json
├── src
│   ├── App.vue
│   ├── assets
│   │   └── [略]
│   ├── components
│   │   └── [略]
│   ├── main.js
│   └── router
│       └── index.js
├── static
└── test
    └── [略]

[設定系ファイル]

[build/config/index.js]

'use strict'
// Template version: 1.2.5
// see http://vuejs-templates.github.io/webpack for documentation.

const path = require('path')

module.exports = {
  dev: {

    // Paths
    assetsSubDirectory: 'static',
    assetsPublicPath: '/',
    proxyTable: {},

    // Various Dev Server settings
    host: 'localhost', // can be overwritten by process.env.HOST
    port: 8080, // can be overwritten by process.env.PORT, if port is in use, a free one will be determined
    autoOpenBrowser: false,
    errorOverlay: true,
    notifyOnErrors: true,
    poll: false, // https://webpack.js.org/configuration/dev-server/#devserver-watchoptions-

    // Use Eslint Loader?
    // If true, your code will be linted during bundling and
    // linting errors and warnings will be shown in the console.
    useEslint: true,
    // If true, eslint errors and warnings will also be shown in the error overlay
    // in the browser.
    showEslintErrorsInOverlay: false,

    /**
     * Source Maps
     */

    // https://webpack.js.org/configuration/devtool/#development
    devtool: 'eval-source-map',

    // If you have problems debugging vue-files in devtools,
    // set this to false - it *may* help
    // https://vue-loader.vuejs.org/en/options.html#cachebusting
    cacheBusting: true,

    // CSS Sourcemaps off by default because relative paths are "buggy"
    // with this option, according to the CSS-Loader README
    // (https://github.com/webpack/css-loader#sourcemaps)
    // In our experience, they generally work as expected,
    // just be aware of this issue when enabling this option.
    cssSourceMap: false,
  },

  build: {
    // Template for index.html
    index: path.resolve(__dirname, '../dist/index.html'),

    // Paths
    assetsRoot: path.resolve(__dirname, '../dist'),
    assetsSubDirectory: 'static',
    assetsPublicPath: '/',

    /**
     * Source Maps
     */

    productionSourceMap: true,
    // https://webpack.js.org/configuration/devtool/#production
    devtool: '#source-map',

    // Gzip off by default as many popular static hosts such as
    // Surge or Netlify already gzip all static assets for you.
    // Before setting to `true`, make sure to:
    // npm install --save-dev compression-webpack-plugin
    productionGzip: false,
    productionGzipExtensions: ['js', 'css'],

    // Run the build command with an extra argument to
    // View the bundle analyzer report after build finishes:
    // `npm run build --report`
    // Set to `true` or `false` to always turn it on or off
    bundleAnalyzerReport: process.env.npm_config_report
  }
}
[router/index.js]

import Vue from 'vue'
import Router from 'vue-router'

import pageTop from '@/components/page-top'
~[略]import その他もろもろコンポーネント~

Vue.use(Router)

export default new Router({
    mode: 'history',
    routes: [
        {
            path: '/',
            name: 'top',
            component: pageTop
        },
~[略]その他もろもろパスとコンポーネント指定~
    ]
})
[main.js]

import Vue from 'vue'
import App from './App'
import router from './router'

Vue.config.productionTip = false

new Vue({
  el: '#app',
  router,
  template: '<App/>',
  components: { App },
})

■追記2■
node.jsをインストールしていないじゃないか!と気づきました。
レンタルサーバーにインストールするにはどうしたらよいのでしょうか?
ブラウザ表示系のこと以外がさっぱりわからずで。。。FTPクライアントとのファイルのやりとりで、node.jsを設置できるのでしょうか?

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • Yatima

    2018/01/12 13:56

    作ったサイトのソースコード,ファイル・フォルダ構造,どこのレンタルサーバを使ったかなど書くと,回答が得られやすいと思いますよ.

    キャンセル

  • nieve

    2018/01/12 15:40

    ご指摘、ありがとうございます!

    キャンセル

回答 1

check解決した方法

0

対応するしてないレンサバだと把握しました!

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

ただいまの回答率

91.27%

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • Vue.js

    232questions