質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.76%

  • ネットワーク

    503questions

    ネットワークとは、複数のコンピューター間を接続する技術です。インターネットが最も主流なネットワークの形態で、TCP/IP・HTTP・DNSなどの様々なプロトコルや、ルータやサーバーなどの様々な機器の上に成り立っています。

  • ルーティング

    46questions

    ルーティングとは、TCP/IPネットワークにおいて、目的のホストまでパケットを送る為のパス選定のプロセスを言います。

VLANとサブネット分割の違いについて

解決済

回答 6

投稿

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 1,300

annderber

score 66

お世話になります。

VLANとサブネット分割の違いについて、
互いに扱うレイヤと仕組みは違いますが結果として、ネットワークを分割するということには変わりがない気がしています。
私の認識が間違っているのかもしれませんが、あえてVLANを使うような状況が思い浮かびません。

この2つの違い(実際の仕組みというよりも使いどころなど)を教えていただけますでしょうか。

よろしくお願いいたします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 6

checkベストアンサー

+1

VLAN については、tacsheaven さんの挙げられていたサイトがわかりやすいですが、ブロードキャストトラフィックの分割や、セキュリティ的な分割という点では VLANなりで物理的にネットワークを区切らなければ実現できません。

具体的な「必要になる例」として言うなら、1 つの LAN (VLAN)内に 100~ 150台以上の機器を接続すると、有線 LAN で接続された状態で、他の多くの機器とは違うサブネット設定がされた状態でも、通信性能的に余裕のない組み込み系のデバイス(レシートプリンタ・センサーデバイス等)で通信エラーを起こすものが出始めます。ブロードキャストパケットの通信量が増えたことで、本来受け取らなければならない通信を取りこぼすようになるためです。こうなってしまうと、物理的にネットワークを切り分けるなり VLAN を切るなりしないと解決できません。

最近は減ってきていますが、距離が遠い等で速い回線が使えない部分を、VLANなりで別のネットワークにすることによって、ブロードキャストパケットで無駄に通信帯域を食われないようにする、という使い方もあります。

セキュリティ的な面で言うなら、他のセキュリティ的手段を施していない場合、サブネットによる分割だけでは、IP設定を手動で変えられてしまうとどのサブネットにでもアクセスできることになってしまいます。もちろん他の対策もとるにせよ、そもそも物理的にアクセス可能なLAN port を制限する方が、制限しないよりセキュアになるのは(程度はともかくとして)明白でしょう。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/01/05 11:54 編集

    コメントありがとうございます。

    皆様のコメントおかげで少しづつ見えてきた気がします。
    スイッチングハブでarpリクエストの制限をリクエストがルータに届く前のL2SWで行うことでパフォーマンスの向上が見込めると解釈しました。
    また、セキュリティに関しても納得できました。

    キャンセル

+1

VLAN に関してはこんなところを見てもらうのが良いかと思います。
※上記の③の例は、サブネットマスクでは対処できないタイプの分割です

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/01/05 11:27

    コメントありがとうございます。

    上記サイトを確認したところ、vlanの利点が見えてきたような気がします。
    リミテッドブロードキャストの範囲を絞ることで上記サイトの様な利点を得られ、またこれはサブネットの分割ではできないのだと解釈しましたが正しいでしょうか。

    キャンセル

+1

VLAN とサブネット分割は定義する内容がズレているので、同じ土俵で語るのは無理です。

VLAN:VLAN( Virtual LAN )とは、物理的な接続形態とは独立して、仮想的なLANセグメントを作る技術
サブネット分割:一つのサブネットを、複数に分割する作業

多分質問したいのは、単純に「VLAN の使い所が分からない」ということだと思います。

VLAN をもう少し詳しく調べると、使い所が理解できます。
VLAN は、多くの場合、スイッチ-スイッチ間を複数のネットワークを束ねて通信させるために使用します。

実際の使用方法は「VLAN 技術」とかでググって、画像検索してみると分かりやすいです。さらに「VLAN フレーム」とかをキーワードにし画像検索すると、なぜ束ねることが可能になるかわかるかと思います。

乱暴な言い方をすると、「異なるネットワークに所属する端末を、一つのスイッチで収容する技術」です。いろいろ、誤解を与える言い方ですが、かなり分かりやすいと思うので、上記を意識して各種説明を読んでみると理解が深まると思います。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/01/05 11:44 編集

    コメントありがとうございます。

    スイッチングハブでarpリクエストの制限をリクエストがルータに届く前のL2SWで行うことでパフォーマンス、セキュリティの向上が見込めるということでいいでしょうか。

    キャンセル

  • 2018/01/05 12:31

    質問を理解しました。
    VLAN を分けることと、ネットワークを分けることの違いを質問していたのですね。
    VLAN を分けることは、大雑把な言い方をすると、別々のスイッチで収容することと同義になります。

    ・VLAN による分割は、仮想的に物理レイヤーを分ける技術(L2)
    ・ネットワーク 分割は、ネットワークレイヤーで論理的に分ける技術(L3)

    です。

    もたらされる結果は似通ったものになりますが、根本の技術が全く違うので、縛られる規約が別物です。
    コメントの質問は、回答が微妙なものになるので、スルーさせていただきます。

    キャンセル

  • 2018/01/05 14:01

    コメントありがとうございます。

    単純にVLANとサブネットの分割はレイヤが違うことは分かっていたのですが、それぞれの使い分けが分かりませんでした。コメントの回答が微妙になるとのことですが、単純にパフォーマンス、セキュリティの向上に結びつかないということでしょうか。

    キャンセル

  • 2018/01/05 14:36

    > 単純にVLANとサブネットの分割はレイヤが違うことは分かっていたのですが、それぞれの使い分けが分かりませんでした。

    殆どの場合、サブネットの分割は VLAN の分割と紐付けるので、使い方に差は発生しません。また、ブロードキャストドメインを分割する。といった目的に対して同じ結果をもたらします。

    違いが発生するのは、TCP/IP ではない通信であったり、Ethernet ではない通信を行う場合です。つまり、それぞれのレイヤーの縛りが重ならない通信が発生する場合は、違う結果をもたらします。

    > コメントの回答が微妙になるとのことですが、単純にパフォーマンス、セキュリティの向上に結びつかないということでしょうか。

    用語の定義が破綻しています。また、適用範囲も明確でないです。そのため誤解を避ける回答は出来ません。

    キャンセル

+1

設置や変更のときに、物理的な配線をいじるか設定をいじるかの違いではないでしょうか。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/01/05 11:45

    コメントありがとうございます。

    つまりそれぞれの利点はないということでしょうか。

    キャンセル

  • 2018/01/05 13:10

    その逆です。

    キャンセル

+1

あえてVLANを使うような状況が思い浮かびません。
とのことですが、ざっくり簡単に言ってしまうと、ネットワークの用途によってL2スイッチでネットワークを分割すると考えれば良いと思います。

例えば、営業部用のLAN(VLAN)はVLAN10(192.168.1.0/24)、総務部用のLANはVLAN20(192.168.2.0/24)
サーバー用のLANはVLAN30(192.168.3.0/24)のように一つのスイッチで用途によってLANを分ける場合に使います。

参考URL
http://www.infraexpert.com/study/vlanz1.html

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/01/06 13:26

    コメントありがとうございます

    上記サイトはかなりわかりやすいですね

    キャンセル

0

ルーターを挟めばwan側とlan側が分かれますしこの物理的にネットワークを分けたという状態で
サブネットは機能していると思います(ルーターがwan側サブネットAからlan側サブネットBへ
ルーティングなど)。
vlanは例えばlanポートが4つあったとして、内どのポートごとがサブネットC、このポートが
サブネットDと物理ではなく仮想的に分割するという感じでまったく違う技術だと思いますね。
個人的にはサブネットは分割後に付けた名前、vlanは分割自体をするイメージです。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/01/04 17:02 編集

    コメントありがとうございます。

    確かに技術的には違うものであることは分かるのですが、
    vlanで2つの仮想lanを設定することと、サブネットマスクで別ネットワークにすることはどちらも同じ目標を達成できると思います。であればわざわざvlanを使う必要はないと思うのですが、いかかでしょうか。

    キャンセル

  • 2018/01/04 17:17

    通常のルーターの話をするとlan側に4ポートほど有りますよね。「このlan4ポートを別ネットワークに分ける」のが目的です。サブネットマスクは通常lan側のipアドレスに割り当てられるため「4ポートは同一のサブネットである」のが普通だと思います。「lan側のipアドレスを増やす」技術と言ってもいいかもしれません。

    キャンセル

  • 2018/01/05 11:19 編集

    コメントありがとうございます。

    ということはvlanで2つの二つの仮想lanを作成すればそれぞれに同一のipアドレスを使用することができるということですね。そうであれば使いどころが分かる気がします。
    またそのような構成にした場合ルーター側でもVLANタグのような設定を行う必要があると思いますがいかだでしょうか。

    キャンセル

  • 2018/01/05 12:11

    「同一のipアドレスを使用することができる」「そのような構成にした場合ルーター側でもVLANタグのような設定を行う必要がある」の前後に関連性が無いと思いますが…

    キャンセル

  • 2018/01/05 13:58

    コメントありがとうございます。

    別のセグメントで同一のipがある場合はルータ側でのルーティングの設定が必須だと考えたのですが違うのでしょうか

    キャンセル

  • 2018/01/05 14:34

    そもそもの話になってしまいますが「わざわざVLANで切ったものを相互に通信したい」というのはあまり聞きません。相互に通信したいのならVLANで切る必要がなく同一セグメントにするのが普通だと思います。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.76%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • ネットワーク

    503questions

    ネットワークとは、複数のコンピューター間を接続する技術です。インターネットが最も主流なネットワークの形態で、TCP/IP・HTTP・DNSなどの様々なプロトコルや、ルータやサーバーなどの様々な機器の上に成り立っています。

  • ルーティング

    46questions

    ルーティングとは、TCP/IPネットワークにおいて、目的のホストまでパケットを送る為のパス選定のプロセスを言います。