質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.51%

  • Swift

    7239questions

    Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

  • Xcode

    4096questions

    Xcodeはソフトウェア開発のための、Appleの統合開発環境です。Mac OSXに付随するかたちで配布されています。

  • Firebase

    605questions

    Firebaseは、Googleが提供するBasSサービスの一つ。リアルタイム通知可能、並びにアクセス制御ができるオブジェクトデータベース機能を備えます。さらに認証機能、アプリケーションのログ解析機能などの利用も可能です。

Use of unresolved identifier 'handled'エラーについて

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 491
退会済みユーザー

退会済みユーザー

swift4
xcode9.1

iosアプリにgoogle認証を実装する動画を参考にしています。
まだコードを自ら書けるレベルでは無いので動画作成者さんのコードをとにかく追って真似ていますが、

Use of unresolved identifier 'handled'のエラーが出ます。
( 場所は●return handled●の所です)

恥ずかしながらこれら組み込んだコードの成り立ちを把握できていない為、エラー原因が分かりません。
このAppDelegateで不備のある箇所を教えていただきたいです。
また、return hundredは特にどんなメソッドで使うのでしょうか?
お願いします。

import UIKit
import Firebase
import FirebaseAuth
import GoogleSignIn


@UIApplicationMain
class AppDelegate: UIResponder, UIApplicationDelegate, GIDSignInDelegate {

    var window: UIWindow?

    func application(_ application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [UIApplicationLaunchOptionsKey: Any]?) -> Bool {
                // Override point for customization after application launch.
                FirebaseApp.configure()

                GIDSignIn.sharedInstance().clientID = FirebaseApp.app()?.options.clientID
                GIDSignIn.sharedInstance().delegate = self

                return true
    }

    func applicationWillResignActive(_ application: UIApplication) {
                // Sent when the application is about to move from active to inactive state. This can occur for certain types of temporary interruptions (such as an incoming phone call or SMS message) or when the user quits the application and it begins the transition to the background state.
                // Use this method to pause ongoing tasks, disable timers, and invalidate graphics rendering callbacks. Games should use this method to pause the game.
    }

            func applicationDidEnterBackground(_ application: UIApplication) {
                // Use this method to release shared resources, save user data, invalidate timers, and store enough application state information to restore your application to its current state in case it is terminated later.
                // If your application supports background execution, this method is called instead of applicationWillTerminate: when the user quits.
    }

            func applicationWillEnterForeground(_ application: UIApplication) {
                // Called as part of the transition from the background to the active state; here you can undo many of the changes made on entering the background.
    }

            func applicationDidBecomeActive(_ application: UIApplication) {
                // Restart any tasks that were paused (or not yet started) while the application was inactive. If the application was previously in the background, optionally refresh the user interface.
    }

            func applicationWillTerminate(_ application: UIApplication) {
                // Called when the application is about to terminate. Save data if appropriate. See also applicationDidEnterBackground:.
    }

    func application(_ app: UIApplication, open url: URL, options:
        [UIApplicationOpenURLOptionsKey : Any] = [:]) -> Bool {
        GIDSignIn.sharedInstance().handle(url, sourceApplication:options[UIApplicationOpenURLOptionsKey.sourceApplication] as? String!, annotation: options[UIApplicationOpenURLOptionsKey.annotation])

         return handled
    }
    func sign(_ signIn: GIDSignIn!, didSignInFor user: GIDGoogleUser!, withError error: Error?) {
        // ...
        if let error = error {
           print(error.localizedDescription)
            return
    }
        print("Google Login Successful")

        guard let authentication = user.authentication else { return }
        let credential = GoogleAuthProvider.credential(withIDToken: authentication.idToken,
         accessToken: authentication.accessToken)

        Auth.auth().signIn(with: credential, completion: { (user, error) in
            if let error = error{
                print(error.localizedDescription)
                return
    }
            print("Successfully logged into Firebase")
    })
    }

    func sign(_  signIn: GIDSignIn!, didDisconnectWith user: GIDGoogleUser!, withError error: Error!) {
    //
    }


}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

変数は宣言しないと使えません。
他の質問をみると苦戦してるようですが頑張ってください。

let handled = GIDSignIn.sharedInstance().handle(url, sourceApplication:options[UIApplicationOpenURLOptionsKey.sourceApplication] as? String!, annotation: options[UIApplicationOpenURLOptionsKey.annotation])

return handled


または

return GIDSignIn.sharedInstance().handle(url, sourceApplication:options[UIApplicationOpenURLOptionsKey.sourceApplication] as? String!, annotation: options[UIApplicationOpenURLOptionsKey.annotation])

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/12/15 13:05 編集

    fromageblanc様 何度もご回答感謝します。
    変数を注意して見ます。
    前者のコードをreturn handled上に組み込むとエラーが消えました!ありがとうございます。
    気になったのですが、このすぐ上に GIDSignIn.sharedInstance() ...から続くコードと記述が同じですが重複してるのでしょうか?

    キャンセル

  • 2017/12/15 13:51

    GIDSignIn.sharedInstance... を、let handled = GIDSignIn.sharedInstanceに変更するんですよ。追加じゃなくて。

    キャンセル

  • 2017/12/15 14:31

    理解しました。
    ありがとうございます!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.51%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • Swift

    7239questions

    Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

  • Xcode

    4096questions

    Xcodeはソフトウェア開発のための、Appleの統合開発環境です。Mac OSXに付随するかたちで配布されています。

  • Firebase

    605questions

    Firebaseは、Googleが提供するBasSサービスの一つ。リアルタイム通知可能、並びにアクセス制御ができるオブジェクトデータベース機能を備えます。さらに認証機能、アプリケーションのログ解析機能などの利用も可能です。